海外旅行記
Travel
ピンク忍者の格好で、世界約70カ国を旅しました。
観光地の紹介や、世界で出会った人びとの思い出。
アラサー女子の頭の中
Woman's Thinking
恋愛、婚活、美容、コスメ、節約、ファッション
Arrow
Arrow
Slider

バチェラー・ジャパン感想!25人の女性メンバーの女の戦いが怖すぎる。

こんにちは、女忍者です。

日本に帰ってから、Amzon プライム・ビデオに申し込みました。最近はテレビを見るよりもAmazonプライム・ビデオで、ドラマや映画を見ることにはまってます。

そんな中でも、やっぱり面白かったのは・・バチェラー・ジャパン!

バチェラジャパンじゃなくて、バチェラー・ジャパンですよ。

今日は、バチェラー・ジャパンの見所、感想を十分に語らせていただきます。

バチェラー・ジャパンとは

バチェラージャパンは、恋愛リアリティ番組です。

全国から集まった25人もの女性が、たった1人の男性を巡って本気で戦いを繰り広げます。

Amazonプライム・ビデオで限定配信

バチェラージャパンは、Amazonプライム・ビデオで2月17日より配信が開始され、4月28日に最終話を迎えました。

世界225カ国以上で放送されている人気番組「The Bachelor」がついに、日本上陸!ということで、とても話題になりましたね。

私は友達に「バチェラー・ジャパンが超面白いよ!」と薦められてゴールデンウイーク中に一気に見ました。

初代バチェラーに選ばれたのは、久保裕丈さん。

25人の女性が1人の男性をめぐって火花を散らすバチェラー・ジャパン。

どんな素敵な男性か気になるところですが・・本当に素敵な男性でした。

初代バチェラーは、久保 裕丈(くぼ ひろたけ)さん。1981年東京都生まれの35歳。

イケメン、東京大学工学部卒。

ファッション通販会社を3年運営後、売却。現在はフリーでコンサルタントをしているお金持ちの青年実業家。

バチェラー・ジャパンに出演しなくてもモテモテなんだろうなぁ。思ったよりも年齢が上で、ビックリしました。

身長がちょっと低い?

Twitter:@@hiro_takebo

Instagram:@hirotakekubo

バチェラジャパンの感想・見所

女の戦いが凄すぎる

25人の女の戦い、これがなんといってもバチェラー・ジャパンの見所だと思います。

最終的には、25人の中からたった一人だけしか選ばれません。選ばれなかった女性は、回が進むことにバンバン落とされてしまいます。

その焦りやストレスから、女の嫌な部分をみんなが存分に表しだすようになって、見てるこっちからしたら、非常に面白いのです。

例えば・・

久保さんとデートできる人を1人だけ、女性メンバーの話し合いによって決めるシーンがありました。

当然みんな自分が行きたいと思うのですが、それでは拉致があきません。

「○○ちゃんだったら、(自分よりも劣ってるので)行ってきていいよ!」なんていう、カースト的な思惑・発言がたくさんでてきてます。

あとは女性特有の陰口に、悪口ですかね。その場にいない女性メンバーについて「こんなこと言ってたよ!」とみんなで悪口を言い合う場面をありました。

女忍者 さん
・・うん、女って怖い。笑 

泣き出すメンバー続出

自分の好きな久保さんが、他の女性と話したりイチャイチャしてる場面を見なければいけないんで、泣き出す人が続出。トイレにこもって出て来ない人もいました。

「そんな泣くか?」と私も思ったのですが、実際あの場にいたらストレスや焦りから精神状態は大変なことになってしまうのしょう。

でも、女性の涙に男性は弱い!バチェラー・ジャパンを見て再確認しました。

薔薇を渡されて涙を流して喜んでいたメンバーに、「何かお返しをしたい。」と久保さんはそのメンバーにご褒美をあげてたし、

トイレにこもって泣いていたメンバーには、自分から探しに行って励ましてあげてたし・・

女忍者 さん
やっぱり、涙は女性の武器なのか?

「久保さんの気を引く以外、泣く理由ってありますか?」という名言も誕生しました。

久保さんが可哀想

番組の設定上、仕方がないことですが久保さんが可哀想でした。

みんなを傷つけないようにと、気を遣っているのが画面を通してめちゃくちゃ伝わってきました。

泣き出すメンバーをを慰めなければいけないし、ボディータッチされまくるし、「私のこと今何番目に好き?」なんていうめんどくさい質問にも対応しなければいけません。

久保さんは、途中ぐらいから「この子だ!」って決めてたと思うんです。

でも、まだ番組は残ってるし、番組のために思わせぶりな態度も必要になってきます。最初から、この子が選ばれるってわかってたら、番組が面白くなくなりますもんね。

その結果選ばなかった女性には、恨まれるし、ビンタされるなんていう場面もありました。

女忍者 さん
いや~、バチェラーって大変だなぁ~!

25人の女性メンバーの紹介

バチェラー・ジャパンの見所のひとつは、出演する女性の綺麗さにあります。

ここで、全国から厳しい審査を経て選ばれた25人の女性メンバーを、一挙紹介します。

最初は25人の女性がいますが、毎回最後に行われるローズセレモニーによって、薔薇を渡されなかった人は脱落していきます。

正直、最初は誰が誰かわかりませんでしたが、段々と画面に映る女性が少なくなるにつれて顔と名前を覚えるようになりました。

蒼川愛(あおかわ あい)さん

ニックネーム:あいちゃん

年齢:22歳

職業:大学生(早稲田大学・政治経済学部)

出身:島根県

Twitter:@tougarashi_suki
Instagram:@tougarashi_suki

大学生!男性受けがよさそうなタイプです。

飯倉早織(いいくら さおり)さん

年齢:26歳

職業:バイトAKB1期生・レポーター・バラエティ・CM・モデル ハジ→さん「BEER TALK。」MV出演

出身:埼玉県

Twitter:@saaao0714

背が高くて綺麗なんだけど、自分に自信がない雰囲気をかもし出してます。
なんで?そんなに綺麗なのに!

岡田ゆり子(おかだ ゆりこ)さん

ニックネーム:おかゆり

年齢:21歳

身長:170cm

職業:Qualiam所属・JELLY 読者モデル・初代K1ガールズ ・着物、着付け(師範・国際免許)・SONY【Xperia X Performance】TVCM高速カメラ篇

出身:東京都

Twitter:@yuriko_2027
Instagram:@yyy__0520

 21歳に見えないほどしっかりしてる。癒し系というより、強め・キツメな印象。

柏原歩(かしわばら あゆみ)さん

ニックネーム:あゆちゃん

年齢:26歳

職業:フードコーディネーター

出身:長野県

Twitter:@ayupichi.com
Instagram:@ayupichikitchen

こういうタイプの人は、すごく苦手です。

木村ゆかりさん

年齢:34歳

職業:Webコンテンツ制作、芸名 林村ゆかりとして活躍

出身:東京都

Twitter:@yukarice0
Instragram:@yukarice0
Blog:hayashimurayukari.com

有名美容師、木村直人さんの妹。HIP HOPのラップが趣味なんだそう。ギャップ!

木村有希(きむら ゆき)さん

ニックネーム:ゆきぽよ

年齢:20歳

職業:カリスマ動画クイーン

出身:神奈川県

Twitter:@poyo_ngy
Instagram:poyo_ngy
Blog:http://blog.crooz.jp/yukijunia/

ギャルに生まれギャルを愛しギャルに愛された女。

ギャルだけど、私が一番好きな女性メンバーです。

古賀あかねさん

年齢:22歳

身長:170cm

職業:モデル、2015ミスアースジャパン3位

出身:埼玉県

Twitter:@IamAkanetan
Instagram:@iam.akanetan

モデルなだけあって、スタイル抜群。久保さんに「スタイルが良すぎて緊張する」と言われてた人。

小竿双葉(こさお ふたば)さん

年齢:20歳

職業:事務

出身:山口県

最初の登場シーンの笑顔がすごく可愛いくて印象に残った人。普通っぽい感じで好感持てる!

現在、Twitterを削除されてます。

小菅怜衣(こすげ れい)さん

年齢:21歳

職業:女優見習い

出身:東京都

Twitter:@Kosuge_Rei
Instagram:@kosuge_rei

久保さんが一番初めに、ツーショットを申し込んだ女性。綺麗な人がたくさんいるなかで、「何で?」って思いました。

KONANさん

年齢:31歳

職業:DJ、タレント

出身:大阪都

Twitter:@konan_yade
Instagram:@konanyade

Blog:http://ameblo.jp/18prokonan

KONANさん、ロンハ-でよく見てました!サバサバしてて、女性メンバーに好かれている感じがしました。

坂本くるみさん

年齢:23歳

職業:TVタレント

出身:神奈川県

Twitter:@Kurumi214S

Instagram:kurumi_sakamoto

周りの女性を気遣ういい子なので、応援してました。心配して見に行った子に「友達でもない子に・・」と影でディスられてたけど・・。笑

沙倉しずか(さくら しずか)さん

年齢:29歳

職業:レースクイーン

出身:北海道

Twitter:@shi_saaa
Instagram:sakura_shizuka

 「本当見る目ないと思います。」去り際が良くなかったから、悪い印象を受けました。

辻川可奈子(つじかわ かなこ)さん

年齢:22歳

職業:技術専門学校 建築学科卒

出身:静岡県

Twitter:@knk0221k
Instagram:@kanako6221

最初に落とされちゃったので、あまり印象に残らなかった。

鶴愛佳(つる あいか)さん

年齢:33歳

職業:役者、ナレーター

出身:大阪府

Twitter:@tsuru_aika

鶴タッチで一躍有名に!思えば最初から折り鶴をプレゼントしたりして、強敵なキャラ。こんな人がライバルだったら嫌だ・・!

豊島はるかさん

年齢:26歳

職業:インナービューティーアドバイザー

出身:宮崎県

Twitter:@haruka0204t
Instagram:@haruka_toyoshima

セクシーオーラが半端ない!トイレで泣いていたシーンがすごく印象的。

中村美緒莉(なかむら みおり )さん

年齢:24歳

職業:翻訳家、グラビアアイドル

出身:茨城県

Twitter :@miori_tlt
Instagram:@miori_tlt

最初の自己紹介のときに、発音の良い英語を話されてました。

西村えりか さん

年齢:32歳

職業:ネイリスト

出身:福岡県

最初に落とされちゃったから、あまり印象に残りませんでした。

塗田麻美(ぬりた あさみ)さん

年齢:29歳

職業:大学院生

出身:大阪府

めちゃくちゃ大阪弁。大阪のおばちゃんみたいなノリで久保さんも緊張がとけてました。

橋本真依(はしもと まい)さん

年齢:30歳

職業:シンガー

出身:大阪府

Twitter:@HashimotoMai430
Instagram:@hashimotomai430

可愛いし、明るいし、頑張ってほしい!と思える人でした。

松長ゆり子さん

年齢:30歳

職業:女優、アクセサリーデザイナー

出身:静岡県

Blog:http://ameblo.jp/liiingo/

初めてツーショットデートに誘われた女性!

水野真莉絵(みずの まりえ)さん

年齢:24歳

職業:イベント制作アシスタント

出身:三重県

Twitter:@marieruyayo
Instagram:@marieru_mizuno

 24歳だったのね・・!若い。

南野カイリさん

年齢:26歳

職業:イベントコンパニオン

出身:島根県

Twitter:@minaminopon

この方も、最初に落とされちゃったのであまり印象に残ってません。

宮城智夏(みやぎ ちなつ)さん

年齢:21歳

職業:カレーショップ店員

出身:沖縄

Twitter:@chinatsu_miyagi
Instagram:@miyagi_chinatsu

沖縄出身。初めから「ギュしてください」って言ってて、ビックリしました。

森田紗英(もりた さえ)さん

ニックネーム:もりもり

年齢:23歳

職業:ウエイトレス

出身:北海道

Twitter:@saemooo
Instagram:@moricoff

 ほくろフェチ。色々こわい。けど、私はこのタイプだ・・!

山本沙樹(やまもと さき)さん

年齢:20歳

職業:愛犬家

出身:東京都

Twitter:@saruusakii
Instagram:@sakima_ru

女忍者 さん
職業が愛犬家?と思ったのは、私だけじゃなかった・・??

モデルや女優、コンパニオンなど、どこか事務所に所属している人が多い印象です。

テレビに出ることで、自分を売り込むチャンスですもんね!

女性に嫌われる女性

過去に放送された恋愛バラエティー「あいのり」「テラスハウス」もそうだったけど、番組が面白くなるのって、女性に嫌われる女性が登場するからなんですよね。

バチェラージャパンでも、「うわ~、この人苦手!」っていう女性がいたからこそ見ていてとても面白かったです。

柏原歩さん

出演者が選ぶ嫌いな女性メンバー、ナンバー1に選ばれていたのは柏原歩さん。おそらく、視聴者の女性も同意見でしょう。

この方が、女性に嫌われる理由は、あざとさ・ずる賢さですね。

男性の前で態度が変わる女子は、女性から嫌われます。

柏原さんの場合は、自分でも「トラブルは苦手だからあざとくいく。」と宣言されてました。影でコソコソ他の女性メンバーの悪口を言ったり、他の女性メンバーに嘘の料理情報を教えて陥れようとしてましたね。

もらった薔薇をみんなに見せ付ける態度は、全女性視聴者がイラッとした瞬間だったでしょう。

ちなみに、蒼川愛さんは、柏原さんよりもうまくぶりっ子できるあざとい女性ですが、出演女性メンバーからは嫌われていません。

あざとさをうまく隠すから、公に「嫌い」って言いにくいタイプの女性だからだと思います。でも、心の中で嫌い、苦手と思っている出演メンバーはたくさんいたと、私は予想しています。

森田紗英さん

森田紗英さんは、出演女性メンバーから嫌われていた方だと思います。
皆に悪口を言われ、最終的には泣いちゃっててかわいそうでした。

周りが見えなくなるほど、素直で突き進むタイプ。

そこが自己中心的に見えてしまい、女性に嫌われちゃってました。

鶴愛佳さん

ボディータッチで有名な鶴愛佳さん。

毎回、凄いボディータッチでみんなの度肝を抜いてました。

女性メンバーは「あんなに触ってる!」と嫉妬していたし、女性メンバーの岡田ゆり子さんは、明らかに嫌ってましたね。

ただ、鶴さんが久保さんに「泣いてる女の子がいるよ」って教えにいったことで鶴さんに対するイメージを覆した人も多いのではないでしょうか?

ライバルの女性を気遣うこともできる人なんだと、私はいい印象を持ちました。

女性視聴者に嫌われていた鶴さんですが、いなくなることで鶴さんが出てないことを寂しく思う声も続出してました。

癖はあるけれど、最終的には女性にも好かれるいいキャラの人です。

バチェラー・ジャパンは恋愛の勉強にもってこい?

25人いる女性の中から、たった1人に選ばれなけれないので女性たちは、自分を選んでもらおうと必死になってアピールをします。

「好き」を一直線に伝える女性、久保さんのためなら変われるとアピールする女性、自分の過去の恋愛について話す女性、ボディータッチをする女性、ガンガン押す人、控えめな人。

25人いれば、25人のアピールの方法がありますが、どういう風にアピールをした人が落とされて、どういう人が生き残るのかは、恋愛教材として、とても参考になります。

一般的に、男性は追ってはいけないものと言われてますが、ここではまず自分の存在をアピールしないと、薔薇をもらえません。

私は一回バチェラージャパンを見終えて2回目を最初から見る予定なのですが、最後に勝ち残った女性が最初からどういう風に久保さんにアピールしてきたのかに絞って、研究する予定です。

ちなみに、今の私の恋愛に対する考え方は、こんな感じです。笑

バチェラー・ジャパンを見る方法

バチェラー・ジャパンは、Amazonプライム・ビデオで限定配信されてますが、見るためにはAmazonプライムに申し込まなければいけません。

Amazonプライムは、年会費3,900円。月々325円です。
(Amazonプライム・ビデオには1ヶ月間の無料体験もあるので、最初は無料で見れます。)

【新プラン開始】

アマゾンジャパンは6月8日から、月額課金プランを開始しました。会費は月400円(税込)

今までは年会費3900円のプランだけでしたけど、月額から利用できるので、より手軽に利用できるようになりました。

この月額プランも、初めて会員登録したユーザーは30日間無料で利用できます。月間プランから年間プランへ随時変更することも可能だそうです。

私はAmazonプライム・ビデオを見るだけのために申し込んだのですが、Amazonプライムには他にも、様々な特典があるようです。

  • Prime photoでカメラや携帯で撮った写真を何枚でも保存できる。
  • Prime Musicで、100万曲以上が聴き放題。
  • 対象のお急ぎ便、お届け日時指定便が無料。
  • Kindle電子書籍かFireタブレットを持っている場合、対象のKindle本から好きなタイトルが毎月1冊無料。

私は、Amazonプライムの他の機能を使ってません。正直Amazonプライム・ビデオを見るだけでも、入会してよかったなぁ~!と思っています。

バチェラー・ジャパンを見終わった今は、Gossip Girlにはまってます。
その後は、Sex and the cityを見る予定です。笑

まとめ

女性の嫉妬が渦巻くバチェラー・ジャパン。聞いていたとおり、予想してたとおり、すごく面白かったです。

人の恋愛模様を見るのは楽しいなぁー!

バチェラートークをしたいので、是非みんなにも見て欲しい。


セカンドシーズンも決まったみたいなので、次のバチェラーに会えるのが楽しみでしょうがありません。

興味が湧いた方はアマゾンプライム会員になって見てくださいね!


↓Amazon プライム・ビデオはこちらから無料体験を試せます。

バチェラー・ジャパン好きには、こちらの海外恋愛ドキュメンタリー番組も超お勧めです!

【アー・ユー・ザ・ワン?】その後は?ネタバレあり。外国の恋愛スタイルを勉強しよう!
こんにちは、女忍者です。 Amzon プライム・ビデオに大はまり中! 以前、こちらのブログで「バチェラー・ジャパン」の記事を紹介させていただきまし...