ムルシ族が車の中へ?【エチオピア民族巡り】




 

気分を入れ替えまして・・今日もエチオピアの民族巡りへ。
今日はムルシ族の集落へ訪問。

ムルシ族は戦闘民族。
ガイドと共にスカウト(ガードマン)も一緒に雇います。

スカウトを雇わずに行って、ニードルで攻撃された!
なんて話を誰かのブログで読んだからね。(おー怖。)

ジンカからは、2時間ほどでムルシ族の集落に到着。

ムルシ族も他の民族と同様に、写真を撮る際には1人5ブルかかります。

「ムルシ族は、お金にガメツい。」

そう、聞いてました。

うん。

本当にガメツかった。(笑)

到着した瞬間、まるで獲物が来たかのように、車に群がるムルシ族。

エチオピアの数いる民族の中でも、ムルシ族はすごく有名ですよね?

ムルシ族の特徴は、何といってもこの唇にはめ込む大きなお皿。

女性は、思春期(16歳ごろ)からお皿をはめだすそう。
皿は成長するにしたがって、だんだん大きなものに換えていきます。

ムルシ族の価値観では、大きな皿をつけているほど美しいと言われています。

ムルシ族も一夫多妻制。
男性は、何回でも結婚できます。そう。

さえあれば。

ムルシ族は結婚する際に、男性側が女性側へ牛を収める文化があります。(結納みたいな感じ)

お金持ちで、牛さえプレゼントできるのであれば、結婚は自由なのです。



「私を撮って!」 ものすごい勢いで囲まれながらも、撮影した写真たち。


・・

・・

調子に乗って、手裏剣持ってもらうやつ。

右側の女性の唇に注目。
これが、お皿をはめてない状態の唇です。


Photo by Teresa


Photo by Teresa


Photo by Teresa

「こういう風に撮りたいの!」

そう、ムルシ族に指導中の写真。

撮りたかったのはコレ。

「ムルシ族とチャンバラごっこ。」

うーん。頑張ったわりには、微妙(笑)

この人は、「フォト、フォト!」って、握手した手を中々離してくれなかった。
「しつこいところが私とそっくり..」 そう根気負けして撮った一枚。

5ブルさえ渡せば、結構写真リクエストにも応じてくれます。

 

沙矢加さん(@nappy.saya)が投稿した写真2016 1月 14 10:39午後 PST

そして、ムルシ族の前でも、三転倒立

ムルシ族の前で三転倒立したの私が初めてではないんでしょうか・・?
ここでも、大歓声が起きて、すっごく嬉しかったです。

*

「ここまで乗せていって!」

私たちの車に乗り込むムルシ族のお母さん。

唇見せて!って言ったら下唇を「びろ~ん。」と引っ張ってくれました。

彼女曰く、痛くないみたいです。

「5ブル!」 

車の中でも、やっぱり、お金に厳しいムルシ族なのでした。。

エチオピアの民族巡りツアー

◆ムルシ族にかかった費用◆
・車1日チャーター(120ドル÷6)20ドル
・公園入場料230ブル(約570円)
・入村料 200ブル(約855円)
・ローカルガイド料(300ブル÷6)

50ブル(約285円)
・スカウト (110ブル÷6)
18ブル(約100円)
・写真撮影代(1人撮影につき原則5ブル) 約510円使用

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です