中華料理と温泉 inアディスアベバ。エチオピアでだって、癒されたい!




癒されたいがために、全力で調べてみた。

病気になったこともあり、思ったよりも長く過ごしたアディスアベバ。

たまには、贅沢をしたい!という欲求が、日増しに強まります。
そんな私が考えた今日のプラン。

題して、

「アディスアベバで癒しを。中華料理と温泉ツアー!」

まずは、マスカル近くまでミニバスで移動。
一人片道2.5ブル(約14円)

 

エチオピアで中華料理

China Bar And Restaurant

China Bar And Restaurant

マスカルスクエアの近く。 高架下のバス停のそばです。

China Bar And Restaurant

高級感のある店内にドキドキ。

China Bar And Restaurant
酢豚が食べたかったけど、豚がなく・・(残念)

チキンスイートチリ

酢鶏です。チキンスイートチリ153ブル(約845円)

でも、これがめちゃくちゃ美味しかった。カリッと揚げられてます。

チキンチャーハン

チキンチャーハン。83ブル(約460円)

ビーフ焼きそば

ビーフ焼きそば。85ブル(約470円)

 

女忍者
もうこの時点でお腹いっぱい。

6ブルで容器を貰って、テイクアウェイして夜ご飯に食べました。

グリーンティー 10ブル(約55円)

ジャスミン茶みたいな味。
たっぷり入ったポットに入れて出してくれたので、3、4杯お代わりできました。

お得!

 

お会計は二人で、確か440ブル(約2430円)
税金が驚異の25%

女忍者
エチオピアの物価からすればちょっと高めですが、中華に外れなし!

美味しかった~!

店の前にいたガードマンさんと。
今日は温泉に行くのでスッピンです。

中華料理屋さんから、徒歩7分ほどのところに温泉はあります!

 

Filwoha Hotel(フィルオハホテル)にある温泉

この銅像。すっごく温泉っぽい。

 

女忍者
あれ?ここは、エチオピアなはず・・

ライオンもいたよ。

ホテル内には食堂や、ショップ。

美容院まで完備されてました。

1等~4等まで浴槽のランクがありましたが、私たちは一番待ち組数が少なかった2等を選択。

エチオピア人は、意外にも温泉好き?

平日の昼にもかかわらず、地元の人たちでにぎわる施設。

電光掲示板に、自分たちの番号が呼び出されるまで待機。

家族風呂の待ち時間は1時間ほどでした。

 

バスタオルと石鹸をもらい、浴槽へ向かいます。

セカンドクラス家族風呂の浴槽はこんな感じ。



なぜか、2個ある浴槽。。

前の人の入浴が終わった後、清掃が入るので清潔。

・・と、いっても潔癖症の人はちょっと無理かも。な状態です。

制限時間は45分。

自分たちでお湯を一から入れ直し、入浴します。

ドバドバと熱いお湯が出るので、溜まるのにそんなに時間はかかりません。

 

女忍者
本当に温泉の湯かどうか疑っていましたが、出てきたお湯は少しヌルヌルしてて、温泉の湯っぽかったです。

 

これでお値段、46ブル。(一人 約130円

日本の温泉と比べたら、断然質が落ちますが、この安さは魅力的。

 

広い浴槽で大の字になりながら、熱いお湯につかることはやっぱり気持ちのいいものです。

 

まさか、遠く離れたエチオピアでも温泉が人気だったなんてビックリ!

エチオピアに疲れたら、こんな癒しツアーもおススメです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です