MENU

ナミビアでレンタカー探しに翻弄・・やっぱりココはアフリカだった!

2020 7/09
ナミビアでレンタカー探しに翻弄・・やっぱりココはアフリカだった!


ナミビアでは、レンタカーで周遊する予定だった。じゅんくんと、えいみちゃん と。

ツアーより、レンタカーで周った方が安いからね。

 

このカップルとは、エチオピアで一緒に車をシェアした仲。

二人とも酒豪で、酔っぱらった二人は、特に面白い!



*

エチオピアのレンタカーでは、うまく行かないことが続いた。

・・なので、今回はそれを避けよう。

 

それでなくとも、ナミビアのレンタカーの事故率驚異的な数字なのだから。

インターネットで、車を探すときにも念入りに保険内容を4人でチェックして申し込んんだ。

 

ネットで申し込んだだけでなく、直接会って保険の話をしたかったので

翌日タクシーに乗って直接店舗へ行った。(一人10ナミビアドル)

 

すると、衝撃の事実・・

「車?そんなのないわよ!」

 

開口一番 、受付の女性は答えた。

私たち「え?でも、インターネットで予約できたけど。」

 

「ないものは、ないわよ!」

・・らしいです。涙

 

横で聞いてた、お兄さん。

「ネットは何にも問題ないよ。ただ、食べ物屋さんと一緒で、食べ物屋さんに食べ物がなかったらどうすることもできないだろ?
売ることができない。俺たちは待つしかないんだ。」

こう、話してたらしいです。

うん、よくわからないけど、そういうことだ。

その後、何件かレンタカー会社を周るも、レンタカーはなく振り出しに戻る。

 

人数が多い方が、安くなるだろう。と、宿が一緒だった、ゆうじろうくんとしのさん。

ゆうきさんと、めいさんも混じり、メンバーは4人から8人に増えた。

(まだ、車は手配できてないけど・・)

 

お姉さんが大活躍!

このお姉さんに、私たちは救われたのだ。

最後の頼みの綱、エロス空港(本当にこの名前)に何件かレンタカー会社がある。

それを聞いて、私たちは空港へ向かった。タクシーで1人10ナミビアドル。

 

案の定、レンタカーはすぐにはなかったのだが、空港内にあるNAMIBIA AIRPORTS COMPANY

ここのお姉さんが、持っている名刺を駆使し、手あたり次第に電話で聞いてくれたのだ。

・・それでも、返事はNOの連続。

 

私たちは、半ば諦めかけていたけど、彼女は諦めていなかった。

・・そして、怒涛の電話攻撃の結果。

 

一社だけ大型車(14人乗り)が見つかった!

ドライバー込の値段が条件だったけど、明日、レンタルできることになりました。

「ありがとう、お姉さん!」 この写真は、そんな直後に撮った写真です。

 

3泊4日のレンタカー旅。

 

14人乗りの車は、12000ナミビアドル(約85936円)でレンタルできることになりました。(入場料、ドライバーの食費・宿泊費などは除く。ガソリン代、保険代などは込み

÷8人なので、一人15000ナミビアドル(約10742円)

 

利用した会社は、Tok Tokkie Shuttle

mail ⇒ tokkiebookings@shuttlesnambia.com

 

結果的に、私たちのこの選択は大正解だった。

明日から、楽しかったツアーの内容を書いていきます!

 


目次
閉じる