ソフィアで夜遊び。朝帰り。





ソフィアのナイトライフを満喫。 

 

私が瞑想後もソフィアに滞在してたのは、素敵な出会いがあったから。
 
同じドミトリーだったドイツ人のロマンと、中国人のジュリアン。
一人旅だと、たまに夜ごはんとか、パーティとかに誘ってもらえることがあるんです。
でも、いつも私は断ってた。
英語わかんないし疲れるし、気遣うし、一人の方が楽だから。
あとちょっと欧米人苦手。
いつもと違って、なんとなしについて行ってみたら意外と(いや、かなり)楽しかったって話。
三人でクラブやバー巡り。
この日は行かなかったけど、ブルガリアではストリップが格安で見れるらしい。
てれさ(旦那)がお酒飲まないからね。旅中に飲むことって、すっごく少ないんです。
一人で飲むのも寂しいし..
多分、旅に出てから一番飲んだでしょう。
普段はお酒弱いのに、テキーラが体内に入ると元気が長続きする私の体。
どうなってるんでしょうね。とりあえずテキーラは大好き。
3人で何軒もお店ハシゴした。この人たちどんだけ飲むんだよ!てちょっと呆れながら。
夜の協会はライトアップされて、また昼間と違った雰囲気。
一人だとこの時間に出歩くなんてことないから、見れてよかった。連れ出してくれた彼らに感謝。
3人で飲んでる時に『ジョイナス!』と声をかけてくれたのは、ブルガリアの綺麗なお姉さんたち。
 
 
もう、この人セクシーすぎ。露わにされた胸は、なんとKカップだって。
女性として勝てる気が1ミリもしない。
 
みんなで乾杯。
海外では、乾杯するとき相手の目を見て乾杯をするのがマナー。
 
しかもドイツでは、目を見て乾杯しなければ、
これから7年間、良いSexをすることができなくなる。って言われてるんだって。
れは困る。
 
みんなで、ニコッと目を合わせながらする乾杯。
酔っ払ってるのもあって、めちゃくちゃ楽しかった。
久しぶりの朝帰り。
  
 
タクシーで帰る予定だったけど、朝7時だもん。メトロだって動いちゃってる。
 
 
ジュリアンは、自撮りが大好き。
どんだけ撮んねん!ってぐらい沢山撮る。ライトの加減とか色々調整しながら。
そのせいか、ジュリアンの自撮り写真の私は、いつもの3割り増しぐらい可愛く撮れてる気がする。
(夜遊びする時は変身の術を使ってます。ピンク忍者じゃあまりに目立ちすぎて危険だからね。)
日本にいた時は、金曜日の夜から、土曜日の朝にかけてする朝帰りが大好きでした。
酔っ払って疲れてへろへろで帰ってきて、目覚ましをセットせずに寝る幸せったら、もう。この上ない。
旅中もたまには、夜明び解禁しても罰は当たらないよね?
ジャマイカでは毎日する予定だけど。
一人だと色んな人との出会いが増える。でも、その分別れも増える。
ドライな性格じゃなくて、ジメジメ女々しい女忍者は、お別れするのがすごく苦手。
でも、この悲しい・寂しい感情も永遠じゃない。いつかは消え去るもの。
諸行無常瞑想修行の成果を試すために、神様が与えてくれた出会いなのかと思った。

お別れして5日ほど経つけど、まだ寂しいです。あれれ?(ી(΄◞ิ౪◟ิ‵)ʃ) 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です