インドから脱出せよ。初めてインドで大泣きした日。




(∞ ❛ั ⊝❛ั ) ナマステー!*
プドゥチェリーの思い出は、ちょっと苦い思い出。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ ←Please pocch! Ü*♥︎

本当に名残惜しい。

マハバリプラム

201507140448118bf.jpg

インドの北と南って、日本でいう北海道と沖縄ぐらい違うんでしょうか?

20150714044310733.jpg

食べ物が違う。
北にはない、南ならではの揚げ物
(ワダとか)

201507140443118e2.jpg

チキンビリヤニも安くて美味しい。

2015071420334828b.jpg

バナナのオレンジバージョン!
(少しマンゴーみたいな味がした。)

201507140416357e5.jpg

女性が毎朝、玄関前に書く魔除け。

2015071404161131c.jpg

髪には花の髪飾り。

DSC09006.jpg

生花なので、とっても良い香り。
バスの中もこの良い香りが漂ってます。

その良い香りを堪能しながらやって来たのは、
プドゥチェリー

(マハバリプラムからバスで60ルピー)

インド南部は、バス移動が便利。
列車みたいに席予約がいらないから楽チン!

ここにも綺麗な

201507142033285a5.jpg

ここで激写してしまったのは、サリーを着たオカマさん。

201507140448152bc.jpg

・・ごつい

201507140448184ad.jpg

何これ。全然綺麗じゃない。

インドで綺麗なオカマさんって、結局一回も見なかったな。

20150714041631e3e.jpg

==

プドゥチェリーは元フランス植民地。

DSC09023.jpg

どことなく街並みがオシャレで

DSC09021.jpg

フランスの名残を感じる街。

DSC09034.jpg

フランス語表記があったり。

DSC09033.jpg

プドゥチェリーに来た一番の目的は、
オーロビル

201507142110208e4.jpg
出典-http://www.auroville.org/

オーロビルとは、独自の経済システムで活動している小さな村。

実験型エコビレッジ。
ここの住民は全てのものが無料。

文字で説明を見ただけでは、なんかピンとこなかったから、実際にこの目で見てどんなとこか知りたかった。

でもね。

マハバリプラムまでわざわざ来たけど
オーロビル結局行ってないんだ。

オーロビルへのオートリキシャ代で揉めて、年甲斐もなく大泣きしたから・・

(´・Д・)」

往復の値段だと思ってオッケーしたら、行く途中に『片道の値段だよ..』って言われ・・

『今降りても200ルピーかかるからな。』って脅された。

『嫌だっ!』
って無理やり降りたら、ドライバーに重いバックパックを引っ張られ、尻餅ついてこけた

その瞬間、何かがはじけて
『ワーン。ワーン』って子供のように大泣きしたんだ。
(今思い出すと、恥ずかしい。)

今までなら、昨日までなら、笑って許せてたことが
今日は許せなかった。

今回のことも、別に泣くようなことではない。

ちょくちょく蓄積されてきたインドの旅のストレスが、一気に爆発したんだと思う。

何ごとだ!』と、わらわら集まってくるインド人。

『えーん。もうプドゥチェリーなんて、嫌いだよ。』

泣きながら日本語でブツブツ言いながら

・・

私は逃げた。

ドライバーから。

(追いかけてきて、なにやら汚い言葉を吐かれたけど。)

昨日までインドが好きだった。
離れるのが寂しかった。

でも今は、一刻も早く離れたかった。

誰も私に話かけてこないで。

そんなにジロジロ見ないで。

これは、インド離れ時のサイン。

オーロビルへも、もう行く気になんかならなかった。

プドゥチェリーの滞在時間、一時間ぐらい。早々と次の街へと向かいました。


ブログランキングに参加しています。「読んだよ!」の合図にでも手裏剣クリックして下さると嬉しいです。(ી(΄◞ิ౪◟ิ‵)ʃ)

現在17位。セブンティーン!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

うーん、女心がコロコロ変わりすぎて自分でもビックリします。

今日もありがとうございます♥︎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です