街全体が世界遺産?ルアンパバーンを観光。




ルアンパバーン!何回も言いたくなる、なんだか可愛い名前ですね。ちなみに、ラオ語のありがとう=コップチャイ
も響きが可愛くて好きです。

街全体が世界のルアンパバーン。

1995年にルアンパバーンは、世界遺産に登録されてます。ラオスの観光の中心地でたくさんの観光客が毎年訪れます。

ラオスの地図

ヴァンビエンからルアンパバーンへは
バン(バスの小さい)で確か6時間ほど。9000キープ(約1260円)でした。

※2015年時

ラオスの道はまだ舗装されてないところが多くて、めちゃくちゃ揺れるので注意が必要です。

私は助手席に乗れたから良かったけど、後ろの席になればなるほど揺れます。前の席と後ろの席では本当に同じ車なのかと思うほど、乗り心地が違うので必ず前に乗りましょうね!この区間では、車酔いして車内で吐いている欧米人もいたぐらいです。

 

ルアンパバーンのお勧め観光地

托鉢

正式には観光地ではないのですが、ルアンパバーンで一番有名なのが朝の托鉢です。

托鉢(たくはつ、サンスクリット:pindapata)とは、仏教やジャイナ教を含む古代インド宗教の出家者の修行形態の1つで、信者の家々を巡り、生活に必要な最低限の食糧などを乞う(門付け)街を歩きながら(連行)又は街の辻に立つ(辻立ち)により、信者に功徳を積ませる修行。

Wikipediaより

ルアンパバーンではその托鉢の僧侶の数が、世界でも最大規模。

朝方のまだ暗い時間から、僧侶がお鉢を持ってねり歩きます。

私たちはその托鉢を朝5時に起きて見に行きました。
ルアンパバーン托鉢

地元の人が道端で僧侶が来るのを座って待っていて、
僧侶が来たらお鉢にカオニャオ(もち米)や、果物を入れます。僧侶たちはもらった食糧を後でみんなで分け合うそうです。
ルアンパバーン托鉢

思ってた人数よりもお坊さんの数は、多くなかった。
見学したスポットを通られなかっただけなのかな・・

ルアンパバーン托鉢

私にしたら珍しいことで、すっかり観光化されてるけど
ラオ人にとってはこれが日常で、当たり前のこと。
信仰心の違いが伺えます。

ラオスの朝は早い。

托鉢が終わったら、日の出とともにマーケットが始まります。
ルアンパバーンマーケット

朝から、たくさんの人でにぎわってました。
ルアンパバーンマーケット

プーシーの丘

ルアンパバーンプーシーの丘

階段を登りきると・・
世界遺産の街並みが見渡せます。
ルアンパバーンプーシーの丘

ルアンパバーンプーシーの丘 ルアンパバーンプーシーの丘 ルアンパバーンプーシーの丘

ここで素晴らしい空を見ました。

夕日が落ちて、人が続々と帰って行きます。
それでもそこで待ち続けたら・・
ルアンパバーンプーシーの丘

こんなに素晴らしい景色が広がります。

ルアンパバーンプーシーの丘

↑この人の写真が一番絵になってたんだよね。

この撮影スポットに、中国人のおばちゃんがいろんなポーズで写真を撮ってずっと居座ってて..

各国共通で、おばちゃんパワーってすごい!と苦笑せずにいられませんでした。

ようやく撮れた写真がコレ。
ルアンパバーンプーシーの丘

ルアンパバーンプーシーの丘

中々、いい感じでしょ?

そうそう、ココで卒業旅行で世界一周してるという大学生に会いました。

Instagramに載せてくれた写真がこれ。

20150225071828aea.jpg

このピンク忍者ね、
日本人が見たら忍者ってわかるけど、
日本人以外からしたら、『イスラム教?』『着物?』ってなるのです。

なので、都度『忍者だよ!』と説明。

『忍者』って言えばみんな知ってるみたいで、『Oh!Ninja』と笑顔になってくれるので嬉しい!

ナイトマーケット


ルアンパバーンに来たら、ワクワクして夜の町に繰り出しましょう。

20150226054156d0a.jpg

昼間はただの道だけど・・
夜になるとたくさんのテントが張られ賑やかに人が行き交います。

201502232306013a8.jpg

毎日、毎日テント張って、商品並べて準備して
片づけるのめんどくさいやろうなぁ。。と余計な心配をしてしまいます。

 

ここで見つけた私好みの可愛い雑貨をご紹介します。

20150223225913ded.jpg 20150223225952f86.jpg 20150226064313309.jpg 20150226065047207.jpg 20150226065030dd5.jpg

会社でどの商品が好みか..っていうアンケートとる時とか
私の意見って必ずマイノリティで、あんまり採用されなかったんだけど・・

10991351_820541591353136_5556252965423520669_n.jpg
ここに挙げてるのは可愛いでしょ?

女忍者は、基本派手なものが好きなのです!

==

マーケットで見つけたお得なご飯。

ルアンパバーン屋台食べ放題
食べ物が並ぶ屋台の中に、こんな屋台が5軒ほどありました。
これ、一皿盛り放題で15000キープ(220円)! ※肉と魚は別料金です

ルアンパバーン屋台食べ放題
↓ いっぱい盛ったぞ!と思ってたけど

ルアンパバーン屋台食べ放題

こんなん可愛い方で、横や前に座ってた欧米人の盛り方が半端なかった。
くっそ!負けた..といらん敗北感を味わいました。

基本このご飯は冷めてて、おばちゃんに言うとごちゃ混ぜにして
フライパンで焼いてくれたりもします。(味もごちゃ混ぜになるけどね)

10000キープ(約146円)で盛り放題!なんてとこも1軒だけありました。
ここは食べ物ゾーンの場所じゃなくて、商品が売ってる道沿いに
ポツンと1軒だけありました。

ルアンパバーン屋台食べ放題

安いからか沢山の人が集まってました。
(欧米人はやっぱりノリ良し!な写真)

ナイトマーケットの屋台

☆美味しかったラオス風ウインナー

ラオス風ウインナー
日本のウインナーと違って(レモングラスかな?)香草たっぷり!
濃い目の味付けでした。

☆たこ焼きみたいな形のやつ
ルアンパバーン屋台ご飯

たこ焼き器みたいなもので作ってるけど、
これ甘いの!ココナッツ味でめちゃくちゃ美味しかった!

ルアンパバーン屋台デザート

☆生クリームとチョコレートソース、オレオを砕けていれた
これでもか!ってぐらい甘いコーヒー

ルアンパバーン屋台

シェーキ屋さんが並ぶコーナーで
一番端にあったコーヒー屋さんで売ってました。
ルアンパバーン屋台コーヒー

☆五平餅みたいなやつ

ルアンパバーン
なんか懐かしい感じ!

屋台はどこ行っても楽しいですね。

 

お勧め料理

ルアンパバーン名物:カオソーイレストラン

 

ルアンパバーンン名物のカオソーイレストランサブロー
ルアンパバーンン名物カオソーイ

ルアンパバーンン名物カオソーイ

味は担々麺みたいな感じで、濃い目!
タイにもカオソーイあるけど、同じ名前なのに全然違います!

☆ナムワン屋さん

ルアンパバーンナムワン屋

ルアンパバーンナムワン屋 ルアンパバーンナムワン屋

ココナッツミルクに、この中から好きな具材を選んで
入れてもらいます。冷たくて甘くて、ちょっと休憩するにぴったり!
(サブローもナムワン屋さんも赤十字サウナの近くらへんにあります。)

そう、私ラオスで食べてばっかりでした。
今のところ日本食がなくても、困りません。
アジア料理、大好きです。

お腹がぽっこりしてきてるのは気のせいでしょうか..?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です