MENU

ブッダガヤのバングラデシュ寺に宿泊して、アイドル扱いを受ける。

2018 5/09

こんにちは、女忍者です。

やっぱりバングラデシュの人たち、大好きです。

バングラデシュ寺には宿坊があって泊まれるのですが、女忍者もお世話になりました。

バングラデシュ寺

 

女忍者のアイコン画像女忍者
そもそもバングラデシュてイスラム教の国じゃないの?

調べたら、総人口のうち90%がイスラム教徒。

仏教徒が占める割合は1%にも満たないらしい。

 

バングラデシュ寺の宿泊は三食付き

しかも、Wi-Fiあり

そんな情報をゲットしたので、早速翌日に聞きに行きました。

『Can I stay here?』

お坊さん『Where are you from?』

『Japanだよ!! 』

お坊さんは、ちょっと迷う素振りをしましたが、オッケーをいただきました。

情報をいただいた方はドネーション(寄付)で泊ってたみたいだけど、私は最初に『How much..?』て聞いてしまった。

その結果、1泊3食付で300ルピー(約600円)で泊まりました。

==

通された部屋を見てビックリ。

ドミトリーかと思ってた部屋は、まさかの個室!3ベッド。

バングラデシュ寺の宿泊施設

ここを贅沢に一人占め。

バングラデシュ寺の宿泊施設

窓から見える景色。

彼が作るご飯が、超美味しくて困った。

バングラデシュ寺のコックさん

女忍者のアイコン画像女忍者
毎日ご飯のことばかり考えてたよ・・

お代わりオッケーのビュッフェ形式でいただきます。

バングラデシュ寺のビュッフェ

この料理が美味しすぎました。

バングラデシュ寺のビュッフェ

魚や野菜をふんだんに使ったベンガル料理。

ベンガル料理

旅に出てから魚の卵を、ここで初めて食べました。

ベンガル料理

ちょっとスパイシーなやつもあったけど、何食べても美味しかった。

ベンガル料理

チャイ

合間にコーヒーやチャイ。

フルーツ

フルーツなんかもいただきました。

フルーツ

ここに泊まったのは3泊のみでしたが、完全に食べ過ぎの生活でした。

規則的に来ていた生理が2週間も早まるぐらい食べ過ぎました。

私はこんなにいっぱい食べてましたが、僧侶達は朝と昼の二食だけ。

それも修行のうちらしいです。

==

僧侶と一緒に暮らす。

初めての経験でした。

よく笑い、よく冗談を言う。

意外にもすごくフレンドリーな人たちが多かった。

バングラデシュ寺の僧侶

↑この刺青、タイで入れたらしい!w

『バングラデシュに行ったことがある。ハルタル(ストライキ)がちょっと心配だったよ。』と言えば、

『聞いたか?ハルタルだってよ!』

(一同大爆笑)

後からやって来た僧侶にも『この子、ハルタルって言ってるよ!』と説明し、またもやヒャッヒャッ笑い合う。

未だに何がおかしかったのか、わかりません。

バングラデシュ寺の僧侶

私以外に宿坊に泊まってたのは、バングラデシュ人ばっかり。

外国人であり、日本人であり、女子一人である私は凄く可愛がってもらえました。

 

ここでは、女子である特権を活かせると思ったので、結婚してることも内緒にしてたよ。

ごめんね、てれさ。

あぁ、やっぱり女子一人って得だな。

それだけで皆が優しい。

 

 

バングラデシュ寺のお坊さんには、車で観光にもつれてってもらいました。

 

 

普段はひょうきんな彼らもやっぱりお坊さん。

仏教の話になると、真剣そのもの。

バングラデシュ寺

『日本人は無宗教の人も多いらしいよ。』と、ぽろっと言った言葉。

 

それを聞いた途端、人が変わったように熱く、仏教の事について話してくれた。

私の英語力不足、仏教勉強不足で全然話についていけなかったけど..

『ダンマについてどう思う..?』

ダンマっていう言葉すら知らなくて、話が一向に進まなかった..

実は、ブッダガヤは私の中でインドでまた訪れたいスポットNo.1

そう思わせてくれたのも、彼らが良くしてくれたから。

次回訪れる時は、もう少し仏教について勉強してから訪れたいな。


目次
閉じる