女忍者の海外旅行記
Travel Diary
ピンク忍者の格好で、世界約70カ国を旅しました。
観光地の紹介や、世界で出会った人びとの思い出。
アラサー女子の頭の中
Women's Thinking
恋愛、婚活、筋トレ、美容、節約、働き方
アラサー女子の雑記ブログ。
Arrow
Arrow
Slider

夜の管理人日記3 inホステルジョージア

2週間の管理人生活も、もうすぐ終わりです。

これを持って、管理人日記も最終です。

*

夜からの勤務なので、夜には大量にお酒を飲むことができない。

(お酒弱いからね。)

お昼に、大好きな豚肉を焼いて、



濃い目のヨーグルトを食べて、



ワインを飲んで昼寝した。

今日は、お昼にスペイン人たちが、チェックアウト。

酔った勢いに任せて・・「私、スペイン語勉強してるの!」と言うも、

「どこ出身?」という単純な会話もわからない。

「よう、こんなんで勉強してるって言うわ!」と自分を責めながらも、

話すことが大事!と思い込む。

(・・だよね?)

ついでに、酔った勢いに任せて、最後に写真を撮ってもらう。





Te ves muy bien!

またどこかで会えるかなー。

*

メスティア~ウシュグリまで、5日間かけてトレッキングした

ポーランド人女性2人が帰ってきた。

深夜3時ごろ。

突然ドミトリーから、そのうちの一人が降りてきて、

「何か、紙はない?」と、おもむろに言い出し、英文を書き出した。

個室に泊まっていたオーストリア人がいきなりドミトリーにやってきて、

「寂しいから一緒に寝よう。」と、誘ってきたみたい。

「だから、あなたも気を付けて!」と紙にも書かれるも、いやいや、私には

全く誘う様子はないので、安心してください。(いんだか、悪いんだか・・)

彼にカメラを貸していたらしく、

「信用できないから彼がチェックアウトする前に私たちに教えて!」と言い残し

再びドミトリーに戻っていった。

翌朝、ポーランド人女性2人と、オーストリア人男性1人が

深刻な様子で話し合い。

・・興味津々で耳を傾けるも、言っていることが全くわからなかった。

後で聞いたところ、どうやらドイツ語で議論してたみたい。

オースリアもドイツ語はなすんだって。(へー!)

「これは、セクハラよ!」 と、主張したみたい。 

NO!とハッキリ、言うことってやっぱり大事だ。

その日の深夜に、彼女たちはドイツ(ポーランド人だけど、住んでるとこはドイツ)に

帰るので、ワインを飲んで女子会。

一人は、新婚1年目。(オランダ人と)。

もう一人は、来月結婚するみたい。(ドイツ人と。)

結婚するなら、オランダ人がベストよ!と、オランダ人と結婚し女性に教えてもらう。

ドイツ人は、ナーバスでストレスを抱えているけれど

オランダ人は、Everything is gonna be happy~な考え方らしい。

とても優しいし、家事もしてくれるし、いつも気遣ってくれる。

そして、たくさんのところに旅行に連れてってくれるとべた褒め。

まぁ、人によるんだろうけど。

*

ここ2日。恋愛ドラマを見すぎて(好きな人がいることにハマり中・・)

脳内でドーパミンが大量流出。

全然お腹がすかなくて、夜一食だけ。

それが、原因かどうか急に体調を崩す。

やっぱり夜に熟睡できないのは、ちょっと辛いことに気づく・・

と、いう訳で、任期を延長せず、明後日からまた管理人ではなく

旅人に戻ることを決意。

・・このだらけた生活から、無事に立ち直れるのかしら・・


一昨日は27人、昨日は14人の方がクリックしてくださりました!

ありがとうございます。14位です。


今日もあなたの手裏剣クリック頼みます。お願い!エイ!

!・・|д゚)
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ                          
!|д゚)


ありがとうございます♡



  

yjimage
Instagram
再開しました。

Follow me♡                                            
           

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ブログランキング・にほんブログ村へ

女忍者を応援する!

応援バナークリックお願いします。
世界一周ランキングに参加しています。
いいね!PC

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. じゅん より:

    女忍者さんって野沢直子に似てるって言われますか??

  2. 女忍者 より:

    じゅんさん
    周りの人に聞いてみましたが、『似てないんじゃない?』という言葉が返ってきました!