珍しく、自分の意見を主張するてれさ・・




 

若くて謙虚。私たちのドライバー シエン!

 

お昼頃、セスリムにあるSesriem Rest Campへ到着。

 

テントを張り、スーパーで事前に買ってきた昼食を食べた。

 

私たちはこれから、DUNE45(ナミブ砂漠の名前)の夕日を見に行き
朝日の時間にデットフレイに行く予定でした。

しかし、宿のスタッフさんの言葉・・

「デットフレイは、宿泊先から遠いので朝日の時間には、間に合わないよ。」

私たちが予定していたプランではなく、違うプランを提案されました。

(厄介なことに、ここの宿、開閉時間が決まってるんです。)

「どうする?」 と、みんなで相談。

「スタッフがおススメしてくるぐらいだから、その方がいいんじゃない?」

多分、みんなそう思ってたんじゃないかな?

でも、珍しくてれさが主張しだした。

「俺は、絶対に朝日をデットフレイで見たい!」 と。

デットフレイって、まるで絵みたいに見える写真で、有名な場所。

sidebar_main_image
出典 nationalgeographic.jp

(絶景特集なんかで、一度は目にしたことあるんじゃないかな?)

この絵みたいに見える時間って、ほんの一瞬だけ。

それが、日の出前の時間なんです。

なので、日の出前に間に合わないと、この景色を見ることができない。

てれさは、この絵みたいなデットフレイを一番楽しみにしていたよう・・

『時間に間に合わなかったら、行っても意味ないんじゃない?』

でも、てれさは引かない。

(我らが)daikiさんのブログでは、朝日の時間にデッドフレイへ行き、絵画みたいな写真が撮影できたよう。
やっぱり団体行動なので、みんな多少は周りに気を使う。

自分の思ってたことと違った意見でも、こう強く主張されたら、なんとなく否定しがたい空気間・・

それを、うまくまとめてくれたのが、ゆうじろうくん。

ほんまに上手いことまとめてくれました。私より年下なのに、大人で、できた人です。
(しかも料理上手で、いい体してて、空手もできるって、最高か!)

 

結果、どうなるかはわからないけど・・

私たちは元々予定してたプラン。夕日の時間にDUNE45。朝日の時間にデットフレイへ行くことにしました。

*

てれさが「ここに行きたい!」って、主張することって、すっごく珍しいんです。

というのも、いつもはその逆で・・

私が、ここに行きたい!」って言うのを「俺は、行きたくない!」って全力で否定する方。

そして、渋々そこに行った際には、自分が否定してたことも忘れて「来てよかった!」なんて満足している。

まぁ、それにいつも超イライラしてるんですけど・・

加えて、平和主義者な彼が、団体行動でここまで主張するってことは
そうとう行きたかったってことでしょう。

どうか、朝日の時間に間にあって、写真通りの絶景が見れますように・・







 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です