ホーチミンでベトナム戦争について学ぼう。戦争証跡博物館に行ってみた。




泊まってる宿からもアクセスしやすかったので、
戦争証跡博物館へ行ってきました。

201502020246091c3.jpg

あまり深く考えずに行ってしまったけど・・
ここはホーチミンに訪れたのならば、絶対に行くべきだと思ったので紹介します。

楽しい観光地では決してありませんが。

#

まず博物館に入る前。

このような米軍の航空機や戦車がたくさん展示されてます。

201502020246111ed.jpg 20150202024631b2c.jpg 20150202024613b32.jpg

ココでは各々、記念撮影をしたりして明るい雰囲気。

子供たちが書いたと思われる明るい絵も壁に並びます。

20150202024636710.jpg 201502020246333d2.jpg

中に入ってみると、目についたのが日本語で書かれたこんなもの。

2015020202463691c.jpg 2015020202470638a.jpg

日本で、ベトナム戦争を批判していた資料たち。

ベトナム戦争は、ベトナムの統一をめぐる戦争。
北ベトナム(ソ連が支援)と南ベトナム(アメリカが支援)で対立してて、
アメリカが北ベトナムへ攻撃して、拡大していった戦争。

当時、民間人の子供や女性もたくさん巻きこまれ、
アメリカへの国内外の批判が、沸き起こったみたいです。

戦争で被害にあった人。

生々しい写真、目をそらしたくなるような写真が
ここからは続きます。

ちょっと写真を撮る気持ちになれませんでした・・

銃を突きつけられ、怯える男性。
ガリガリに痩せた体で、泣きながら逃げる子供たち。

戦争が終わってからも、枯葉剤の後遺症で苦しむたくさんの人たち。

ふらっと訪れた事を後悔するぐらい
写真が、起きた現実を突きつけてきます。

日本人の高校生ぐらいの子たちも見学にきてました。
修学旅行かな?若者たちの目にはどう映ったのだろう。
楽しそうにしてた子達が、写真を見て言葉を失ってたのが印象的でした。

そういえば、ベトナム戦争中から40年もの間
ジャングルで暮らしていてた親子というのが、以前話題になりましたね。
平和ボケしてる私には、全く想像できないぐらい過酷なものだったでしょう。

201502020247119d2.jpg 20150202024710b7a.jpg

日本の写真家が撮った写真も展示されていて、
そこは日本語表記がありました。

多くのベトナム軍(民間人も含め)が犠牲になったベトナム戦争。
勝ったのはアメリカではなくベトナムだったみたいです。
(死者数は圧倒的にベトナムが多いけど、
資金面や批判で、アメリカは手を引かざるを得なかったため。)

ココに来て全てを見終わった後
私がこうやってこの地を旅してること自体、とても幸せなことなんだと改めて実感しました。
本当に生きてるだけで丸儲けです。

私みたいにふらっと訪れず、少し覚悟して見てきてください!

2 件のコメント

  • 世界一周に出たのであれば、
    こういうディープな部分にも触れていきたいって思います^^
    高校の時に世界史選択しとけばよかったってよく思います^^

  • 同じくです!
    私も世界史もっと勉強しておけば・・と
    思ってます。習ったんだろうけど全く忘れてしまってます。。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です