MENU

コロンビアのインテリ、マルソフくん。

2020 7/09
コロンビアのインテリ、マルソフくん。

今はメデジンの日本人宿にるShuhari シュハリに滞在しています。

メデジンは、コロンビアの第二の都市で、世界で最も革新的な都市。

 

2013年にウォールストリートジャーナルとシティグループが実施した最も革新的な都市コンテストで1位に..!

地球の歩き方に載ってないみたいですが、旅人の間では有名な場所なのです。

(メデジン、美女が特に多いよ・・)

 

メデジンの紹介はまたするとして、今日はメデジンに住む一人のコロンビア人..マルソフくんの話でも。

マルソフくん(22歳)は、大の親日家。

こんな顔して、日本語ペラペラ。

ペラペラだけでなく、漢字だって書けちゃう。

「なんで、親を切るのに、親切っていうの?」

「家に来るのに家来なの?家に来るのは、お客さんじゃないの?」

うーん、そんなこと考えたことなかったよ。日本語って難しいね。

マルソフくん、今年日本にも行くんだって。

どうやら、日本語で話すスピーチコンテストで一位になってコロンビア代表に選ばれたんだって。

 

日本語何て、日本人しか話さないとってもマイナーな言語。

でも、日本が好きだから・・という理由だけでこんなにペラペラなのに、まだまだ勉強を続けるマルソフくん。

日本人として、嬉しいことこの上ない!

 

メデジンには、マルソフくんだけでなく日本語を勉強してるコロンビア人が結構いるのです。

そんな私も、マルソフくんに触発されてついにスペイン語の勉強を始めますよ..

 

もう南米も終わりの方だけど、勉強するのに、遅いなんてことないんだからね。

スペイン語の文法の本もいただいたしね。

昨日の夜ご飯は、なんとこくまろカレー。

シュハリのオーナーゆうすけさんのお手製!

飴色の玉ねぎと、ニンニクが隠し味。

 

日本を出発して、約1年半。

外国で初めて食べる日本のカレーは、最高に私を癒してくれました。

元気をもらった私は、今日の便でついに中米に向かいます。                        


目次
閉じる