MENU

ネパールでホームステイ!村での生活が始まります* in Hyangjakot

2020 7/13
ネパールでホームステイ!村での生活が始まります* in Hyangjakot

辿り着いたのは小さな村。
ヒャンジャコット。

有名なトレッキング先、ダンプスに行くまでに通る村です。

20150605072322788.jpg

それはそれは、素晴らしいところでしたよ。

201506050725038c1.jpg

20150605051702c48.jpg

出迎えてくれたのは、韓国人のチョイさん。
(店で声をかけてくれたおじさんの妹の旦那さんです。)

私たちが泊まりにくるということを知らされてなかったみたいですが
(オイオイ.. !)暖かく迎えてくれました。

私たち以外に泊まってたのは二人。
韓国人のマルデヒマルとデンマーク人のソフィ。

How are you? と聞かれて、
I’m always happy. とソフィが答えたのが印象に残った。
私もいつか使うぞ!

20150605055529c19.jpg

私たちが到着したのは、夕方16時ごろ。

20150607012522529.jpg

天候もあんまり良くなくて、
残念ながらこの日はヒマラヤ山脈は拝めなかった。

20150604231732827.jpg

それでも、たくさんの自然、たくさんの動物達を目にして、既に来たことに後悔はなかった。

夕食で頂いたのは、手作りのダルバート(ネパールの定食)

チョイさん手作りのキムチもあったよ!

20150605045616924.jpg

みんなで、キャンプファイヤーしながら楽しく食事。
(海外に来てからキャンプファイヤーする機会が確実に増えてる!)

そして、食事の後にマルデヒマルが作ってくれたのがコレ。

20150605060047598.jpg

韓国の焼酎をビールで割るという、アルコール度数高そうなやつ。

初めて会ったばかりの人達と、お酒を酌み交わす。
もちろん言語は英語で。

あぁ、世界で通じる言語が英語じゃなくて日本語だったらどんなにいいか。

こういう時、本気で願ってしまう。
アルコールが入った頭で、英語を聴き取るなんて何て高度な技術なんだ!

==

翌日は晴れ。
部屋の窓から見えた景色がコレ。

201506050923151d1.jpg

ヒマラヤ様。

201506042317305bc.jpg

山よりも海派な私。
正直、山はそんなに好きじゃなかった。

ただこのヒマラヤ様を見た時の感動っていったら・・

20150605062615fe9.jpg

やっぱりこの山には、神様が住んでるんだと思うんだ。
宿からのこの景色を眺めてるだけで、なんだか神聖な気分になる。

2015060506253928e.jpg

こんな絶景を見ながら頂くチョイさんが作ってくれたサンドイッチ。
美味しくないわけがない!

何て贅沢なことをしてるんだ、私。

20150607022017c0f.jpg

20150606234142872.jpg

ここで暮らしている小さな子供たち。

20150605060103a91.jpg

私のデジカメを気に入って、ひたすら連写し続けるやんちゃボーイ。

20150605065531312.jpg

もう。可愛いじゃないか。

20150605053433698.jpg

201506050535293b9.jpg

カメラが壊れないか、ヒヤヒヤしたけどね。

20150606234606f45.jpg

20150607021810e48.jpg

ここを気に入って、2年に1回、長期滞在するというフランス人男性がいるんだとか。

うん。まだ来て一日だけど、その気持ちわかる!

2015060702181504b.jpg

既にここでの生活が気に入ってきたよ。

20150605072337c5c.jpg

↑こんな環境での読書、最高でしょ?

 

朝、目を覚ます。

2015060702232902e.jpg

うん、今日も快晴。それだけで幸せ。

20150605051710c13.jpg

朝ごはんはジャガイモ。

シンプルに塩を付けて食べるだけ。
それなのに、なぜかすっごく美味しかった。

20150605051809bae.jpg

子供たちが学校に行くのをお見送りしていると、

20150607022808944.jpg

20150605055530d56.jpg

お母さんが、鶏を抱えて登場。
うん。なかなかインパクトのある登場の仕方!

==

ここの家から徒歩10分ほどのところに、さらにヒマラヤが見える絶景スポットがあるのです。

午前中のうちにそこへお出かけ。

20150604230620665.jpg

20150607033349a67.jpg

私が行った時は、だいたい午後ぐらいから雲がでてきて
ヒマラヤ様は隠れちゃいます。

201506070334230f3.jpg

てくてく歩いてると、外国人が珍しいからか
何かと話かけてきてくれる。

20150607033411d42.jpg

もしくはジロジロ見られる。

201506070333506a3.jpg

私がこの景色を珍しい!と思う気持ちと一緒なのかな。

201506050728045af.jpg

201506050725087aa.jpg

こんな素晴らしい景色が日常にあるって、どんな感じなんだろう。

20150605072814689.jpg

聞いてみたいけど、言葉が全く通じない。

私が琵琶湖を大事に思うように、きっと彼女達にとっても
この山は特別な存在なんだと思う。

20150605072814862.jpg

さてさて、辿り着いたヒマラヤビューポイント。

201506070333515ae.jpg

てれさに撮ってもらった写真はコチラ。

201506050625314e7.jpg

20150605062429739.jpg

201506050616176f1.jpg

うーん。めちゃくちゃ綺麗な景色!
これこそ、私が求めていたもの。

ポカラはいまいち好きになれなかったけど、この村は本当に来てよかった!

家に帰ると、なんと手作りのウドンを作って、待っててくれてましたよ。
どうしよう。天国を見つけてしまったよ..


目次
閉じる