【体験】ヴィパッサナー瞑想。効果はあった?私は悟りを開けませんでした。

ヴィパッサナー瞑想




こんにちは、女忍者(@nappy_saya)です!

世界一周中に何を血迷ったのか「ヴィパッサナー瞑想」なるものをしてきました。

「瞑想」とは無縁の生活を送ってきたのですが、急に興味が沸いたからです!

 

この記事を読んでいただいてる方は「瞑想」に興味がおあり方だと思います。

私は「ヴィパッサナー瞑想」をブルガリアで体験してきましたが、その時の体験談を記録に残しておきます。

 

もしこの記事を読んで、「ヴィパッサナー瞑想」に少しでも興味を持たれた方!

人生の中で、「ヴィパッサナー瞑想」を体験するのはとても有意義なものになると思いますので、是非体験して欲しいです。

私はもう二度と体験しようとは思いません(笑)でも、すごくいい経験になったので。

 

ヴィパッサナー瞑想とは

 

誰とも話してはいけない。

目を合わせてもいけない。

本を読むこと。

絵や文字を描くこと。

テレビだって見ることができないし、スマホだって触れない。

一切の娯楽が禁止。

食事、睡眠、排泄、シャワー以外にすることは瞑想だけ。

ヴィパッサナ瞑想では、そんな生活を10日間過ごします。

 

ヴィパッサナー瞑想中の一日のタイムスケジュール

ヴィパッサナー瞑想中は、こんな感じで一日のスケジュールが決められてました。

時間 行動
4:30~ 6:30 瞑想
6:30~ 8:00 朝食・休憩
8:00~ 9:00 グループ瞑想
9:00~11:00 瞑想
11:00~13:00 昼食・休憩
13:00~14:30 瞑想
14:30~15:30 グループ瞑想
15:30~17:00 瞑想
17:00~18:00 お茶・休憩
18:00~19:00 グループ瞑想
19:00~20:15 講義
20:15~21:00 瞑想

 

朝4時に起きて、夜の9時に寝るという朝型生活でしたが、やなくないですか?

このスケジュール..

瞑想、瞑想、瞑想、瞑想、瞑想。

起きてる時間は、ほぼ瞑想していました。

 

ヴィパッサナー瞑想中にやってはいけないこと

瞑想中にやっていはいけないことが、5つ決められてました。

  • 全ての生物を殺さない
  • 盗みをしない
  • 誤った性行為をしない
  • 嘘をつかない
  • 全ての麻薬をしない

 

簡単そうに見えて、実は厳しいこの戒律。

タバコも吸えないし、お酒も飲めない。

蚊だって、ハエだって、どんな生物をも殺してはいけません。

蚊の多い場所だと地獄を見ます・・

 

ヴィパッサナー瞑想にかかる費用

 

ヴィパッサナー瞑想の合宿に参加する人は、合宿が終わった後に次の参加者のために寄付をします。

ヴィパッサナー瞑想の合宿にかかるすべての経費は、すべて寄付によってまかなわれてます。

寄付の費用は特に決まってませんが、ヴィパッサナー瞑想が今後も存続できるような金額を払いたいですね。

 

 

ヴィパッサナー瞑想はどこで体験できるの?

ヴィパッサナー瞑想をどこで体験できるか、まとめていきます。

 

本場はインド

私がこのヴィパッサナー瞑想を知ったのは、インドのブッダガヤを訪れた時。

ブッダガヤはブッダが悟りを開いた場所で、熱心な仏教徒の方が巡礼に集まってきます。

そのため、ブッダガヤでヴィパッサナー瞑想を体験する旅人がとても多かったです。

ルンビニのブッダ像

次に多いのがネパールのルンビニ

ルンビニはブッダの生誕の地です。

 

世界中で体験できる

私はインドとネパールでヴィパッサナー瞑想にトライしようと思ったけれど 日程が合わず・・

ルートとスケジュールのタイミングが合って、参加できたのがブルガリアなのでした。

世界各国188箇所でヴィパッサナー瞑想は、開催されてます。

開催国と日程はホームページをチェックをしてください。(日本語対応)

事前に申し込みが必要なので、余裕を持って予約してくださいね!

 

女忍者
「仏教の国ではない国なのに開催してるの?」と思ったけれど、このコースは別に仏教徒だけが受けるものではないのです。

 

日本で体験できる場所

日本では京都と千葉で、ヴィパッサナー瞑想を受けることができます。

京都のダンマパーヌ

住所: 京都府船井郡京丹波町八田岩上奥2−1
電話: 0771-86-0765

ダンマパーヌへの行き方:

JR京都駅山陰本線(プラットホーム31-33)より園部、福知山方面の電車に乗車。

園部駅から、JRバスで “桧山(ひのきやま)” バス停へ改札出て右側の階段を降りるとバス停があります。 バス停は1カ所のみで、すべて桧山に止まります。

桧山バス停へセンターから車で迎えに行きます。

※ 瞑想中などで迎えにいけないことがあります。桧山到着時間がわかった時点で、センター(0771-86-0765)にお電話をください。

ホームページより

 

千葉のダンマーディッチャ

住所:千葉県長生郡睦沢町上之郷785-3(鉄道の最寄駅はJR茂原駅)

茂原駅からダンマーディッチャへの行き方:

送迎車をご利用の場合
お時間が合えば、茂原駅からセンターの送迎車をご利用いただけます。詳細は、申し込み確認メールでご確認ください。

バスをご利用の場合
利用予定のバスを事前にお知らせいただけば、バス停まで迎えに行きます。バスの時刻表などの詳細は、申し込み確認メールでご確認ください。

《平日》

茂原駅南口3番バス乗り場から小湊鉄道バスに乗り、「睦沢中央公民館」で下車。

《土日祝日の場合》

茂原駅南口1番バス乗り場から「いすみシャトルバス(増田橋行き)」に乗り、「工業団地入口」で下車。

タクシーをご利用の場合
茂原駅から都タクシー(電話:0475-22-3545)に電話をし、ダンマーディッチャという名前を告げれば、茂原駅⇔DAセンター間は3300円均一料金となります。

ホームページより

 

ヴィパッサナー瞑想を体験した方の口コミ

 

 

 

ヴィパッサナー瞑想を体験することで、感じることは人それぞれ。

私は自分が瞑想後にどんなことを感じるのか、すっごく興味がありました。

 

私のヴィパッサナー瞑想の体験談

ここからは、私がブルガリアでヴィパッサナー瞑想で体験したことを書いていきます。

 

ヴィパッサナー瞑想を受けた理由

私が瞑想を受けたのは単なる好奇心から。

瞑想に関してこんな噂を聞いていたのです。

  • 麻薬をやるのと同じぐらい。もしくは、それ以上の陶酔感を瞑想で得られるらしいよ!
  • ヴィパッサナー瞑想を体験した人は、人間的にとてもできた人が多いみたいだよ。
女忍者

本当に瞑想するだけで、そんなことがあり得るの?

半信半疑で参加しました!

 

瞑想センターに向かうまで

ブルガリアのソフィアから、瞑想コースが行われるヤストリビノまではバスで向かいました。

約4時間〜約5時間。 24レバ(約1700円)

ヴィパッサナー瞑想

一緒のバスには、同じく瞑想コースを受けるメンバーが3人乗ってました。

ヴィパッサナー瞑想

初日の集合時間は14時から16時の間。
まずは、受付を済ませます。

瞑想参加者

予想以上に人が多くてビックリ!

全員で300人ぐらいの人が同じ瞑想コースを受けます。

 

日本以外で受ける場合は英語が重要?

ブルガリアで瞑想することに決めた私でしたが、問題がありました。

当日まで知らなかったけど、この瞑想コースでは「Englishがすごく重要!」らしいです。

 

幼稚園児レベルの私のEnglishなので、別室で先生との面談が急遽行われました。

先生に言われた言葉。

「日本にもこのコースはあるから、日本で参加した方がいいんじゃないか。」

そりゃ、もっともな意見ですよね..

 

女忍者
まさかのこのまま帰宅?せっかく来たのに、それは嫌だ。

必死に頼み込み何とか参加できました。

しかし、3日間というお試し期間付きでした。

この期間に先生が大丈夫と判断したら、このコースを続けらることができます。

 

結論として、瞑想コースは最後まで続けることができました。

英語不得意の私のために、講義のときに聞く日本語訳のテープを先生がどこかから調達してくれたからです。

女忍者
ありがたや・・!

 

瞑想センターの様子

ブルガリアの瞑想センターは自然がいっぱいある場所でした。

ブルガリアの瞑想センター

そこは街から少し離れた静かな場所。

ブルガリアの瞑想センター

外部から聞こえてくるのは、車の滑走音だけ。とても落ち着ける環境でした。

ブルガリアの瞑想センター

「ここから出ちゃいけませんよ。」とロープが張られ、男性と女性は隔離されます。

瞑想センター

グループ瞑想の時間は、皆でここに集まり瞑想します。

貴重品や、スマートフォン。

禁止されてるものをここで全て預け、与えられた部屋に案内されました。

自分の部屋

ドミトリーの3人部屋。

すごく綺麗で日当たりも良好でした。

同室はブルガリア人の同い年の女子2人。

「明日からは目も合わせられないのよね。クレイジー。」

初めて迎える体験に、少し不安になるアラサー女子三人でした。

 

瞑想中の食事

※食事は各国によって違いますが、参考までに私がブルガリアで食べた料理を載せておきます。

毎日のごはんはベジタリアンメニュー。

ボランティアの方が、心を込めて作ってくれます。

瞑想中のごはん

朝食は、いつも決まったメニュー。

ご飯にパン、シリアル。

フルーツ

少しの野菜に、少しのフルーツ。

ヨーグルト

そして、ヨーグルト。

自分の食べたいものを食べたいだけお皿に盛り、席へ運びます。

昼食は、ほぼ毎日違った味付け。

サラダに、ご飯に、スープに、時にはパスタ。

ときにはドリア風のもの。

手作りのデザートにフルーツ。

夕食はなくて、ティータイム時にフルーツを毎回頂けました。

女忍者
ブルガリア料理、美味しいです。

たまに「ん?」って味付けのものもありましたけど、昼食のメニューが変わるのはありがたい。

インドとネパールだったら、ほとんど毎回カレーなんじゃないかな?(想像)

ごはんの時間は本当に楽しみでした。

 

瞑想1日目~3日目

まず教わったのは アーナパーナ瞑想

自分の呼吸を観察する瞑想法です。

座禅を組んで、上唇の上付近から鼻だけに意識を集中。

呼吸を観察します。

「右の鼻の穴から空気が入った。右の穴から空気が出ていった。」

「今度は両方の鼻の穴から、空気が入った。」

ただ、観察します。

 

簡単でしょ?

是非一度、試してください。

すると必ず気づくはずです。

女忍者
自分の心?頭?が、これほどまでにおしゃべりだということを。

 

私もね、知らない間に色んなことを考え出してましたよ。

豚肉が食べたい。

中華が食べたい。

これは、一番強く思ってました。笑
違うことを考え出していても5分以内にそれに気づき、また呼吸を観察することに集中すれば初日のうちは大丈夫。

決して、違うことを考えている自分を責めないで。

そう、教えられました。

 

瞑想4日目~

いよいよ、ヴィパッサナー瞑想が始まります。

ヴィパッサナー瞑想とは、ものごとをありのままに見る瞑想法です。。

目を閉じて、自分の頭のてっぺんからつま先まで、全身の感覚を観察します。

痛いのか、かゆいのか、ぞわぞわするのか、こしょばいのか。

何も感じないときは、空気が触れている感覚や服が触れている感覚を観察してみます。

 

これもアーナーパーナ瞑想と一緒で、ただ観察するだけ

不快な感覚。気持ちの悪い感覚。気持ちの良い感覚。 いろんな感覚が現れます。

どんな感覚が現れても、それを嫌悪しないで。渇望しないで。

ただ、観察だけをしなさいという教え。

 

 

女忍者
これがすっごく難しかった。

足が痛いものは痛いよ。

それを不快に思わずに、客観的に見つめ、ただ観察しなさいって。

なにそれ、相当難しいよ・・

 

瞑想を受けて感じたこと

 

すっごくキツかった

瞑想漬けの毎日で、疲労する私の精神。

女忍者
一切の娯楽が禁止って、本当にキツい!

まるで、刑務所にでもいるかのような感覚。

10日間という期間が決まってるからいいものの。

この生活に 終わりが見えなかったら、生きる意味をきっと見失ってたでしょう。

 

 

ひたすら自己と向き合った10日間

これまで生きてきた29年数ヶ月の人生。瞑想中には、細部まで思い出が蘇ってきました。

死ぬ瞬間に、今までの人生が走馬灯のようにフラッシュバックするってよく言いますよね。

女忍者
え? 私もうすぐ死ぬの?

そう思うぐらい、過去の人生を振り返りました。 良いことも悪いことも。

なので、瞑想コースが終わった後は、なんだかスッキリ。

今までのことがリセットされて、新しい第二の人生が始まった気分。

これだけでも、私はこのコースに参加してよかったです。

 

悟りは開けなかった

タイトルで既に書いちゃってますが、悟りは開けませんでした。

まぁ、悟りとは何なのかっていう話ですよね。

 

悟りの話は、毎日1時間半ぐらい勉強しました。

ヴィパッサナー 瞑想の在家指導者ゴエンカさんが録音した話をイヤホンを使って皆で聞きます。

 

ゴエンカさんの話を聞いて私が解釈したことを書いていくと・・

人間には食欲・睡眠欲・性欲の三大欲求があると言われてるでしよ。

もう一つ、欠かせない四大目の欲求。

それは、他者に重要人物として認められたいって欲求

 

  • 人間の持つ最も根強い衝動は『重要人物たらんとする欲求』 Byジョン・デューイ
  • 人間のあらゆる行動は、二つの動機から発する。すなわち、性の衝動と、偉くなりたいという願望。 Byフロイト

悟るには、この欲求を完全になくさないといけません。

 

『私』と言う自我がない状態。

私はあなたであり、自分と他人っていう意識がない You&You

自我をなくして、愛と慈しみの心を持たなければ、悟りは開けない。

自我の強い私は、残念ながらこの10日間だけでは、この欲求はなくなりませんでした。

女忍者
この欲求があるからこそ、こうやって海外旅行をしたり、ブログを書いてたりします。

 

この世は諸行無常ということを知った

悟りは開けなかったけど、ヴィパッサナー 瞑想の合宿をしてよかったと思うことがあります。

それは、「この世は諸行無常」ということを体験できたこと。

 

素敵だなって思う人がいたとして、最初はただお話したいなって思うだけだったのに・・

達成できれば、次はデートしたい。

もっともっと触れ合いたい。

彼女になりたい。結婚したい。

他の人と話さないで欲しい。

終わることのないこの欲求。執着。

 

諸行無常

すべては移り変わりゆくもので、実体のないもの。

 

それなのに人は永遠があるように錯覚し、欲求・執着してしまうからこそ、苦しみが産まれるのです。

近頃の若者は、昇進したがらないし、車も持ちたがらない。

多くは望まずに、穏やかに過ごせればそれで満足という「悟り世代」と言われてますよね。

女忍者
もしかして。すでに日本の若者は理解しているのかもしれません、この諸行無常を。

 

良いことも悪いことも、産まれては消え去って行くもの。

それを自分自身の身体の感覚・経験を通じて、理解するのが「ヴィパッサナー瞑想」なのです。

 

さいごに

瞑想10日目の朝。

聖なる沈黙は解かれ、弾けるような笑い声があちこちで聞こえてきました。

私が話したメンバーは概ね、この瞑想コースに満足してるようでした。

ただ、私は思った。

女忍者
欲望、執着をもたなければ、苦しみは産まれないけれど、
欲望、執着することで産まれる喜びもあるんじゃないかなって。

例えば、この世界一周だって色んな世界の景色を見たい!と欲望、執着が産まれて、実践していること。

それに伴い、もちろんいくつかの苦しみも産まれてる。でも、それ以上に産まれてるのは数多くの喜び。

そして、過去を振り返ったときにその苦しみこそがすごく愛しく思える(マゾ..)

 

この話を日本語ペラペラのニュージーランド人マークにしたら、『僕は、今の山と共に生きる生活に満足している。他には何もいらないかな。』って話してくれた。

もちろんそんな考え方もすごく素敵。

たった10日間で、人間が変わるとは到底思ってなかった。

それでも、やっぱり私はこの瞑想合宿に参加してよかったと思う。

まるで、生きていく上で新しい武器を手に入れたかのよう。

ただ頭で理解して終わり、一度や二度実践して終わりじゃなくて、いかに習慣化させるかが大事なことです。

そのためにも、毎日朝・夕各1時間の瞑想を続けることが推奨されてます。

大きい木

そうなんです。

10日間で私の修行は終わりではなく、これからも修行は続くのです。

 

たっぷりの太陽の光を浴びて、鳥の鳴き声をiPhoneで聞きながら木の下で瞑想。

これが今の私にとって、最高の癒しの時間。

もしこの先、悩んだり迷ったりしたら、このヴィパッサナー瞑想での体験を思い出して生きていこうと思います。

 

ヴィパッサナー瞑想

9 件のコメント

  •  瞑想というのは自分の内側を見つめることなので、旅行、食事、音楽といった外界に対する気持ちの比重が高い場合は実践が不可能に近いです。逆に考えると若い頃から瞑想を実践できるのは此の世界に対する興味が少ない=人間として生まれて来たカルマが弱い、ということなのでしょう。

  • 女忍者さん、おはようございます。
    10日間の修行、お疲れ様でした。
    悟りは、開けなかったということですが、とっても貴重な体験をされたとお思います。
    これからも、旅は続きます。人生も続きます。素敵な道を歩んで下さいね。

  • コメントありがとうございます!カルマですか。やっぱり前世のカルマとかあるんですかね。どうなんでしょう。
    思いっきり旅行中ですね私。
    瞑想ね、あんまりうまくできなかったけど、毎日続けたいです。

  • かぁしぃ青木さん
    ありがとうございます。日本で働いてたら休みもとりずらく、なかなか体験できないですもんね..貴重な時間を過ごすことができました!
    ところで、FACEBOOKページは見れるようになりましたでしょうか?

  • まぁ悟ろうなんて本気で思ってやってないとは思いますが、たった10日の瞑想経験で『悟れませんでした』と言うのは、仏教を馬鹿にしたような表現にもとれますからあまり読んで気分の良いものではないですね。
    解脱したいという想いが無ければ無理ですから。

    たまたま通りすがっただけで、つい目についてしまって言いたくなってしまっただけなので気にしないでください。

  • さやさんこんにちは!
    ソフィアの某有名宿で一緒だったリョウです。

    遅ればせながら、今年のゴールデンウィークに京都のヴィッパサナーに行こうと考え中・・。

    また機会があればお話し聞かせて下さい。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です