MENU

宗教建築ってこんなに綺麗なんです!ブルーモスクにカーリエ博物館

2020 7/08
宗教建築ってこんなに綺麗なんです!ブルーモスクにカーリエ博物館

     

イスタンブールの宗教建築。まさにアートでした。

 

本題に入る前に、ちょっと聞いて..

私、基本安いドミトリー(男女相部屋)に泊まってるんですけどね。欧米人の男性って、パンツ一丁で寝てるんです。季節関係なく。

今朝起きてふと横を見たら、ネイトアーチボルトみたいな顔した、身長180cmぐらいあるドイツ人がスヤスヤ隣のベッドで寝てるんです。もちろん裸で。

 

あ〜。その色気は何なの?

朝からタダでいいもん見れて幸せです!w

==

トルコの中で、イスタンブールが一番モスクの数が多いらしい。wiki情報によるとイスタンブールにあるモスクの数。何と、3113。そんなに多かったんだ..

全部に行くことは日程的に無理なので、2つのモスクにだけ行きました。

まず初めに行ったモスクはココ。スレイマニエ・モスク。

丘の上にモスクがあるので、見える景色がすごく良かった。新市街が見渡せます。

これは、何のポーズか謎。

別のモスクに、海の青さが映える。

私は、仏教徒だけど(しかし仏教のこともそこまで詳しくない。)

モスクを見学するのは、すごく好き。

初めてイランでモスクを見てから、その装飾の細かさに虜になったのです。

トルコのモスクは、またイランとは違う美しさがあり、いつまで見てても飽きなかった。

ね、綺麗でしょ?ここ観光客も少なくてオススメ。

続いて向かったのは、有名なブルーモスク。 (スルタンアフメト・モスク)


大きすぎて写真に収まり切らない..

ここのモスクの装飾もすごく綺麗で..

素晴らしすぎて、ポカーンですよ。

ずっと天井見てたら、頭が痛くなったぐらい。

ここは有名なだけあって、観光客の数がすごく多かった。

余談ですが、女忍者の衣装はモスクにすごく適しています。(長袖だし、頭隠れてるし)

たくさんの女性がスカーフを借りてるのを横目に、スッと素通りで入場できる。それがいつもちょっとした喜び。

このブルーモスク、世界で唯一ミナレット(突頭)を6本持つという。近くからはよくわからなかったので、屋上にあるカフェから確認。

確かに6本。残念ながら1本は修復中だけど。

==

イスラム教とキリスト教は、やっぱり共存できないのかな?

有名なアヤソフィアは、キリスト教の大聖堂だったのがイスラム教のモスクに改修された。

ちょっと離れたとこにあったカーリエ博物館。ここも聖堂からモスクに改修されたけど、美術的価値が認められて無宗教の博物館となっている場所。

残念ながら、外装は工事中だったから写真はないけど、内装のモザイク画とフレスコ画。本題に素晴らしく美しかった。

・・

・・



・・

・・
・・

・・

・・

・・

・・

・・私のメモリーカードが、カーリエ博物館の写真で埋め尽くされましたとさ。

入場料(15リラ- 約620円)を理由に入場しなかった、てれさよ。もったいないことしたぞ。

宗教建築は最高のアート。まさに、それを実感した一日なのでした。


目次
閉じる