MENU

ベルリンっぽい?超巨大なテンペルホーフ公園 。

2020 7/10
ベルリンっぽい?超巨大なテンペルホーフ公園 。

どんな時にも、公園を探す女忍者です。

人がいっぱいいる観光地に行くよりも、公園でのんびり日向ぼっこするのがやっぱり落ち着くんだよね。

今日は、ベルリンにあった巨大な公園を紹介します。

ここ、元空港があった場所をそのまま公園にしたんですって。

だから、めちゃくちゃ広い!

徒歩だったら移動するだけで、疲労します。

 

のんびり昼寝してたせいで、夕暮れ時の写真しか撮れなかったのが残念。

そんな公園の中にあったアートな一角がコチラ。

私の思うベルリンってこんなイメージ。

人目を気にせず、思い思いに自由にくつろぐ人々。

もちろん、片手にビールを持ちながら。

この椅子は、なんだかエジプトぽいけどね。

ベルリンで忍者の衣装、着ててもあんまり視線を感じませんでした。
やっぱり、ベルリンは世界一自由な街だから?

何がいいかって聞かれたら、うまく説明できないけど
この世界観、大好きです。

私の家の庭も将来こんな、世界観にするんだ。


なんでも、花瓶になるんだよ。

<

夕日が沈むのを見届けてからお家へ帰りました。

==

「今日はどこへ行ってきたんですか?」

お借りしてた部屋のルームメートの大学生に聞かれて、 テンペルホーフ公園!と答えた。

 

すると、彼がこの公園がまだ空港だったころの話を教えてくれた。

ベルリン大空輸。

 

ソ連が西ベルリンへの陸路を完全に封鎖してしまった。物資を供給する手段は空輸のみ。
全ての供給物資が、この空港経由で届けられたらしい。

 

約1年間も続いたベルリン大空輸。

このテンペルホーフ空港に離陸飛行機は途絶えることなく、毎分到着してたとのこと。

 

ちなみに、教えてくれたこの彼はドイツ語と英語がペラペラ。

それにもかかわらず、大学から帰ってきたら数時間欠かさず勉強してました。

そんな彼を見ていたら、ちょっと自分が情けなくなっちゃった。

圧倒的に努力のパワーが違うから

・・

あと、数か月だけだもん。

こんな生活も悪くないよね。人と比べないでおこう。

そんな適当な言い訳を自分に言い聞かせ、早々と眠りにつきました。


目次
閉じる