バンコクで、超美味しいインド料理が無料で味わえる?




バンコクにあるシク教寺院でインド料理。

シク教って素晴らしい考え方かも..

パーイ → チェンマイ(80バーツ)へ。
そして、チェンマイ→バンコク(450バーツ)へバスで戻ってきまた。

今回は、私がバンコクで行ってみたかった場所を紹介します。

201506190646151b0.jpg

聖者たちの食卓」という映画をご存じでしょうか?

インドにあるシク教総本山の黄金寺院。
そこでは、毎日無料で10万食が振る舞われるという

料理を作る人は、全てボランティア。
近代的な調理器具は使わず、全てが手仕事で。

インドといえば、ヒンドゥー教を信仰する人が大半。
それに続いてイスラム教。

シク教は少数派の宗教(インド全人口のの1.8%)
社会的に活躍する人が多く、信徒の結束は強いそう。

ちなみに、インドの仏教の信徒数は全人口の0.8%だって。

黄金寺院では、宗教も人種も関係なく
皆が公平にお腹を満たせる場所。
シク教は、カースト制度を否定している。

そのシク教寺院がバンコクにもあるらしい。

20150323113129529.jpg

ガードワラ・シーク教寺院

シーク教徒がお祈りをする場所。
旅行者の私でも無料で食事を振舞ってもらえます。
(時間は朝の8時30分から11時の間。)

場所は中華街らへん。カオサンからだと徒歩で20分ぐらいで
行けるようだ。メータータクシーだと60バーツぐらい。
一見見過ごしそうになった。

無料で貸してもらえるターバンを巻いて、2階へ上がる。
201503231129169b4.jpg
↑もはや何人か不明。笑

(靴を脱いで上がります。)

2015032312290174a.jpg

楽しそうにお喋りするシク教の方々。

20150323122912ac9.jpg

バイキング形式でいただきます。

20150323122843a53.jpg

注意!男性は右側、女性は左側。別れて食べます。

201503231228538b6.jpg

モチモチのチャパティにカレー2種。
ライスに野菜。ヨーグルトに甘~いデザート。

嬉しいことにお替り自由。

チャパティの味に感動して、もちろんお代わり。
カオサンで食べた200バーツぐらいするインド料理より、
断然こっちの方が美味しかった。

20150323113110cd6.jpg

食後には、めちゃくちゃ美味しいチャイも飲み放題。
ごちそうさまでした。

20150323113150375.jpg

食後は、さらに階段を上がり上の階へ行きます。

なんと流れていた音楽は生演奏。

お祈りの仕方はわからなかったけど、事前に得た情報を元に
大きく土下座をしてお祈りしました。

==

いやはや、今回シク教の存在を初めて知りました。

↓そして、素晴らしい考え方を持っている女性のことを知りました。

顔の後ろにある笑顔と幸せの方が大事

本当美しさは内面から。『シーク教』の女性が教えてくれたこと

確かにね。女性だけじゃなく男性もそうだもん。
顔だけ良くて、中身が無い男性なんて嫌だ!

でもやっぱり、イケメンには弱い女忍者です..誰か共感してくれるかな?

2 件のコメント

  • mztさん
    よく気づいたね。今日は朝起きるのが遅かったから考える時間がなかったんだよ。
    明日考えるね。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です