女忍者の海外旅行記
Travel Diary
ピンク忍者の格好で、世界約70カ国を旅しました。
観光地の紹介や、世界で出会った人びとの思い出。
アラサー女子の頭の中
Women's Thinking
恋愛、婚活、筋トレ、美容、節約、働き方
アラサー女子の雑記ブログ。
Arrow
Arrow
Slider

ついに、イスラエル人の集団と出くわした!結果は?

良くなったり、悪くなったり・・
中途半端な体調ですが、多分良くなってきてるような気がします。
(あいまい。)

暗い記事が続いてもアレなので、今日は、体調を崩す前の話を書きましょう。

*

イスラエル人の旅人は、集団で時間関係なく騒ぐし

マナーが悪い。

これは、私が日本人の旅人にあった時に聞いた話。

旅ブログなんかでも、よく目にしたことがある。

でも、実際にイスラエル人の集団にはまだ出会ったことがなかった。

*

ポトシを出発して以来、丸二日ほど移動が続いた私は
ボリビアとの国境にある街、コルンバに泊まることにした。

国境を越えてすぐ、バスを待っていた時に英語で話しかけてきた
おっちゃんが勧誘してきたホステルへ。

DSCF7923 

コルンバで泊まった宿。

HOSTEL PANTANAL (ホステル パンタナール)

住所:Rua Joaquin Murtinho, 359, Corumba, State of Mato Grosso do Sul 79302-100, Brazil

ドミトリーで一泊30リアル(約907円)
朝食付き・ホットシャワー・Wi-Fiサクサク ・プールもあるよ。

DSCF7924

ボニート行きのバスターミナルへも徒歩5分ぐらい。

久しぶりのサクサクWi-Fiが嬉しい。

これからのルートを調べたり、ブログを書いているとあっという間に
時間が過ぎていった。

ちょうど、日が暗くなる頃。夕方15時ぐらいに彼らはやって来た。

男女、合わせて10人以上。
多すぎて数えないとわからないぐらい。

騒がしい若いバックパッカーたち。

私は、直感で思った。

あ!この人たちイスラエル人だ。

結果、案の定そうでした。

今まで人から聞いた先入観
そして、彼らが来たがために部屋を移動させられたのもあって 、その集団に対して、なんとなく悪い印象を抱いた。

このホステルから、街の中心地までは徒歩15分ぐらい。

暗くなったこともあり、もう今日は外に出ないでおこうと決めていた。

あんまりお腹も空いてないし、キャッシュカードもなくしたし・・
今日の夜ご飯は、抜こうと決めて、一人ネットサーフィンに勤しんでいた。

すると、思いがけないことが起こった。

DSCF7922

彼らがご飯を恵んでくれた。

「ご馳走になったし、洗うよ!」 と、お皿を手にすると・・

「いいよ、いいよ。僕たちが洗うから座ってって。」と、全力で拒否される・・

DSCF7921

終いには、誰かが私のパソコンの上に、コソッとこんなものまで、置いてくれていた。

ごめんなさい。

あなたたち、めちゃくちゃいい人ですね。(単純)

先入観で判断してごめんなさい。

(ぺこり)

ちなみに、移動された私のベット。

2段ベットが3つ。私以外の5人は、全員この集団の中のイスラエル人の男子

何となく、嫌だったんですよね・・
男子に囲まれて、寝るの。

でもね・・

DSCF7920

「ハロー!私は寿司が好きです!」

今までの旅行の写真を見せてくれたり
曼陀羅の塗り絵本と、大量の色鉛筆くれたり(・・いらんかったけど)
ファベーラの音楽かけて、踊ってくれたり、

何と、ノリの良い人たちでしょう。

(しかし、なぜ裸なのだ。私は、寒くて長袖だぞ・・)

DSCF7919

そして、特にこの方タイプです。

男子と、同じ部屋で寝るの嫌なんて、どの口が言ってたのでしょう。

むしろ、イケメン(しかも半裸)に囲まれて、寝られるなんて天国だ。

まぁ、イケメンは置いといても、二日ぶりのベットは天国並みに気持ちよく
即爆睡してました。

*

ブログにはまだ書いてないけど、私は去年の11月にイスラエルとパレスチナ自治区を訪れていて
イスラエルという国や、イスラエル人に対して、色々と思うことはあるのですが・・

とにかく、先入観で人を判断するのは止めよう。

そう、思ったホステルでの出来事でした。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ブログランキング・にほんブログ村へ

女忍者を応援する!

応援バナークリックお願いします。
世界一周ランキングに参加しています。
いいね!PC

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. まーくん より:

    ブログ村の人ってなんかイスラエル嫌いですよね。いつも不思議です。昔仕事でイスラエル人とよく仕事していたので、毎回その手の記事に違和感を感じます。彼らは他の国の人よりも知的で紳士的でした。ヨーロッパ系の人は日本人やアジア人を見下してくることがよくあるのですが、イスラエル人はそういう事はないし、とてもビジネスライクです。行ったことは無いですけどね。

  2. 女忍者 より:

    まーくんさん
    集団でいるから・・っていうのも一つの理由かもしれないですね!
    一人、一人話したら、みんないい人なんですけど
    やっぱり最初はうるさいし、圧倒されちゃいます!
    確かに、ヨーロッパに行ったときに、言葉では直接言われないものの
    たまに見下されてるな・・と雰囲気で感じることはありました。。
    でも、人によります。私はヨーロピアンも好きですよ(*´▽`*)
    イスラエル人は思ったよりも、親日の人がすごく多くて見下されてると思うことは
    ありませんでした。イメージしてるよりもずっと都会で、物価も高めでしたけど。汗

  3. orishin mazlef より:

    ご無沙汰しています
    お元気そう・・・でも無いようですね。
    しばらく拝見していない間に、色んな事があったようですね。
    不謹慎な感想ですが、色んな体験をされているのはブログ冥利に尽きるのでないでしょうか?
    これからも楽しく拝見させてもらいます
    イスラエル人(に限った話ではありませんが)に対する感想ですが・・・
    別にイスラエル人を蔑んだりする訳ではありませんし(ユダヤ教徒ではありませんが、私も彼らと同じ国籍ですし)こういった表現をすれば不快に思われるかもしれませんが、良くも知らない相手や国を批判するのが問題があるように、少し親切にされたからと言って、それで「良い人達」と評価するのもどうかと思います
    その時の心境や環境によって、同じことをされても捉え方が変わるように、相手を判断するには時間が必要です
    余計なお世話かも知れませんし、もう既に判っておられるかもしれませんが、旅先では色んなものが緩くなるのでお気をつけて
    これからも楽しい旅を
    次回も楽しみにしています
    一路平安

  4. 老婆心ながら より:

    初めまして
    海外旅行を楽しまれているようですが、確かに個人個人のラエリー達は良い人ですよね
    写真の人達もイイ笑顔してます
    でも、世界中の人が見ているインターネット上であまりこのような記事は出さない方がいいんではないでしょうか?
    イスラエルの問題はあまりにも深刻すぎます。
    せっかくのご旅行に気分を害されると思います。すいません

  5. 女忍者 より:

    orishinさん
    お久しぶりでございます(*´▽`*)
    色んな事がありました!
    そうです。
    ブログやってて良かったと思うのが、こういう嫌なこともネタにできるとこですw
    発散できる場所があるって素敵です。
    少し親切にされたからと言って、それで「良い人達」と評価するのもどうかと思います
    ←これね!自分でも単純すぎると思いますが、食べ物を与えてもらうだけで、すぐに良い人!と思ってしまいます・・
    色んなものが緩くなる(意味深!)
    でも、本当にその通りだと思います。旅先では、自己管理が普段以上に必要だと思います。

  6. 女忍者 より:

    老婆心ながらさん
    初めまして!
    コメントありがとうございます!
    イスラエルの問題は、仰る通り深刻です。
    ただ、これはイスラエル人、個人に対しての私の感想です。
    どういう理由で、このような記事を出さない方がいいのでしょうか?
    (喧嘩売ってるとかじゃなく、単に頭の悪い私に教えていただけたら有難いです!)