30歳にして、初めて虫を食す。




ザンビアは、リビングストン。

宿が快適すぎたせいで、6日間もダラダラしてしまいました。

(快適すぎる宿の詳細は、次記事にて。)

このままでは、いけない!と、あることにチャレンジしてきました。

てれさと、宿で出会ったこうじくんと。

(そう、ご覧の通り、忍者活動もここにいる間は、お休みしてました。)

こうじくんとは、ケニアのナイロビでも一回会ってるのですが

その時は、こんなに気が合うとは思ってなかった。笑

お調子者なところが、私の友達とそっくりなのです。

そんな3人で、宿の近くのレストラン(Cafe Zambezi)へ行きました。

で、頼んだのがコレ。

・・

Caterpillar

・・毛虫

ここは観光客向けのオシャレなレストラン。

メニュー表を見る限り、Greek Saladや、Goat Curryなど

普通に美味しそうなものばかりです。

そんな中、私たちが注文したのがコレ一皿。

Caterpillar 30クワチャ(約320円)

店員さんにも、「何で?」と訝しげに見られましたよ。

毛虫だけでは何なので、南アフリカで有名な甘いリキュール

アマルーア 1杯10クワチャ(約105円)も注文。

毛虫をつまみに、お酒を飲む!・・なんて、粋な試みでしょ?

いざ、実食。

こうやって、見てしまうと、食べるのを躊躇するので

目をつぶって頂きました。

お味の方は?

良く言えば、甘エビの唐揚げみたいな味。

カリカリしてて、美味しい。とまでは言えないけれど、食べれなくはない・・

そんな感じです。

私が芸人さんだったら、きっとリアクションがとりずらかったでしょう。

それにしても、量が多い。

てれさは、絶対に食べたくない!と一個も食べなかったので

こうじ氏と二人でこの量の毛虫を完食しました。

一人20個以上は食べたんじゃないでしょうか?

私の胃袋は虫でお腹いっぱいになりましたよ。

ちなみに、かかっている赤いソースはスイートチリソースです。

*

ザンビアでは、毛虫を食べる文化があるようです。

道端でも、大量の毛虫が売っていました。


・・



食糧難を救うのは昆虫。

そんな声もあるほど、栄養価が高い昆虫・・

ザンビアに来たときは、是非チャレンジしてくださいね。

 

2 件のコメント

  • こんにちわ
    ブログ冒頭の文章に大爆笑してしまいましたwww
    『暇だったので虫を食べてきた・・ 』
    虫を食べる理由が「暇だから」wwwとは言え、こういった食レポは大好きです
    蛇や虫が苦手な旦那さんは可愛いですね。案外女子力が高いのかもしれませんwww
    前回コメントはできませんでしたが、大きな猫さんとの散歩。とても羨ましいです
    そして可愛いです。人懐っこい大きな猫さんとても可愛くて羨ましいです‼
    これからも気をつけて楽しい旅を
    一路平安

  • orishinさん
    爆笑いただきありがとうございますw
    てれさは、女子力高めですかね(笑)
    めちゃくちゃ、頑固です。一個ぐらい食べたらいいのに!と思ってしまいますw
    ライオンさんは、写真では可愛いんですけど
    実際はめちゃくちゃ迫力があり、怖かったですよ~!!
    8か月であれなら、大人になったライオンさんはどうなるんだと
    すっごく興味が沸きました。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です