カウチサーフィンのイベントに、参加してみた!




こんにちは、女忍者です。

アルゼンチンでのスペイン語学校に通い中です。

ずっと学校と宿の往復だけでは飽きちゃうので、カウチサーフィンで知ったイベントに行ってきました。

どんなイベントだったかをレポートしたいと思います。

このイベントは世界中で開催されているので、外国人と友達になりたい方はぜひ参加してください。

女忍者
日本でも、ありますよ!

「カウチサーフィンの男性宅に泊まるのは危険だよ!」なんて記事も以前に書きましたが、イベントは女性一人で参加しても安全です。

 

 

 

これまでは、勇気がなくて参加しなかったカウチサーフィンのイベントについて。

カウチサーフィンって 泊めてもらったりするだけじゃなくて、カウチサーファー同士が集まるイベントに参加できるんです。

女忍者
私が今回参加したのは、Thirsty Thursday´s WEEKLY MEETING

ブエノスアイレスのパレルモ地区で、毎週木曜日に開催されている国際交流イベントです。

開始時間は、21時から。

まずは、一件目のバーに集合しました。

会費は、男性が130ペソ(約920円)女性が100ペソ(約700円)です。

会費を払うと一件目のバーでは、ビールとワインが飲み放題でした。

参加者はざっと20名ほど。

ちょっと遅れて行ったので、すでに輪が出来上がってました。

女忍者
やっば、どうしよう。

不安になりましたが、アルコールの力のお蔭で何とか話し相手も自然と見つかり、ホッとしました。

そうこうしてるうちに、次のバーへ移動。ここでは、飲み放題こそなかったものの、ウェルカムドリンクのショットが振舞われました。

女忍者
ここからの記憶は少しあいまいです。

三件目、四件目ぐらいバーをハシゴしたのかな・・

2時を過ぎた頃、最終的にはクラブへ皆んなでなだれ込みました。

女忍者
あー、久しぶりに酔っ払った。

結局帰ったのは、朝5じごろ。

女忍者
一人で誰とも話してない。

そんな暗い記事書いてた時だったんで、誰かとこんな風に遊べてすっごく楽しかったのです。

そして、なによりお得なのが嬉しい。

会費にクラブのエントランス代も含まれてて女性700円は安いです。

勇気がなかったから、他の国でこういったイベントに参加しなかったけど「もっと早く行っておくべきだった!」と思いました。

ちなみに、

女忍者
スペイン語の勉強になるかな?

なんて淡い期待もしていましたが、この日話されていたのは、主に英語でした。

私が仲良くなれたのは、旅行で遊びに来てるオランダ人と、フランス人、アメリカ人の男性と、ブラジル人の女性。

女忍者
タイプの人は、いなかったです。え!

あ、あと一人、ブエノスアイレスで働いてるアルゼンチン人とも話す機会がありました。

スペイン語を勉強してる!と話したので、色々と単語やフレーズを教えてもらったのですが、酔っぱらってるときに教えてもらっても、全く記憶に残らないんですよねー。

女忍者
まぁ、楽しかったからいっか。

受け身じゃなくて、自分から行動することが目的でしたから。

 

この日、唯一覚えたスペイン語。

ボラッチョ(男性)
ボラッチャ(女性)

意味は、酔っぱらいです。

2 件のコメント

  •  二つの地域を隔てる山脈のようなものがないのにもかかわらず、なぜ忍者の系統が伊賀と甲賀に分かれているのか、やっとつかめました。甲賀には製薬会社がたくさんありますが、伊賀には一つもありません。甲賀の方に正統性があるのではないかと思っていましたが、どうもそうらしいです。
     伊賀忍者の発祥の地は柘植で、甲賀からの派生したのか、はじめから独立した一派だったのか、はっきりとはしませんが、甲賀に比して問題にならないくらいの弱小派閥だったようです。しかし伊賀上野城の殿様が伊賀忍者を召し抱えてから勢力を拡大し、甲賀と肩を並べるほどになったようです。
     知っていましたか?

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です