モシからマラウイへ。34時間の大移動は盗難に注意。




モシから、マラウイのカタベイまでバスで移動。

この移動、なんと34時間もかかりました。



この移動は、とにかく時間がかかった。

 

モシから、カタベイの宿に着くまで、かかった時間はトータル34時間

モシから、まずはタンザニアのムベヤへ。19時間のバス移動。

 

女忍者
朝7時に出発したバスは、深夜の2時ごろにムベヤに到着しました。

 

治安がよくなかったムベヤでトラブル

ムベヤから国境までは、少し距離がある。

深夜2時に到着したものの、バス会社はオープンしていた。

 

15000シリング(約780円)で、国境までダイレクトに行くというバスチケットを買う。

深夜3時すぎにバスは出発。

 

けれど・・

乗ったバスの中で荷物代を、一人2500シリング(約130円)要求された。

 

バスは国境まで行かず、国境まで行く道の途中で降ろされる。

 

女忍者
19時間の移動の後、こんなことされたら心身ともに応える。

 

結局荷物代は払ったし、国境までは待機してたバイクタクシーで、3000シリング(約156円)で行った。

 

闇両替に注意!

乗せてくれたバイクタクシーの彼は言った・・

「この先、マラウイクワチャは両替できないよ。と。

 

完全に頭が動いてない私たちは、彼の言葉をまんまと信じレートは多少悪かったものの彼から換金した。

※タンザニア側のイミグレの敷地内で、もう少し良いレートで換金する場所がありました。

 

畜生。騙されたぜ。

 

国境が空くのは、朝7時。

それまで時間があったので、私はてれさに荷物を預け、朝ごはんが食べれる店を探しに行った。

 

朝6時ごろ。流石にまだ空いている店はなかった。

そして、てれさの元へ戻る途中、大声と笑い声が聞こえた・・

 

荷物があった場所へ戻ると、てれさの姿がなかった。

 

荷物を置いて、てれさは消えていたのだ。

普段の彼なら、荷物を置いてどこかへ行くことはない。

 

彼に何かトラブルが起きたことは明らかだった。

悪い想像が頭を駆け巡る。

 

二人分の荷物を残しこの場を離れるのも怖かったので、とりあえず私はその場所で待機。

すると、10分ほどして、てれさは息を切らし帰って来た。

 

見ると腕を少し怪我していて、血が出ていた。

 

お金を奪われていたてれさ

事の真相は、こうだった。

私がいない間に、知らない人に話しかけられたてれさ。

 

男:「さっきの両替、偽札が混じってないか?見せてみろ!」

てれさ:心配になり、お金を財布から取り出す。

 

男:素早くお金を奪って逃走。

てれさ:男を追いかけてる時に、木の枝で腕を切る。

 

女忍者
結局、男を捕まえられずお金は盗まれてしまってました。

 

意気消沈しているてれさ。

その状況を見ていたのか、イミグレの中にいた警察官が、ポリスレポートを書いてくれると言った。

 

ポリスレポートを書いてもらっても、現金は保険で賄えない。

それでも、一応てれさは警察へ行った。

 

そこでなんと!なぜか犯人が捕まっていて、無事にお金を返してもらったらしい。

イラン、エチオピアに続き、盗難にあってもなぜか返って来るてれさ。

 

運が良いのか、悪いのか・・

 

そうだ、ここはアフリカだ!

なんとかお金をかえしてもらい、徒歩でマラウイの国境を超える。


DSC06113

マラウイは、緑が多い。

どことなくスリランカの風景に似ていた。


DSC06110

以前はいらなかったけれど、最近日本人も、ビザが必要になった。

その金額は75ドルと、中々良いお値段。

 

75ドルを支払ったら、すぐにビザを発行してもらえるものと思っていた。

けれど、「上司がまだ来てないから。」という理由で待たされる。

 

40分待っても上司は来ない。

流石に業を煮やし、「早くしてよ!」 と抗議する。

 

「知ってる?ここはアフリカだよ?」

 

職員が放った言葉。

 

女忍者
忘れてた。ここは、アフリカだった。(涙)

 

「お腹が空いたから、早くしてよ!」 そんな理由で少しセッカチだった私。

「外に、食べに行っておいでよ!」

 

そんな職員の言葉に甘えて、朝ごはんを食べに行った。

女忍者
まだ入国してないのにいいのかww

DSC06114

めちゃくちゃ美味しかったスープとバナナ。500シリング(約78円)

ご飯を食べ終わり、イミグレに戻ると上司が出勤したのか、直ぐにビザをもらえた。

 

ここからムスズまでは、4000シリング(約625円)

ムスズからカタベイまでは、1300シリング(約203円)

 

この移動も、すごく過酷だったけど、思い出したくもないので省略。

 

宿に着いて荷物を開けると・・

バックパックに入れていたティンバーのブーツが見当たらない

※どこかで盗られたもよう

 

ロッジのシャワーから、水がでない。

水が流れなくて、トイレにウンコが浮いていた。

 

久しぶりに、ウワーッと叫びたくなった過酷な移動日なのでした・・( ゚д゚)

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です