MENU

忍者の格好してますが、体力はクソです・・

2020 7/09
忍者の格好してますが、体力はクソです・・

今日は、早起き。

なんてったって、念願のデットフレイなんだから。

宿の開門時間の少し前に、門の前で待機しとこ!って話だったのですが・・

私だけでなく・・

なんと、全員寝坊。

朝早いってわかってるのに、深夜2時ごろまで大富豪してましたからね。
(大富豪にはまるアラサー達って、どうよ!w)

開門時間より、少し遅れて車は出発。

デットフレイまでは、4DWでしか行けないので、途中で乗換え。

到着したときは、専用車がなく焦りましたが、10分ほど待って無事乗車できました。

寝坊したこともあり、焦る8人。

この時は、まだ日は明けてません。


寝坊したから、みんなスッピン。

専用車を降り、砂地を20分ほど歩きます。

そして現れたのは、デッドフレイの裏にあるソスフレイというでっかい砂漠。

 

朝日を見るために、他の観光客は皆、この上へ登っています。

デットフレイには、この砂丘を登らなくても辿りつけるのですが 、

せっかくだから・・と、皆で上を目指します。

・・が、

当時、絶賛旅の倦怠期中だった私は、登るのを途中で諦めて、デットフレイの元へ行きました。

(だって、登るのしんどかったんだもん!w

ソスフレイから、見下ろすデットフレイ。

女忍者は、ここにポツン。

朝日が登るのを1人で待ちます。

ソスフレイで朝日を見終え、移動してきたであろう見知らぬ日本人カップル。

 

「あの人、ずっとここにいたよね・・」

訝しげにそう話しているのが聞こえましたが、仕方ありません。

昨日のDUNE45で、もう体力を消耗してしまったのだから。

 

でも、このソスフレイ。

私が言うのもなんですが・・

 

登った方がいいですよ!

「DUNE45よりも、断トツに好き!」

口を揃えてみんなそう言ってましたから。

 

…えぇ。私は登りませんでしたけどね。

では、皆が絶賛した景色。

 

てれさの写真でお届けしましょう。

こんな壮大な景色が見えたらしいです。

・・

登りゆく朝日。

赤く照らされる、ナミブ砂漠。



見渡す限り広がる、砂漠。

・・

黄昏れるジュンヤくん。



朝日に照らされたソスフレイ。

 

ここからの景色は、間違いなく、このレンタカー旅のハイライトだったみたいです。

 

女忍者みたいにヘタれずに、みんなは頑張って、登ってね♡

 

長くなったので、デットフレイの記事は明日にでも。(まだまだ引っ張ります..)

目次
閉じる