MENU

ひや汗かいたよ!ベトナム→ラオスの国境越え

2020 7/15
ひや汗かいたよ!ベトナム→ラオスの国境越え

こんにちはLaos*バスに置いてかれたかと思って焦ったよ!

ベトナムのフエから、目指すはラオスのビエンチャン。

スリーピーングバスで22時間の移動!
201502142357276f2.jpg

ベトナムの移動では、すっかり定番になったシンカフェ(旅行会社です。) でバスをお願いしようと思ったけど、
この区間はシンカフェのバスは出てなくて、地元のバスしかないみたい。

値段を聞いたらちょい高めだったので、自分たちで直接バス停まで行ってチケットを買うことにしました。

ちなみに、フエのシンカフェは元あった場所から移動してました。

元は、La Boulangerie Francaise という美味しいパン屋さん(兼カフェ)の横だったけど、
今は違うツアー会社が入ってました。
20150215001310d1c.jpg

20150215001310e58.jpg

シンカフェの移転先は、確かここから歩いて5分ぐらいのとこ。

場所はLa Boulangerie Francaise の店員さんが教えてくれました。

美味しいパンを食べるついでに、是非聞いてみてください。
20150215001258186.jpg

#

朝の9時前にバス停に到着。

ラオス行きのバスのチケットを買う場所は、なぜかずっと無人。
チケットが購入できません。
(昨日も自転車で見に来たけど、人いなかった。)

そこらへんにいる人に『ビエンチャンに行きたい!』って言いまくって、
なんとかビエンチャン行きのバスに乗ることができました。

バスの中でチケットを購入。

チケット売り場では確か350000ドンと書いてあったはずだけど、支払った金額は500000ドン(約2785円)

ツアー会社で言われた金額が600000ドンぐらいだったので、これが適正価格なのかな?謎。

バスの乗車客は、地元の人がほとんど。

観光客は、欧米人カップル、韓国人カップル、韓国人男性2人組と私とてれさの合計8人。

出発してしばらくしてから、ラオスに運ぶであろう荷物の詰め込み作業が始まりました。

 

気づかないうちに私たちのバックパックも外に放り出され、

バスの中は荷物でいっぱい。

20150215004018b99.jpg

バスの上に、私のバックパックも乗せようとしてました。
『私たちはお金を払ってるのに、それは絶対に嫌よ!』と欧米人女性が猛抗議。

The 日本人の私は、それもそうだね!と思い、何も抗議せずに
ちゃっかりとバックパックをバスの中へ戻しました。

完全に重量オーバー!

バスはトロトロ走ります。ブレーキの効きも悪いんじゃないかな..と心配しましたが、考えてもどうしようもない事なので、
ブログの更新 or 寝る or てれさにちょっかいかける

この3つの事に専念。

いつのまにか時間は立ち、国境へ到着しました。

バスの中でも、一人のおばちゃんが乗客に聞いて回ってました。

 

『ベトナムドンからラオスキープへ両替しなさい!』と。

バスを降りた瞬間に、そんなおばちゃんがたくさんいて、
両替する素振りをみせた欧米人は取り囲まれてました。

20150210125553efa.jpg

賢い私たちは、相場がすぐにわかるアプリ(iMoney)をダウンロードしてたので、
欧米人に教えに行きます。

あー、いい事したな。

20150210125625471.jpg

201502101256239f9.jpg

ここの国境は緩いのか、バックパックもバスへ預けたまま。

前に並んでる人との隙間があかないように並びます。

HondaのTシャツを着てた、通称ホンダさんにしれっと順番抜かしされたからね。睨んでも笑ってたよ..

 

現地の人は、渡すパスポートの中に10000ドンの賄賂を挟んでました。

私も狭間なくちゃ駄目?と思ったけど、結局挟まなくてもちゃんと出国スタンプを押してくれました。

ここからがちょっと焦った話。

スタンプを押してもらい、先に進むも誰もいない..
もう一度、来た道を戻るもいない..

あれ?
もしかして、置いてかれた?

バックパックもバスの中。

ここで様々なことが一気に頭を巡りました。

まず、バックパックの中にある忍者衣装..

やばい!みんなにもらったやつが…ブログタイトルも変えなあかんのかな。
めんどくさいな..

続いてカラーコンタクトレンズ..
今つけてるアラレちゃんメガネでこれから先も旅を続けるのかな..
嫌やな..もう日本帰ろうかな..

さっそくリタイアを考えましたw
まだまだ、外見を気にしてしまってます。。

201502101256411f6.jpg

結局、ちょっといった先の道路で欧米人と韓国人を発見。

この旅、一番のホッ

てれさと2人だと超絶に不安だったけど、なんなんだろうこの安心感。

 

よく見るとバスに乗ってた現地の人たちもいて、みんなでバスを待ってました。

(嬉しくなって、ホンダさんに何時にバス来るの?と話しかけるもつれない返事でした。

 

結局30分ぐらい待って、バスが到着。
201502101257224b5.jpg

何してたんやろう..

20150210125710696.jpg

寒いのにクーラーガンガンの車内。

夜になるとこんな配色の光が灯ります。
20150210125725080.jpg

食事休憩も地元の人が行くような場所で。
英語メニューがないから、何頼んでいいかわからなかったけど、適当に盛ってもらったこのごはん。

めちゃくちゃ美味しかったなぁ。

20150214235737bfd.jpg

食べこぼしを犬が漁るというカオスな空間。
日本のレストランじゃ考えられないな。

201502101257346b3.jpg

20150210125732277.jpg

そんなこんなで、無事にラオスへ到着。
次回から、ラオス編スタートです!


目次
閉じる