自分の体力のなさに気づいた、カタベイの宿。




 

私がマラウイに来た理由。

マラウイは、Warm Heart of Africa アフリカの暖かい心なんて言われている。

アフリカの中でも、マラウイの人々は穏やかな心を持つ国民性で有名。

そして、何よりマラウイ以降で物価が上がる。

エチオピアから南下していって、そろそろアフリカ疲れが溜まっていたので

マラウイでのんびりして、旅の疲れを癒そうと思っていた。



カタベイに着き、泊まりたかった宿、ビック・ブルー・バックパッカーズを探したが

残念ながら閉館。

次に人気だった Mayoka Village へチェックイン。

琵琶湖の約45倍ほどの大きさ。

マラウイ湖と呼ばれる世界遺産があるくらいで 、他には特に有名な観光地を聞かない。

滋賀県=琵琶湖と、思われている滋賀県民からしたら

なんだか、親近感を持つ国だった。

マラウイ湖の湖畔に建つ宿は、立地抜群。


ドミトリーの窓からも、湖が見渡せる。

自然に囲まれたその場所は、緑がいっぱいで・・



見上げると、猿。


全体的に雰囲気が素晴らしい。



特に欧米人が集まる、とても人気の宿だった。

こんな人気の宿なのに・・私はここの宿が好きになれなかった。

なぜなら。

ドミトリーから、レストラン・トイレ・シャワーに行くまでがすごく遠い。

遠いというか、階段の登り降りをしないと、その場所まで行けなかった。

でも、こんなことに文句を言うのは私だけ。

てれさにも、「あほちゃう?」 と言われるぐらい、他の人にとっては

何てことないこと。



アフリカに来て、全然歩かなくなった。

タクシー代が安いから、すぐにタクシーに乗っちゃってた。

3KM 以内なら歩く!と張り切って、ルールを決めてたのが遠い昔のよう。

こんなことだから、お尻にばっかり肉がついていくのでしょうか(涙)

この宿では、無料でボートも借りれたから、てれさとしばしのートトリップ



やっぱり、のんびりと過ごすのにはとても快適で良い宿だ。

私みたいに、超絶に体力がなくて、めんどくさがりやじゃない人の場合を除いて(涙)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です