私の知らない世界。




宿のキッチンの設備が十分じゃなかった。

玉ねぎを刻むために、友達が借りてきたナイフ。

なにやら、白い粉がついてるな・・と思ったら、コカインだった。

泊まってた宿。

南米の人がほとんどで、コロンジア人が特に多かった。

コロンビアというと、危険なイメージがあるけれど、
皆総じて優しくて、親日家な人ばかり。

「コロンビアのココとココには、絶対行った方がいいよ。」

「貴重品を持って、出歩かないでね。」

お父さんか!って思うぐらい親切に教えてくれた。


「日本人の女の子と、友達になりたい。」

そんな理由で、日本語を覚えたいって人もいた。

Te amo (= I love you) を トイレットペーパーで真剣に練習する大人を見るのは、なんだか微笑ましかった。

私の貴重なトイレットペーパーだけど。(笑)
こういうとき、もっと字が得意だったらいいのになって思う。

キトでの滞在が意図せず伸びた私。

観光するのも飽きちゃった。

屋上や、誰かの部屋に皆で集まって、お酒を飲みながら映画を見たり、ダンスしたり、お話したり。

そんなダラけた生活が心地よかった。

女忍者
3か月ほど旅した南米だけど、ココ以外で南米の人と絡む機会ってほとんどなかったんじゃないかな?

 

日本にいる時よりも、誘惑が増える旅中の生活。

マリファナを吸ってる人がいても、特に何も思わないけど
コカインを吸ってる(吸うっていうのかな?)人を見るのは、初めてだった。

小さいストローみたいなもので、片方ずつ鼻の穴からススーっと白い粉を吸い込む。

「吸う?」って、聞かれて一瞬戸惑った。

女忍者
それはナチュラルなもの?ケミカルなもの?

そう聞くと、「ケミカルだよ。」という答えが返ってきた。

ケミカルなものは、ダメ、絶対!
私の中でのルール。

好奇心旺盛な私だけど、そこには手を出さないようしていた。

「コロンビアではノーマルだよ!」そう楽しそうに彼らは話していた。

女忍者
本当に、ノーマルなのか?

恋愛観(SEX観)も全く私とは違ってて、彼らと話すとビックリすることばかりだった。

よくわからない単語が出てきて、詳しく聞くと相手を交換して行う(スワッピング)パーティだった。

「今度行こうよ、ヨーロッパや南アメリカではノーマルだよ。」と、誘われたけど

うーん。

やっぱり、なんかそういうのは嫌だ。

彼らとは、別の世界に私は生きてる気がした。

女忍者
世界って、広いんだなー。。

はたして、本当にノーマルなのか?

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です