大好き!自然豊かなミュンヘンを観光&安宿(テント)情報!




こんな日本庭園もあるミュンヘン。期待せずに訪れたけど、自然がいっぱいでとても素敵なところでした。

ベルリンばっかり訪れてる女忍者ですけど、ドイツのミュンヘンも実は大好きな場所なのです。

◆ミュンヘンで泊まった安宿 THE TENT◆



住所:In den Kirschen 3080992 Munich

名前の通り、テントみたいな場所で寝ます。

000_sleep_2

出典‐http://www.the-tent.com/en_sleep_000_sleep_2.htm

まぁ、テントというか体育館みたいですけど。収容人数は100人ぐらい。数多くのベッドが、ずらっと並んでます。

こんな空間なので、冬はとても寒いそう..
(私が訪れたのは7月で寒くなかったけど、)

ブランケットは、無料で何枚も貸してもらえます。
110_sleep

出典‐http://www.the-tent.com/en_sleep_110_sleep.htm




こんなに大人数がいる空間で寝るのは、初めての経験。

テントの前には、鳥居みたいなものも建ってましたよ。

スタッフも親切な方ばかりで、ドイツの印象が格段とアップ。

床で寝ると、8ユーロ。ベッドで寝ると、12ユーロ。キャンプは、6ユーロ。

オクトーバフェストの時は、それぞれ値上がりします。

詳しい料金はこちらをチェック。

自炊できるスペースもあり、ここではほとんど自炊。海外に出て、ヨーロッパに入ってから自炊を始めました。

(慣れない自炊は、何作ってるのかわからなかったな..)



夜には皆集まってキャンプファイヤー。

お酒の持ち込みは禁止だけど、ここで買えますよ~。



宿を出て、街をぶらぶら。


うん、このノンビリした雰囲気悪くない。



ふらふら歩いて辿りついたのは、

ニンフェンブルク宮殿 Nymphenburg Palace



7月のミュンヘンは、こんなに綺麗な花も咲いてました。


DSC06757

あ~。のどかだ場所だったな~。



◆お勧めの場所 イギリス式庭園◆

ミュンヘンで一番好きだった、もっともっとのどかな場所。

(密かに女忍者も写ってるよ!)



なんなの、こんな空間でパーティーとか幸せすぎるんですけど。



こんな空間に、何やら似合わぬ物を発見・・!

ん?
サーフボード?



そうなんです、ここにある川でサーフィンができるんです。



川なのに、あるスポットでいい波が立つんですよね・・

でも、一人ずつしかできないから、皆順番待ち。



うまいこと波に乗れてる人がいたら、自然と拍手が沸き起こります。

この川では、泳いでる人も多数。



天然の流れるプール。



皆気持ちよさそうに、ぷかぷか浮いてました。

そして、驚くことに日本式庭園も、この空間にあるんですよ。

え?

ここは日本ですか?



日本から遠く離れた場所で、大好きな日本を想ってます。



ちなみに、昨日紹介したビアガーデン≪Biergarten am Chinesischen Turm≫も

このイギリス式庭園の中にあります。



2日目は、街の中心の方へも行ってみました。



ヨーロッパらしい建物が並びます。



触られすぎて、右乳だけ変色した像があったり・・



(触れば、願いが叶うそうな・・)



水遊びをする子供を見つめて、ニヤニヤしたり・・

アルテ・ピナ・コラーク(美術館)に行ったりしました。



ミュンヘンには、ピナコテークと呼ばれる代表的が三つあるそうですが

(アルテ・ピナコテーク、ノイエ・ピナコテーク、ピナコテーク・デア・モデルネ)

毎週日曜日は1ユーロで、入れちゃうんですよねー。

いやね、絵画のことはよくわからない女忍者ですが、1ユーロなら行きますよね。


教科書の中で見たことのあるものを、この目で見れて中々楽しかったですよ・・



・・



・・



作品はもちろんのこと、展示の仕方を見るのも面白い。
オクトーバーフェストで有名なミュンヘンですが、2011年のマーサー・ヒューマン・リソース・コンサルティングによる世界で最も居住に適した都市
ランキングで4位を獲得したそう。
うん、自然豊かで、ここなら私も住んでみたい!そう思える場所でした。






 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です