ネパールで生き神クマリ様に出会う。運よく写真撮影に成功したよ!




ネパールで絶大な力を持つ、クマリを拝む。

カトマンズはたくさんの神様が住む街。

人間の数より神様の数のほうが多いとか・・

そして、ネパールには生きた神様がいる。

その名もクマリ

クマリになるのには、32にも及ぶ厳しい審査があるそうだ。

(以下、条件の一部)

・健康である
・すべての歯が欠けていない
・菩提樹のような身体
・牛のような睫毛
・獅子のような胸
・鹿のような脚
・アヒルのように柔らかく透き通った声
・黒い髪と目

主典 Wikipedia

動物の頭部が並べられた暗い部屋に閉じ込められ、
泣き叫ばないかどうか試される試験もあるらしいよ・・

厳しい審査を通り抜け選ばれたクマリは、両親のもとから離され
神として生きなけれないけない。

カトマンズだけでなく、パタンやバクダプルにもクマリは存在するけど
カトマンズのクマリは特別!

ロイヤルクマリと呼ばれていて、写真撮影も禁止

・・そんなロイヤルクマリ様の写真撮影に成功してしまったのだ。

==

寺院が並ぶダルバール広場へお出かけ。

2015060914275433c.jpg

(地震が起こる前の写真です。。)

20150609161427a88.jpg

細かい装飾がステキ!

20150613170347676.jpg

広場はたくさんの人の憩いの場。

20150609161423374.jpg 201506091614296f0.jpg

楽しそうにおしゃべりする人、行き交う人を眺めていたら
あっという間に時間が過ぎます。

20150609161428350.jpg

↑ ここがダルバール広場の中にあるクマリの館
お布施を渡すと、ここからクマリが顔をひょこっと見せてくれるらしい。

撮影は禁止。

でも・・

今日は特別な日。
お祭りでクマリが外に出てくる!

そう、親切なおじさまが教えてくれました。

でも、撮影は禁止なんでしょ?

「いや、クマリが外に出ているときは、撮影してOKだ!」

ほんまかいな・・!

と思いつつ、撮影させていただきました。


これがクマリ様の乗る山車

20150613171709c8f.jpg 20150613024648045.jpg

そして、撮影に成功。

20150613170138310.jpg

クマリ様は自分で歩いてはいけないよう。
移動するときは、こうやってかつがれながら移動します。

おじ様たちは走るのが超早い。
必死に撮影しましたよ・・ ほとんどの写真はぶれてましたね。

20150613024641ce6.jpg 20150613170424a3c.jpg

一度この門に入った後、また出てこられました。

2015061302465333a.jpg

・・必死に撮影。

20150613024629483.jpg

↑ブレてるけど、カメラ目線をゲット!

20150613170207ce4.jpg

そう、クマリは可愛い女の子。
生理が始まるとクマリを退任。普通の生活に戻ります。

201506131708380fc.jpg 201506131708358fa.jpg

↑こっちの夫婦のほうが、生き神様っぽいと思ってしまったけどね・・

20150613170412580.jpg

親切なおじさまが私にずっと付き添って、有力情報をくれてたからこそ撮れた写真たち。

インドの後遺症で心から信じきれなかったけど、最後までいい人だったよ・・
疑ってごめんね。ありがとう!

2 件のコメント

  • うー。
    急いで更新したから間違ってましたね。
    誤字脱字もひどかった!w
    全体的に修正しました。
    ご指摘どうもありがとうございました!!
    (´・Д・)」

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です