クタイシの観光はここへ!人間世界遺産「メディコ&スリコ」の家でワイン三昧!

スリコ




こんにちは!女忍者(@nappy_saya)です。

 

女忍者
クタイシでとっておきの観光スポットを紹介します。

 

クタイシにある、メディコ&スリコの家

ここは、旅人の間で、すっごく有名な宿なんです。

HOTEL SULIKOの文字が目印!

屋上のブランコが気持ちいいし、超過ごしやすい。

洗濯機を無料で回してくれて、ここで干せます。

 

女忍者
バックパッカーにとって、洗濯事情は超重要だよね。

 

なぜ、ここが有名かって?

それは人間世界遺産がこの宿にはいるんです。

 

はい、このお方!

スリコ劇場なる呼び名がつくぐらい、このスリコさんのお酒の飲み方が凄い!!

ドクターストップがかかったから、もうお酒は飲まない..

そんな話も聞きましたが、見てください。

このハシャギ様。笑

ワインを持って登場したと思ったら、いきなり一気飲み。

スリコは日本人が、大好き。となりのトトロや、北風小僧の寒太郎のBGMをバックに『乾杯!』

そして取り出してきたものは、動物の角。これは羊。

この角。テーブルの上に置くことができない..つまり、注がれたら一気に飲み干さないといけないのです。

1日目は、同じく泊まっていた日本人。

貴俊くんがめっちゃ飲んでました。笑<

ごはんを食べ終えたら、一階にあるワイン貯蔵庫へ。

このワイン、実は自家製ワインなのです。

一気飲みしても、お酒の弱い私はすぐ潰れなかったから、ここのアルコール度数は多分少なめ。

そして、ワインと一緒にいただくのは、メディコばあちゃんが作ってくれる美味しいごはん。

香草がたっぷり使われてるので、めちゃくちゃ私好みの味。

どれも、すごく美味しくて思わず食べ過ぎちゃう。

ジョージアごはん、めっちゃ美味しいです。(はい、幸せな時間を過ごしてます..)

2日目は、チェコから来た5人組といっしょに食卓を囲みました。

流石、ヨーロピアン。

彼らの飲みっぷりも、凄かった..!

ワインだけじゃなく、コニャックも一気飲み。

チェコ語と、ロシア語は似てるそうで、スリコが話すロシア語の7割ぐらい理解できるそう。

それを英語に通訳し、一緒に会話してくれました。

正直、私が理解した英語は4割ですけども、お酒が入ってたらそんなの関係ない。

 

女忍者
楽しければ、それでいいのです。

心温まったのは、メディコとスリコのやりとり。

「メディコ、アイラビュー!」

そう叫びながら、お酒を飲むスリコ。

「エブリディ、ヒズクレイジー!」

そう言いながら、恥ずかしそうにするメディコ。

 

女忍者
でも、二人の仲の良い様子が伝わってきて思わずホッコリしました。

イート!イート!

シッダン!

ホスピタリー満載で、娘のように扱ってくれた、メディコに感謝。

 

女忍者
私の心は、あなたにすごく癒されました。

 

スリコは71歳。メディコは64歳。

いつまでも、元気で長生きして欲しい!

ジョージアに来たら、是非訪れて欲しいお勧め宿です。(お酒の弱い人には手加減してくれるので、大丈夫だよ!)

 

 

【宿情報】

Medico and Suliko Guest House

住所. Tbilisi St, 3rd Lane #6

WiFi、ホットシャワーあり。

1泊2食付き(お酒飲み放題) 1人 30ラリ(約1290円)

 

*バスターミナル(マクドナルド前)から宿への行き方

1番の路線バスでダビド広場へ。1人0.3ラリ。

そこからトビリシ通りを歩く。徒歩約10分。(バスターミナルから宿まで、タクシーだと5か6ラリ)

 

*クタイシ空港から宿への行き方

空港前の道で、まずはバスターミナルへ。

マルシュルートカ(マルシュ)というミニバスを捕まえます。1人5ラリ。

そこからの行き方は、上記参照。

※夕方以降だと宿まで直通で行くサービスがあるらしいです。1人5ラリ。空港のインフォメーションで要チェック!

 

 

スリコ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です