シャンバラ祭り。タイのチャンダオで日本人主催のお祭りに参加してきた!

こんにちは、女忍者です。

タイのチャンダオという場所で、日本人が主催するお祭りがありました。

ヒッピー系の野外音楽フェス
シャンバラ祭り』Shambhala in Your Heart

HP:https://sites.google.com/site/minamimasatothailand/

シャンバラ祭り

以前の私なら絶対行かなかっただろう。

ヒッピー系というのが、な~んとなく好みじゃない気がするから..

別に行ったことがあるわけじゃないので、完全に食わず嫌い。

ソレハヨクナイ..

ここはマインドフルファームで学んだことを早速、活かさないと..と、あんまり気乗りしないけど、とりあえず行ってみることにしました。

チェンマイからチャンダオの行き方

チェンマイ→チェンダオは、バスで約1時間

40バーツで行けました。
そこから会場までは、ソンテオ(10人位乗れる乗り合いバス)で約15分。

ソンテオは、乗る人数によって値段が変わります。
お祭りに行く予定の欧米人とシェアしました。(160バーツ÷6 )

会場:ドイルアン青少年キャンプ場(Chiang Dao Youth Camp)

住所:530 หมู่ 6 บ้านยางปู่โต๊ะ ต.เชียงดาว เชียงดาว Amphoe Chiang Dao, Chang Wat Chiang Mai 50170 タイ

シャンバラ祭りの雰囲気

シャンバラ祭り

シャンバラ祭りは2015年2月6日~15日開催されてました。

シャンバラ祭り

自然がたっぷりある、のどかなキャンプ場で行われました。

シャンバラ祭り

入場料は、タイ人とタイ人以外で値段が別れてました。

タイ人:1日100バーツ/通し券500バーツ
外国人:1日200バーツ/通し券1000バーツ

シャンバラ祭り

夕方からライブが始まるので、各自ノンビリと自分の時間を過ごします。

私は思いました。なんて皆、自由なんだ!と。

シャンバラ祭り

ヨガをしてる人や瞑想をしてる人も多かったし、なんかすっごい人もいた。

シャンバラ祭り

たまには、こんなにノンビリすごすのも悪くはない。
いや最近ノンビリしっぱなしかな..

シャンバラ祭りのライブ

18時からライブは始まりました。

アーティストはタイ人と日本人、半々ぐらいです。

まずはタイ人2人組から。
超リラックスできる優しい歌声が、響き渡ります。

シャンバラ祭り

みんな歌うまいです。
正直舐めてました。ヒッピー系フェス…
もっとしょうもないと思ってました。

その中でも、一人凄い人がいました。
日本人のサカイナミさんという女性(写真なし)

圧倒的な存在感がありました。
心の内からでる感情を、歌に込めて歌われてました。

日本語で歌うから、歌詞の内容なんて日本人しか把握してないだろうけど、彼女だけ拍手の量が違いました。

とにかく、迫力が凄かったです。

(人間というより、獣みたいだと、てれさは思ったらしい。)

気になって検索したら、彼女相当若いです。まだ20歳。
(若くしてあの存在感はなんなんだろう。)
東日本大震災をキッカケに、千葉から奈良へ移住したらしいです。

是非、youtubeで聞いて見てください。

 

ヒッピーとは?

シャンバラ祭りは、ヒッピー系のお祭りと聞いてましたが、今まではヒッピーの人って、正直よくわからない存在でした。

ヒッピーとは、1960年代後半にアメリカの若年層から生まれたムーブメント。自然への回帰を主張し、伝統・制度などの既成価値観に束縛された社会生活を否定する青年集団。
出典 http://dic.pixiv.net/a/

これまた、私の大好きな窪塚くんもヒッピー的な考え方ではないでしょうか?

煙たい男たち|Case9 窪塚洋介

人にどう思われようとも構わずに、自分のやりたい事をひたすらやる。
..そういうところが好きで、尊敬してます。

てれさも自然が好きで、将来はど田舎に一軒家を建てたいなぁって
いつも話してますが、私はど田舎は勘弁です。

ちょっと田舎ぐらいが調度いいです。
ど田舎過ぎたら、会いたい人たちにすぐに会えないから。
やっぱり友達の存在って大事です。離れていたら尚更感じます。

シャンバラ祭りで食べたご飯、宿泊場。

日本人主催だけあって、日本食がたくさんありました。

嬉しい!

シャンバラ祭り

チャンダオ産 日本米焼きおにぎり15バーツ

シャンバラ祭り

タイ人のおばちゃんが作ってたのは、

シャンバラ祭り

ノリたっぷりのお好み焼き。この2つが特に美味しかったです。

シャンバラ祭り

テントを持ってきてなかったので、ドミトリーで寝袋にくるまり就寝しました。

シャンバラ祭り

ドミトリールームの雰囲気はこんな感じです。早いもの順でスペースは埋まっていきます。正直、潔癖症の人には厳しいと思います。

シャンバラ祭り

 

無料の温泉へ!

翌日はなんと温泉にいきました

シャンバラ祭りの会場から、徒歩で行ける距離に無料の温泉があるのです。

201503170427158ce.jpg

(行く途中に、野生の牛を見ました。)

201503170427176d2.jpg

自然の中にある温泉で、混浴です。私たちは水着で入りました。

温泉に入って暑くなったら、近くに流れている自然の川に入ってクールダウンしている人がたくさんいました。

201503170429284c6.jpg

やっぱり温泉の力は偉大だです。

まとめ

当初は気乗りしなかったシャンバラ祭りですが、行ってみるとすごく楽しかったです。

温泉も含め、会場の自然たっぷりな雰囲気にすごく癒されました。

先入観を捨てて、とりあえず行ってみる!
やってみる!食べてみる!

そうすることで、私の小さい器は少しずつ大きくなっている気がします・・

あなたも、先入観を捨てて、とりあえず行ってみませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です