Wi-Fiと水がない生活は、やっぱり嫌だ。inカタベイ




マラウイの最初に訪れたカタベイ

湖があるのんびりした所だけど、とにかくインフラが悪かった。

 

泊まっていたマヨカビレッジは欧米人に人気の雰囲気が良い宿。

でも、人が多かったことが原因なのか、夜には水がなくなった。

 

女忍者
シャワーも浴びれないし、トイレも流せない。

しかも、私が泊まっていたドミトリーは、夜になると決まって停電した。(たまたまなのかも?)

 

当初は、旅の疲れを癒す予定だったマラウイ

暖かい心 なんて、キャッチフレーズに魅かれてやって来た。

 

でも、長時間の移動疲れに加えて、このインフラの悪さ

疲れを癒すどころか、田舎町のカタベイでは、余計に疲れていた

 

でも、それはしょうがないこと。

マラウイは、世界最貧国の中のひとつ。

 

女忍者
そんなところにやって来て、Wi-Fiがない!水がない!と騒ぐのはナンセンス?

 

この状況を楽しもう。そう心に決めて生活していた。

アフリカに行く前は、そんな生活ばかりだろう。と覚悟していたことだしね。

・・が、

カタベイの他の宿では、Wi-Fiこそないもののホットシャワーも出たし水も問題なく使えた。

 

「カタベイよりインフラの状況は悪いんだろう。」と覚悟して行ったチズムル島では

同じくホットシャワーが使えたし、停電することもなかった。

 

主要都市のムズズには、それに加えてWi-Fiだってあった。

Wi-Fiがない!水も出ない!そんな生活を楽しもうと思っていたけれど・・

 

「Wi-Fi最高!蛇口から水が出るって素晴らしい!」

そう、心から感じる自分がいた。

 

Wi-Fiもいらないし、蛇口から水がでなくても平気なてれさと比べたら、

戦闘能力(サバイバル力)の低さを感じずにはいられませんでした。

 

マラウィのチズムル島から、カタベイへ戻ってた。

そんなカタベイでお気に入りのレストラン。

宿(マヨカビレッジ)の近くにある、ラスタマンが経営してる、ゆるい場所。

停電も多いカタベイ。例外なくこのレストランも夜、停電してて

暗い中、ごはん食べてたなぁ。

それでも、ラスタマンが作る料理は最高に美味しかったので、よく通いました。

ここには、ちょっと日本ではお目にかかれないようなクッキーもありましたよ。

 

マラウイのカタベイ、思ったよりラスタマンが多いのです。

マラウイって、マラウイ湖と呼ばれる世界遺産があるくらいで 、他には特に有名な観光地を聞かない。

と以前書きましたが、もう一つ有名なものがありましたね。

 

マラウイ・ゴールド

ええ、ガンジャさんですね。

 

よくわからないですが、有名な品種みたいです。

女忍者
これ目当てに集まって来る、ラスタマンが多いのかしら?

 

アクセサリーや民芸品、絵などを、売ってるラスタマンが多くいましたよ、カタベイ。

カタベイはよく停電も起きるし、Wi-Fiも弱くてとっても不便。

でもビックリしたことに物乞いの人に、一人も会いませんでした。

話す人も、穏やかな人がすごく多くて・・

便利さだけじゃ図れない、ゆるい時間を過ごしたいなら、カタベイはピッタリだと思いますよ。

*

カタベイから移動してきたムズズで、私がした事を少しご紹介。

まずは、マサイマーケットで買ったお気に入りのサンダルが壊れたので、道端にいた修理屋さんに修理を依頼。


一足2000クワチャ(約333円)で。

DSC09878

マラウイに来る途中、ティンバーランドのブーツが盗まれてしまったので、ニューバランスの中古のスニーカーを買った。

3000クワチャ(約500円)

エチオピア、ケニア、タンザニア、マラウイと縦断してきましたが、路上では決まって中古の衣類が販売されています。

それは、どこかの国の人達がアフリカの貧しい人たちのために。と送ったもの。

ムズズには、何とモールがありました。その名も、ムズズモール



サクサクWi-Fiがあるcoffe.denで、Wi-Fi使いつつ美味しい食事をいただく。

お勧めなのは、スイートサワーチキンwithマッシュポテト1600クワチャ(約262円)

 

以上、快適だったムズズでの出来事。

女忍者
ま、ぐうたら過ごしてましたよ..

インドのリキシャよりもより原始的?

マラウイの自転車タクシーを載せて終わりにします。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です