ザンビアの快適宿に日本人集結* in リビングストン




旅は出会い。

よく聞く言葉ですね。

アフリカ大陸はこれまで旅した中で、断トツで日本人と絡む機会がありました。

陸路でアフリカを南下する際、ルートがだいたいカブってくるのが原因ですかね?

 

そんなこんなで、ザンビアの快適宿 Fawlty Towers に集結した日本人10人。
初めましての人は誰もいなくて、みんなエチオピアとケニアで会った人ばかり。

 

良い宿に引き寄せられて、みんな再会することができました。

 

 

では、快適だったFawlty Towers の様子を少しご紹介。


ここには広々とした、超綺麗なプールがあります。

 

そして、可愛い猫さん..

 

夜になると、ムーディにライトアップ。

 

オシャレなバーカウンター。


部屋はドミトリーですが、

 

超清潔。あまり人を詰め込め過ぎないので、ドミトリーだけど3日間はてれさと2人で部屋を占領してました。

お昼15時にはパンケーキと聞いてたのですが・・

 

でない日の方が多い。
そして、しょぼい。笑

 

日本人宿ってわけじゃなく、欧米人や地元ザンビア人も泊まってました。

 
暇だったので、料理学校の下見にリビングストンに訪れていた、ザンビア人にヘナをしてあげました。


でも、黒人さんにするのは初めて。 ちゃんと色づいてたかどうかは不安。

 

ここの宿のデメリットは、値段が高め
(1泊12ドル)なことと、夜に外に出ると蚊が多すぎなこと。
まぁ、これを差し引いても、居心地良すぎでした。Wi-Fiもサクサクだし。

 

節約派の方は・・ Livingstone Backpackers ここでテント泊すると、もうちょっと安くあがるみたい。

 

 

物価が高いと聞いていたザンビアですが、そこまで高くない。
(ザンビアクワチャの価値が以前より、がくーんと下がったのが原因?)

 

そして、嬉しいことに肉が激安!


これ、牛ステーキ2枚で21.29クワチャ(約210円)

 
キッチンがあったのでココではほぼ自炊。ここぞとばかりにを食べました。

ある日のこと。

 

この肉の安さを利用して、みんなでバーベキュー大会!


 
炭火で焼くお肉は、最高に美味しいのです。

 

このバーベキュー。
ただのバーベキューではないのです。


2月生まれの方(範囲広っ!)のバーベキュー誕生日会。

食後には、ケーキも登場したのでした。
image
*
私は一人で自由に旅するのが好き。
てれさと二人で旅するのも好き。(楽できるからw)

 

そして皆んなと過ごす時間も、もちろん好きなんだなぁと改めて実感した夜。
てれさがお酒飲まないから、一緒に飲んでくれる人がいたら、それだけで嬉しいんですよねぇ。

 

楽しい時間はあっという間。ここに滞在した6日間は驚くほど早く過ぎていったのでした。

そして、その6日間。私はハングリーライオンのソフトクリーム3クワチャ(約32円)を
1日1個食べてました。そりゃ太るわ|д゚)

 

 

2 件のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です