MENU

【イラン→トルコ】自力で国境越え!旅のスタートはワンから♪

2020 7/08
【イラン→トルコ】自力で国境越え!旅のスタートはワンから♪
本格的に冬が始まる前に、ヨーロッパで過ごした夏のことを書いときたい・・
なので、今日からヨーロッパへの玄関口トルコ編から、スタート。
この時は、夫婦旅でした。
時系列バラバラでごめんなさい。

 

トルコと言えば、ケバブ?

 

最後まで親切にしてもらったイラン!
泊めてもらったタクシードライバーさんの運転で、イラン国境までやってきました。

※国境超した時の情報は、下記を参照ください。

スムーズにトルコへ入国。


途中で一度だけ、検問がありました。

休憩で立ち寄ったレストランで、早速ケバブにかぶりつくてれさ(旦那)

トルコ料理は世界三大料理のひとつ。

水色の色した湖を眺め、

広がる壮大な景色に癒されていたら、トルコ東部の街ワンに着きました。

ワン Van)

あまり聞き馴染みがない街ですよね。

ワンには、クルド人問題 があります。

ワンで有名なのは?

ワン湖

七色に変化すると言われている美しい湖で、その大きさは琵琶湖の約6倍。
海なんじゃないの?って疑うほど、大きい湖でした。

 

トルコ一の朝食

ワンの朝食は、トルコでは有名。

 


朝食専門レストランが並ぶ、朝食専門店があるのです。


美味しいし、量が多いし(全部食べ切れないほど)で、大満足。
朝食セット15リラ (約700円)

豪華気分を味わうため、今日は忍者から変装して行ったよ。

 

ワンキャット

 

左右の瞳の色が違うワンキャット。ワンのマスコット的存在。
大学のキャンパス内にあるワン ・ケディ ・エヴィ(Van Kedi Evi)で見ることができます。

 

 

左目が青色、右目が黄色です。

==

 

トルコの物価は、西高東低。ワンの物価はまだ安め。

地理的にイランに近いのもあって、イラン人の旅行者を多く見ました。

イランでは飲めないお酒が、ここトルコでは飲めるということで、
ワンに訪れてるイラン人をたくさん見ました。


男性ばっかりのカフェ。

ワンは、クルド人が多く住む街。
暖かい人が多かったような気がします。

私たちが訪れたのが、総選挙時期。

旗を掲げながら、熱心にクルド系の政党を応援する人たちを、たくさん見ました。


ワンで食べたこのピタの味が忘れられない。じゅるり。
==
ワンで私がインパクトが残ってる出来事が、残念なことにセクハラ事件
ワン猫を見に行ったときに、まさかの職員さんからセクハラを受けました。
「ココ(猫がいっぱい飼育されてるとこ)本当は、入っちゃいけないとこだけど特別に入れてあげるよ。」

てれさがいない隙にそう言われ、話に乗ったことが悪かった。

 

部屋に入ると、後ろから抱きつかれて、大事なものを擦り付けられるという..
レゲエダンスのダガ状態。

 

(や、犯られる。)

この旅で初めて恐怖を感じて、必死のぱっちで部屋の外にでました。

そして、その隙に猫が何匹か逃げ出すというちょっとした事件..

 

私も多分軽率だったんですよね。反省。
でも、まさかそんな事が起こるなんて思わなかった。
でもこういう時、『女も悪い。隙があったんだ。』って必ず言われます。
絶対です。悪いのは男なのに・・
(私がセクハラを受けた時は、大抵てれさが私に対してちょっと怒ってます。)

 

それがちょっと納得いかない。
別に過度な露出だってしてる訳じゃないし(だって、私忍者だし..)

 

イスラムの国なんて、それで女性側が死刑になったりするんでしょ。
意味不明 (というただの愚痴。)
話がそれました。
女性の皆さん、くれぐれもお気をつけください。

嫌なことはあったけど。いい街でしたよ。ワン!
これからのトルコ旅行に期待が高まります。
料理が美味しい。それだけでその国が好きになる!

目次
閉じる