MENU

アラサー8人夏物語。ナミブ砂漠ではしゃぐの巻。

2020 7/09
アラサー8人夏物語。ナミブ砂漠ではしゃぐの巻。

ナミブ砂漠で、前ならえ!アラサーになっても、こんな絶景なら、くだらないことではしゃげるんだよ、

ということで、夕日を見に訪れたDUNE45

先にナミブ砂漠を訪れていた世界一周アヤレミ旅 のアヤさんに、こう聞いていた。

 

「さあちゃん。ナミブ砂漠まじキツイよ!ダナキルよりきつかったよ!」って。

アヤさんも、私と一緒で体力なし子。

 

・・え!

ナミブ砂漠がきついなんて、聞いたことないんだけど!

世界一過酷なツアーと言われているダナキルを超えるきつさなんて・・

 

それは、恐ろしい。

そんな訳で、覚悟して及んだナミブ砂漠。

DSC_0071

到着した、DUNE45(ナミブ砂漠の名称)はこんな場所。

この砂丘の上を登ります。

先を進む6人。

歩くのが遅い私に、歩みを合わせてくれるてれさ。

・・

Photo by JUNYA&EIMI

 

アヤさんが話していたことは大正解だった。

砂丘を登るのが、こんなにも辛いと思わなかった。

 

そして、自分が皆と比べて、こんなにも体力がないなんて思わなかった。

あれ?一応ヒマラヤトレッキング成功したのになぁ。

 

あん時は、なんか変なアドレナリンが出てたのでしょう。

何度も「もう、このまま一人で下に降りよっかな。」と、諦めそうになりながら無事、上の方へ到着。

てれさよ。

「もう、しんどい。登れへん!」 って、愚痴ばっか言うてごめん!

(あーめんどくさい女。)

登り切った先から見たナミブ砂漠は、想像通り綺麗だった。

・・

・・でも、もっと赤いもんだと思っていたから、ちょっとばかし拍子抜け。

ナミブ砂漠と言えば、紅白でMISIAが生中継しながら歌っていたことが印象に残っていた。

 

あんときテレビで見たナミブ砂漠は、もっと赤色じゃなかったっけ?

そう思い検索したら、ナミブ砂漠の色は、さほど赤くなかった。

 

 

人間の記憶って、なんて曖昧なんだろう。

 

*

夕日まで、まだ随分と時間がある。

私たちアラサー8人は、時間を潰すように記念撮影タイム。

IMG_1275

砂埃が舞い込む中


IMG_1206

何枚も、何枚も写真を撮った。


IMG_1246

知らない人同士。

きっと、もう会うこともないだろう人と、何枚も何枚も何枚も集合写真撮って何が面白いんだろう。

批判承知で書けば、私はウユニ塩湖にいた時、こう思ってしまった。

 

このナミブ砂漠の時に、そういう感情が産まれなかったのは少ない時間ながらも、一緒に旅する中で、みんなのことを好きになってたからだと思う。


IMG_1193

旅は、一期一会。

そう思えば、ウユニ塩湖のツアーでも、皆と過ごす時間をもっと大切にしておけば良かったと、少しばかり後悔・・

まだまだ、日は沈まない。

IMG_1355

Photo by JUNYA&EIMI

でも、最初登って来た時と比べれば、砂の色が心なしか赤くなってきた。

相変わらず、砂埃はやまない。

照りつける太陽に汗をかき、砂埃が舞う中、夕日を待つ。

 


想像したよりも、辛い環境。こんな時は、瞑想するに限る。

*

夕日が沈み切る前にタイムオーバー。

宿に戻る時間が、近づいてきた。

降りるのは、登るよりも数倍楽。

一気に、駆け下ります。

DSC_0291

完全な夕日は見れなかった。

でも、みんなと一緒にはしゃいだDUNE45。

DSC_0292

辛かったけど、今思えば本当に楽しい思い出になった。

いや、ほんとキツかったけど。


目次
閉じる