バンスコという街へ。一人のニュージーランド人が移住を決めた場所




ブルガリアに来るまでは、首都のソフィアだけに行って、足早に他国へ進もうと思ってました。
ただ、ヤストリビノ(瞑想センターがある場所)までの道中で見た、バスからの景色がすごく良くて・・
もう少し時期が早ければ、一面の向日葵畑も見ることができたはず。

 

(ここでバスを降りて写真を撮りたい。って何度か思ったよ.. )


ブルガリアってこんなに自然が豊かなんだ!
ってビックリしたと同時に

首都だけを見て、その国を判断する自分が少し嫌になった。そこで思い出したのが、一人のニュージランド人。

「僕は、山がある生活があればそれでいいかな。」って話してくれた、瞑想コースで出会ったあの彼です。

彼はニュージランドから、ブルガリアのバンスコという街へ移住しました。

 



彼が移住先に選んだバンスコという街。彼が大好きだという山を見てみたい!と思い、次の目的地をバンスコに定めました。==

ソフィア→バンスコのバス

16Lv (約1,120円)

http://www.bgrazpisanie.com/en

↑ブルガリアやその周辺への移動は、このサイトで、時間を調べられますよ。
中央セントラルバスステーションから出発。3時間ほどかけて、バンスコへ到着。

 

バンスコは、スキー・リゾート地として人気。

世界遺産にも登録されているピリン国立公園への拠点にもなっていて、夏にはトレッキングもできます。

こちらが、泊まったホテル。


Family Hotel Bisser



冬のシーズンに備え、暖炉もあります。

トイレ・シャワー付きのダブルルームを一人で占領。

無駄に広いから、一人でベッドの上をコロコロ。(そして虚しくなる..)

 


↑テラスからの景色。

booking.comから予約して、朝食付きで9ユーロ。 久しぶりに優雅に過ごせました。

 

 

ドレッサーがあったからパチリ。
女忍者さん、夜遊びの時と移動の時は、絶対に変身の術を使います。

 

初めての場所へ移動する時は、いつだって慎重。徹底的に忍びます。

私が女忍者だということは、絶対にばれません。(以上、女忍者豆知識でした。)

 

 

さっそく街を散策。この子はツンデレ美少女。将来が楽しみな可愛さ。

 

大量の蒔きが、そこら中の家で積まれてました。

 

バンスコの伝統的な建物は、独特。
ヒョウ柄みたいで、なんだか可愛い。

 

 

 

 

お土産屋さんにあった変な着ぐるみ。

 
とりあえずツーショット。
 


調べてみたら、1月から3月にかけて開催される伝統的なお祭りクケリでは、
この着ぐるみを着て、街を練り歩くらしい。変なの。

 

出典:freesofiatour.com

出典:pararium.com

 

でも子供のクケリはすっごく可愛い。
あぁ、また行きたいなぁ。


 

 

そして、なぜかお土産屋さんで発見したのは。忍者にピッタリ!と思って早速購入。 4Lv(約280円)
何なんでしょうね、ブルガリア。
ソフィアには手裏剣もあったしね。

 

まさかの忍者推し?

 

 
せっかく買ったけど、この刀、無残にもバックパックの中で壊れちゃってました。残念。
 
==

 

街を少し歩いただけで感じました。
バンスコが、とても平和な街だということを。

 

 

いつもよりも、のんびりと流れる時間。

 

適度な田舎ぶりは、ゆっくりと静養するのにとても適してました。

 

うーん。静養してばっかり。最近。
どうしたんでしょう。

 

Holy Trinity Church

協会の前では、結婚式。

 


皆で輪になってステップを踏んで踊る。

(マイムマイムみたいな感じ。)

 

幸せそうな笑顔を見てると、こっちまで幸せになる。幸せのおすそ分けしてもらっちゃった。
 

明日はもっと自然を求めて、山へトレッキングに行きます。

ネパール以来のトレッキング(ી(΄◞ิ౪◟ิ‵)ʃ)
私、山ガールに目覚めました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です