映画「無限の住人」の感想。本当に大コケなの?キムタクファンもマスコミと戦っていた!




こんにちは!女忍者(@nappy_saya)です

先週末に久しぶりに映画を見てきました。

同行者が選んだのは、木村拓哉さん主演の「無限の住人」です。

 

私はラブストーリーが好きなので、普段こういうジャンルは見ません。

前情報も何もなしに見たんのですが、思ったよりも面白かったので感想を書いていこうと思います。

 

この映画を見た後に、Twitterでなんとなしにつぶやいてみたんです。

するとものすごい数をリツイートされたのですが、なぜこんなにもリツイートされたと思います・・?

キムタクが戦ってるだけではなく、キムタクファンもマスコミと戦ってることが判明しました!

 

これから「無限の住人」を観てみようと思ってる方、木村拓哉さんが好きな方は是非読んでいってくださいね。

 

無限の住人の作品情報

監督は三池崇史さん、主演は木村拓哉さん。

映画「無限の住人」の原作となったのは、沙村広明原氏の人気時代劇コミックです。

ココからオンラインで読めます。

キーワードで「無限の住人」と入れて検索。

 

 

登場人物

木村拓哉さんだけでなく、豪華キャストが勢ぞろいしてます。

  • 木村拓哉・・万次(まんじ)役
  • 杉咲花・・浅野凜(あさのりん)/町(まち)役
  • 福士蒼汰・・天津影久(あのつ かげひさ)役
  • 市原隼人・・尸良(しら)役
  • 戸田恵梨香・・乙橘槇絵(おとのたちばな まきえ)役
  • 市川海老蔵・・閑馬永空(しずま えいくう)役
  • 山﨑努・・伊羽研水(いばね けんすい)役
  • 田中泯・・吐 鉤群(はばき かぎむら)役
  • 北村一輝・・黒衣鯖人(くろい さばと)役
  • 栗山千明・・百琳(ひゃくりん)役
  • 満島真之介・・凶 戴斗(まがつ たいと)役
女忍者

少しだけの登場ですが、金子賢さんも出演していました。

マッチョでムキムキの悪役で存在感がすごかったです。

 

無限の住人のあらすじ

なぞの老人によって、望んでもいないのに不死身の体となった万次(木村拓也)は、100人斬りの異名を持つ剣使。
ある日、少女・凛(杉咲花)と出会い、彼女の復讐のために用心棒として協力することになります。

凛の復習の相手は、剣客集団の天津影久(福士蒼汰)です。

たくさんの相手と激闘を繰り広げる万次のアクションに、目が離せません。

 

カンヌ映画祭に選出

映画「無限の住人」は、世界3大映画祭の1つである第70回カンヌ国際映画祭「アウト オブ コンペティション部門」選出されることが決まりました。

カンヌ映画祭の部門や賞構成は、色々とわかれていますが「アウト オブ コンペティション部門」とは、その名の通りコンペティション外の部門で、賞とは無関係の部門です。

過去に「アウト オブ コンペティション」に選出された映画は「マッドマックス」や「パイレーツ・オブ・カリビアン」など。エンターテーメント性が高い作品が選ばれる傾向があるようです。

木村拓哉さん
歴史ある映画祭。(特別招待作で)5千何百本の中から3~4本のうちの1本に入れたことは、うれしい。

出典-スポーツ報知

 

カンヌ国際映画祭は5月17日から開幕です。

この映画が海外でどう評価されのかが楽しみですね。

 

映画「無限の住人」を見た感想

さて、そんな「無限の住人」ですが、Twitterの140文字に収まらなかった感想をネタバレしない程度に書いていきます。

 

圧倒される殺陣

冒頭から、いきなり迫力のある殺陣シーンが繰り広げられてスクリーンから目が離せませんでした。この映画全シーンスタントなしでやっているんだそう。

木村拓哉さんや福士蒼汰さんはもちろん凄いのですが、私が特に心奪われたのが、現代版くの一の戸田恵梨香さん!超かっこいいです。

100人斬り、300人斬りなど、殺陣シーンは頻繁にあるので少しグロイです。

血がたくさん飛び散っていました。

ドキドキ・ハラハラするシーンが多くて、退屈することなく映画を見終えることができました。

ちなみに、帰るときはそのシーンを少し思い出して、ビクビクしながら帰りました。

女忍者
誰かが剣を持って襲い掛かってきたらどうしよう。 

 

映画の世界と現実世界の境目がなくなるぐらい、映画の世界にのめり込んでしまってました。笑

 

死ねないことの辛さ

万次は予期せずに不死身の体になったのですが、死ねない辛さがこの作品を通して描かれています。

死にたくなるぐらい痛烈な痛みを感じるのだけど、万次は死ぬことはできません。

いくら斬られても、手が取れても、自分で死のうと思っても死ねないのです。

 

友達や愛する人はみんな死に、自分だけが生き残る。

もし、私がそんな体になったら何を楽しみに生きていったらいいのだろう。

そんなことをぼんやりと考えます。

 

死ぬことは、悪いこと。悲しいこと。

負のイメージを持っていたけど、実際にずっと生き続けるとなるとそ、れはそれで考えものですね。

女忍者
闘病中の奥様がいる市川海老蔵さんにあのセリフを言わせるのか・・ 

 

キムタクファンのすごさを実感

 

さて冒頭の私のツイート、なぜあんなにもリツイートされたのでしょう。

その理由を説明します。

 

前評判は最悪だけど・・

「無限の住人は」4月28日から公開されましたが、公開前から各社マスコミによってネガティブな評論が続きました。

「キムタクの映画」「退屈」「大コケ」「大爆死」こんなワードが並びます。

こんな記事を見ていたら、「見に行きたい」と思う気持ちはなくなるでしょう。

 

「無限の住人」の第一週の興行成績は、観客動員数が約14万50000人、興行収入は約1億8,900万円で初登場6位でした。

第二週は、ランクダウンの8位。第三週は、10位でした。

「無限の住人」と同時期に公開された「名探偵コナン から紅の恋歌」の週末2日間の動員数が19万人、興行収入は2億4,300万円、初登場1位。

 

 

女忍者

確かに名探偵コナンには負けていますね。

後に「名探偵コナン から紅の恋歌」は2017年邦画興行収入ランキング1位に輝きました。

 

キムタクファンの戦い

「マスコミのネガティブな評論に騙されないで!自分の目で確かめて。」

キムタクのファンがTwitterを見て、映画を見た人の感想をリツイートしまくっているのです。

 

でも、実際に映画を見た人のTwitterでの感想は、概ね高評価!

ジャニーズファン以外の感想を選んで、掲載させていただきます。

 

それなのにマスコミによって「大コケ」と称されてた「無限の住人」

マスコミによる情報操作って「無限の住人」に限らずに、ヒドイですよね・・

「真の声を届けよう。」と凜を助ける万次のごとく、キムタクファンもマスコミと戦っていることがわかりました。

 

 

まとめ

 

マスコミのネガティブな記事の影響で、「無限の住人」に悪い影響を持つ人も多いでしょう。

でも、それが原因で見に行かないのはもったいない!

 

何事もそうですが周りの意見に左右されるのではなく、実際に目で見て・聞いて・確かめることが重要です。

映画を見てない誰かの評価でなく、自分でこの作品を見て評価してみてください。

 

 

日本のマスコミによる情報操作はひどいです。

でも悲しいのが、それを信じてしまう人がたくさんいるっていうこと。

 

いいですか?もう一度いいますよ?

周りの意見に左右されるのではなく、実際に目で見て・聞いて・確かめることが重要です。

先入観なく、無限の住人を観てくれる人が増えたらいいなぁー!と思って、今回この記事を書きました。

観るか迷われてる方は、ぜひ観てください。

そして、感想を教えてくれたら嬉しいです!

 

それにしても、こんなにもファンに愛されている木村拓哉さんは、やっぱりすごい人だなぁ〜!

おわり

2 件のコメント

  • 素敵な記事ありがとうございます!
    楽しく読ませて貰いました!
    一部、木村拓哉さんの漢字が「拓也」になってる部分がありますので
    訂正頂けるとありがたいです!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です