海外旅行記
Travel
ピンク忍者の格好で、世界約70カ国を旅しました。
観光地の紹介や、世界で出会った人びとの思い出。
アラサー女子の頭の中
Woman's Thinking
恋愛、婚活、美容、コスメ、節約、ファッション
Arrow
Arrow
Slider

アフリカの塩湖へGO! inダナキルツアー【一日目】

朝9時30分ごろ、ETTツアーの前へ集合。

(貴重品含む)荷物を全て預ける。

※貴重品は、カギをかけて管理してくれるので安心です。

トヨタのランクルへ乗り込み出発。

私たちの車は、ゆうきさん、めいさん、てれさ、女忍者の4人。



四日間お世話になる私達のドライバー、ジョセフです。
運転にもきっと性格がでるのしょう。
彼は、超優しい性格。
それ故、常に私達のことを気遣いながらの安全運転でした。

私達が乗った車は、雄大な自然の中をドンドン進んでいきます。

(牛やヤギが道路を塞いでいるのは、この国では珍しいことではありません。)

途中でコーヒー休憩。
沢山の子供たちが集まってきます。
『ペン!』『キャラメル!』

ごめんね。ペンもキャラメルも持ってないんだよ。
買ったはいいものの、あんまり美味しくなくて食べてなかったお菓子をあげます。w(捨てるのもあれなんでね・・。)
そして、ちゃっかりニンニン!ポーズを教え込む。
エチオピアの女性は、アフリカ一美人なんて言われていますが・・ 
 
この子もきっと、超美人さんになるのでしょう。将来が楽しみ!
途中で止まってくれたビューポイント。
エチオピアは本当に自然が豊か。
・・忍者と絶景。

中々、マッチしてるんじゃないでしょうか?

そして、お待ちかねの昼食。

・・お、美味しい。
 
期待以上の味でした。

それもそのはず?
私達に同行してくれてるシェフのメリーは、この会社の中で一番の料理上手なんだって。手際も驚くほど良い!

シェフによって結構当たり外れのある、このツアー。私達は毎回美味しい料理を出してもらえたので幸運でした。

ちょくちょく写真休憩を挟みながら、今日の宿泊先へ到着。

今日の寝床は青空ベッド。

私達を守ってくれるガードマンを待ちます。この待ち時間。暑かったのでとても苦痛。何もしてなくても、汗がダラダラ湧き出てきます。

気晴らしに、現地の人にエチオピアのダンスを教えてもらいました。
一緒に踊ったから、余計、汗かいたけど。笑

エチオピア人。総じてダンス好き。
陽気で、気さくな人が多い印象。
悪名高いエチオピア人ですが、私とてれさは、エチオピア人の人柄が大好きです。
そして夕方、塩湖へむけて出発。
 
途中で、塩を運ぶラクダさんに遭遇。

暑いのにご苦労様です。

進むにつれて、道路が段々と変わってくる道。



そして、到着した塩湖。


ここでの三点倒立は・・

地面が硬くて、頭がすっごく痛かった思い出。

(いつも、必死です。)
撮ってくれるてれさも必死です。

死海よりも浮かぶ。というこの場所。
他の人のブログを見て、この場所で泳ぐ気満々だったんです。(忍者の下に水着👙セットしてました。) 
しかし、私達が行った時期(12月)は、中に入ることができませんでした。

残念。

(気を取り直して)水がより張っている塩湖へ車で移動。
期待していたよりも水は少なく、鏡張りの景色は見れませんでした。
それでも十分神秘的な景色..
私達は 写真撮影に夢中になりました。
クリスマスを見越して、あやさんが買ってきてくれたサンタ帽。
あやさんは、サンタじゃなくてニワトリだけど。笑
沈みゆく夕日をバックに撮影。

はしゃぎ疲れたけれど、良い思い出になりました。



車へ戻ると、サプライズでワインが振舞われました。
トマティーナで出会ったNさん(右)と、塩湖でまたもや偶然の再会をしました。

 
Nさんのブログ→http://photowise.main.jp

音楽に合わせ踊るドライバーたち。

ツアー客の私達よりも、楽しんでます。
でも、楽しんいでる人たちを見ていると、何故かこっちまで楽しい気持ちになるから不思議。
弱いくせに3杯ほど飲んだ私は、久しぶりにヘロヘロです。

ずっと一人旅だったんだもん。
お酒を勧められて、たくさん飲んだ時でも、気持ちのどこかで気を張ってました。

今は、ヘロヘロになっても大丈夫。
そんな心の緩みから、こんなことになってました。

・・タコみたいに真っ赤。
ひとりで歩くことが不可能でした。
ヘロヘロになりながら眠るこの青空ベッド。最高に気持ちよかったです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ブログランキング・にほんブログ村へ

女忍者を応援する!

応援バナークリックお願いします。
世界一周ランキングに参加しています。
いいね!PC

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする