MENU

【神】大学生がリゾートバイトするメリットを語ります!

2020 5/24
【神】大学生がリゾートバイトするメリットを語ります!

この記事を書いた人

Kagawa
大学生

大学3年生の時にリゾートバイトしてました!
趣味は、旅行と演劇です。

 

大学3年生の時に、熊本のホテルでリゾートバイトをしていました。

広大な敷地に、300棟以上のドーム型客室が並ぶ独特なリゾートホテル。

 

その体験は、私の人生の中でとても楽しいものになりました。

結論として、個人的には大学生にリゾートバイトはすごくオススメだと思います。

 

私の3か月間のリゾバ体験談を交えつつ、リゾートバイトが大学生におすすめな理由、

申し込む前に注意しておいたほうがいいところを書いていきます。

 

目次

リゾートバイトをしたきっかけ

高校生のときから、ホテルに就職するのが夢でした。

夢にむけて、大学1年生のときから、色々なホテルでアルバイトをしてました。

ホテル

もっと違うタイプのホテルも経験したい

そう思ったことがきっかけで、大学3年生の夏休みは、リゾートバイトで熊本のホテルで働きました。

熊本のホテルは、過去に2回家族旅行で訪れたことがあり、大好きな場所だったんです。

 

ちょうど求人で募集があったので、速攻で応募しました。

 

リゾートバイト中の生活

業務は主に客室清掃と、フロント受付のお手伝いでした。

ホテル

私は客室清掃をアルバイトで何度もやってきているので慣れてましたが、1ヶ月の間は先輩と一緒に部屋を回りました。

 

室内のゴミを集め、専用の大きなゴミ箱へ。

テーブルやテレビ台を拭き掃除したら、窓も拭いていきます。

 

私が働いていたホテルは、ドーム型の宿泊ヴィレッジでした。

5人ほどまで泊まることができるヴィレッジが300棟以上あります。

 

キングサイズのベッドが一つの部屋、シングルベッドが4つの部屋、お布団が5つの部屋等々..

7種類程の様々なヴィレッジスタイルがありました。

 

リゾートバイトのホテルで働いてよかったこと

熊本のホテルで3か月リゾートバイトをしましたが、働いてよかったと思うことを述べていきます。

 

一つ目:ヴィレッジスタイルの目新しさ

今までは都内のホテルで働いていたため、ビジネスホテル系はあまり客室に特色がありませんでした。

ビジネスホテル

通路スペースも狭いですし、窓を拭いていても外の景色はビルか、道路を挟んだ先のビル。

 

「仕事に面白みを求めるのはどうか」と言われそうですが、私たち客室清掃は、スピードと量が重要なお仕事です。

いそいそとシーツを回収し、窓を拭いている中で、見える景色がビルだらけではストレスは晴れません。

ビル

その点ファームランドは、お部屋ごとに外の景色が違います。

広大な土地に300以上のヴィレッジがあるので、窓からの景色が池だったり、林だったりするんです。

林

窓を開ければ新鮮な空気が流れ込み、部屋全てが通路といってもいいような、開放感あるドーム状の客室。

 

他のリゾートホテルを体験したわけではありませんが、宿泊がメインのビジネスホテルとは全然違います。

リゾートは、旅行や観光の気分を持続させつつ、旅行者をリラックスさせるような作りになってるんです。

 

お客様はもちろん、ありがたいことに客室清掃の私たちも、そのコンセプトにあやかることができました。

そのお蔭もあり、お客様がストレスなく利用できるよう、完璧に仕事をこなせました。

 

二つ目:習慣を押し付ける風潮がなかった

 

私が働いていたホテルは先に申したように、7種類300棟ほどのドームが並んでいます。

 

ビジネスホテルで清掃をしていた時は、先輩方にみっちり自分のやり方を教え込まれました。

「まずはここをやって次はそこ。」

「水回りは右から左にふき取る。」

 

先輩に付いていく期間が終われば、自分がやりやすい方法で進めればいいのですが、1か月ほどは先輩に付いて行かなければなりません。

 

しかも勤務先が変われば先輩も変わるわけで..

また違う習慣を一から学ばなければいけません。

 

こういう事態はこのリゾートバイトでも覚悟していました。

 

でも3か月の間、ずっと自分のやり方で業務をこなすことができたんです。

私の働いてたホテルは客室の種類が複雑でした。

 

パターンを覚えるより、黙って自分の慣れている方法で清掃していく方がずっと効率的だと先輩方は分かっていました。

自分のやり方で仕事ができるので、とても働きやすかったです。

 

三つ目は、そこまで業務量が多くなかった

散々書いてきましたが、ファームランドには300棟もヴィレッジがあります。

ですが、当然のことながら一人で300部屋をぜんぶ清掃するわけではありません。

10人で分担すれば30部屋、30人なら10部屋。

 

でも、毎日すべての部屋にお客様が宿泊されている訳ではないので、

だいたいこの半分を朝~夕方で回していって、150部屋を15人、10部屋で清掃します。

 

自分の持ち場というか、持ちエリアはだいたい決まってますが、

持ちエリアに二部屋しかなかったからといって、仕事がすぐ終わるわけではありません。

 

だからこそ、色んな種類・配置のお部屋を体験することができるのです。

 

10部屋というと、都内で働いていた時とさほど変わらない量です。

熊本という遠方なので、長期滞在される方が多いのも原因でした。

 

宿泊されている方のお部屋には原則として入らないので、その日当たりの担当が8部屋だったり7部屋だったりもしました。

 

リゾートホテルは広大な敷地があって大変そうに見えますが、それを補うだけの人員と、効率化された仕事体系でサポートはばっちりなのです。

 

リゾートバイトのメリット

 

遠く離れた土地でのアルバイト生活

リゾートバイトは、リゾート地でのお仕事です。

私は祖父のお家へ居候させてもらっていましたが、普通は寮に入ります。

 

寮の良し悪しは勤め先によって変わってきますが、先輩方が入られていた寮はなかなか待遇良かったみたいです。

一人暮らしから遠くの寮へ3か月間移って働くとして、3か月分は光熱費食費が浮くわけです。

 

私は月あたり17万円ほど稼いでいましたし、交通費も4千円でてました

ご飯も出て、住み込みで生活費もかからない!

 

頑張って働いたら「働いた分だけお金が手に入る!」

とっても嬉しいですね。

お金

私の場合は熊本でしたが、熱海、金沢、箱根..日本には様々なリゾート地があります。

そこへ旅行で行くなら長くても1週間ほどで、その土地を楽しみ尽くしたとは言えないと思います。

 

でもリゾートバイトなら、お金を気にすることなく、逆にお金が入りつつ、

1か月や2か月の間、その土地を楽しむことができるのです。

 

お休みの日に、ガイドブック片手に散策したり、グルメ記事を見つつ、おいしいお店に出向いたりできます。

 

私の時はちょうど同年代の先輩が居たので、おいしいお店に連れて行ってもらったり、オフの日に一緒にリゾートを回ったりしました。

とても楽しかったです。

旅行

大学生でリゾートバイトをするなら恐らく、1年間のうち夏休みか冬休みの2チャンスでしょう。

 

今年の夏はここに住み込みで働いて、これを食べつくして..

冬はここに働きに出て、先輩方と一通り遊びまわって..

 

リゾートバイトの働き先の決め方は、自分が一番行きたい観光先で選ぶのが一番楽しいと思います。

 

「近くにバイト募集してるリゾートホテルあるからそこにしようかな..」と決めてしまうより、

「夏休みあそこに旅行行きたいなー!でも3泊4日じゃあちょっと..」というときに探してみた方が、ずっとわくわくするはずです!

 

初めてのホテルバイトにぴったり

私はビジネスホテルや都市ホテルで働いてきましたが、リゾートホテルは大規模な施設がほとんど。

スタッフもたくさん採用することが多いです。

 

なので、大きいリゾートほど面接も通りやすい

リゾート側が徹底した仕事管理をしているので、働きに出る際の持ち物もいりません。

制服も一式貸し出し式です。

 

大人数で仕事を割り振るので、一人当たりの仕事量が理不尽に多いというわけでもありません。

様々な客室の種類があるので、自分の習慣を押し付ける頑固な先輩方もあまりいません。

 

最初の1ヶ月ほどは先輩について回るので、初めてのホテルバイトにはぴったりだと思います。

おいしい空気をたくさん吸って、落ち着いたリゾート地でアルバイトしましょう!



リゾートバイトのデメリット

 

住み込みなので途中抜けしにくい、そもそも遠い

寮に住み込みつつお仕事をするわけですが、とっても住み心地が良いのです。

光熱費食費を気にしなくてよく、窓からは大自然。バスで観光地にも行ける..

ずっと留まりたくなるじゃないですか?

 

でも、こんな環境に居ながらも、もし、お仕事や環境が合わなかったら..。

ここまでリゾートバイトの魅力を語ってきましたが、私は全てのリゾートを見て回ったわけでもないですし、

この記事を見てはじめられた方が、必ずしも全員リゾートバイトに合うとは限りません。

 

「ちょっと先輩方と合わないな.」

「別のリゾートにいきたいな..」そう思って仕事を辞めたくなった時が辛いと思います。

 

寮のお隣さんやら先輩方にご挨拶したばかりなのに、「もう辞めます」と伝えなきゃならない。

次のリゾート地の寮が良いとは限らない..。

 

私の先輩の一人が、「ここは合わなかったんだけど居心地よくて出にくくてね。慣れちゃったよ」と話されていたのを覚えています。

確か2年くらい働かれていたような。

 

・・といっても大学生なら、住み込みで働くことができても、休みの関係で最長3か月ほど。

1か月の時点できついなと感じたら、「単位があーだこーだ」言って、ささっと出てくることができるのです。

 

リゾートバイトに挑戦するのも、ささっとやめてしまうのも、どちらも簡単な大学生のうちにやってみるのはどうでしょうか??

 

これからリゾートバイトを考えている人へ

ここまで、リゾートバイトのおすすめなところ、ちょっと注意した方がいいところを書いてきました。

 

色々書いてきましたは、結局は自分楽しめるかどうかです。

楽しければ向いてなくとも続けられます。

 

ですが逆に、ちょっとでも楽しそうと思ったのなら!

自分の言ってみたかった観光地へ、リゾートへ、お仕事をしに行ってみるのはどうでしょうか?

 

私は熊本での3か月間、とっても楽しかったです!

大学を卒業して、個人的にまた旅行にも行きましたし、やってよかったと思います。

 

リゾートバイトの探し方

リゾートバイトのサイトが何個かありますが、おススメ順に紹介していきます。

サイトによって掲載されている仕事が違ったり、同じ仕事でも時給が変わったりします。

 

なので、一番おすすめなのはここで紹介するサイトに全部に登録すること(無料です)

もしそれがメンドクサイ方は、時給業界NO.1をうたっている「リゾートバイト.com」だけでも登録しておきましょう。

 

 

記事を読まれている学生さんも、この時期を読んで興味がでてきたらぜひ、リゾートバイトに挑戦してみて下さい。

心から、リゾバデビューを応援しています!


目次
閉じる