女忍者の海外旅行記
Travel Diary
ピンク忍者の格好で、世界約70カ国を旅しました。
観光地の紹介や、世界で出会った人びとの思い出。
アラサー女子の頭の中
Women's Thinking
恋愛、婚活、筋トレ、美容、節約、働き方
アラサー女子の雑記ブログ。
Arrow
Arrow
Slider

SEXおじさんにイラつく今日この頃・・

恋い焦がれてきたジョージアですが、

どうもこの国を好きになりきれないでいます。

いや、自然いっぱいで、とっても良い国なんですよ・・  

ほら。


DSCF2046

ね?


DSCF2178

1か月ほどいたら、どんなに良い国でも嫌な所がみえてくるもんなでしょうかね。


まずは、運転が荒いところが苦手なのと・・

なんせ、セクハラが多すぎる。

イランとかイスラム圏でセクハラが多いのは良く聞く話ですが、

まさかジョージアで・・と、戸惑ってしまいましたよ、最初は。

最初に、ちょっと怖い思いをしたのはメスティアに行ったとき。

真昼間ですよ・・

私が一人だったのも悪かったのですが、16歳ぐらいの青年が

「一緒に写真撮ろう!」と、キスしたり体、触ってきましたからね。

16歳ですよ・・


人気がない廃墟に連れ込まれそうになった時は、相手が少年でも流石に怖かったです。

後で聞いた話ですが、ポーランド人の女性もメスティアで10歳ぐらいの若者に

セクハラにあったみたいです。

(女性の皆さん、注意!)

あとは、前にも少し書きましたが、宿の前で酔っ払いおじさんにお尻触られたでしょ..

その時に、あれ?この国ちょっとセクハラ多い?と疑問に思い、調べたところ
アフリカで一緒に旅したゆかさんの記事を発見しました。
いやー、怖い。
実際私も、バス待ってた時に
タクシーのおじさんがわざわざ戻ってきて、『フリーだから、乗ってけ!』ってありましたからね。
しかも、超しつこい!

いくら断っても、どっかいなかい。
見かねた通りすがりのお兄さんが、何かおじさんに話して助けてくれましたけど、ほんとしつこかった。
後は、公園のベンチにボケーッと座ってると、いきなり隣に座ってきたお兄さん。

どっか飲みに行こう!というジェスチャーをしたから断ったら、
いきなり、SEX!という言葉を発せられました。
いやいや、自分の顔鏡で見てからでなおしてこい!と言いたかったけど、

ジョージア語もロシア語もわからぬ..
いきなり話しかけて来て、飲みにいこうはまだわかるけど、「一緒にホテル行こう」っていう人

このお兄さんの他に後二人遭遇しました。(真昼間なのに..)
極め付けは、今日の夕方、道を歩いてると、通りすがりのお腹が出たおっさん二人に、

いきなりSEX!と叫ばれ、ゲラゲラ笑われました。
子供か!

なんなんでしょう、舐められてますね。
どうやら、ジョージアが女性が強い(固い?)国みたい。
だから、溜まった性欲がこうやって弱そうな外国人に向けられるんてしょう。
(インドと一緒だね..

そんなこんなで、胸糞が悪い今日この頃。

もちろん、全員が全員こんな男性ばかりじゃなくて優しい人もいっぱいいます。
でも、それ以上に悪い思い出の印象が強くて・・
これが一週間ぐらいの滞在だったら、こんな嫌な思いもすることなく、あー良い国だったなー。で、終わってたかもしれません。

どんな国でも、良い所と悪い所があるもの。それは旅行じゃなくて、住んでみて初めて気づくのかもしれません。
できるだけその国の悪口は書きたくないのですが、こういう事があったよ!という注意喚起で書きました。
はい、イライラした気持ち、どっかいけ!

           


またもや、更新サボってごめんなさい|д゚)
  

ありがとうございます。18位です。

今日もあなたの手裏剣クリック頼みます。お願い!エイ!

気分を変えてアゼルバイジャンへショートトリップしてきます!・|д゚)
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

!|д゚)


ありがとうございます♡



yjimage
Instagram
再開しました。

Follow me♡
   

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ブログランキング・にほんブログ村へ

女忍者を応援する!

応援バナークリックお願いします。
世界一周ランキングに参加しています。
いいね!PC

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする