フリーランスになるのが不安な方へ!不安は独立した後も続きますYO!

怠け者




悩めるウサギ
  • 会社を辞めてフリーランスになってみたい!
  • でも、不安で踏み出せない。

 

勇気がなくて、中々会社を辞められない方。

フリーランスの働き方をしたいけど、不安で迷ってる方。

 

今日はフリーランスにつきものの「不安」という感情に向き合っていこうと思います。

 

こんにちは、女忍者(@nappy_saya)です!

昨年11月に仕事を辞めて、フリーランス生活1年目が終了しました。

 

フリーランス生活1年目。

会社を辞めるとき、フリーランスで果たしてやっていけるのか、めちゃくちゃ不安でした。

 

現在フリーランス生活1年目を終えたのですが、結果論として会社員時代より収入を得ることができました。

 

そんな私でもフリーランスになる前は、めちゃくちゃ不安でした。

でもこの不安って稼げるようになったら、なくなるものだと思ってたんです。

 

女忍者
いや、そうじゃなかったわ。

稼げるようになっても、まだ不安だよww

 

これからフリーランスになろうか迷われてる方は、一つの体験談と参考にしていただければ幸いです。

 

フリーランスに不安はつきもの

 

 

フリーランスとして、結果が出るまで不安。

これは、誰しも容易に想像できますよね?

 

会社員時代に安定してもらえた給料。

それがなくなるんです。

結果が出ればいいけれど、結果がでなければ収入は0..

 

女忍者
不安に思うのも、仕方ない。

 

私が今回定義したい問題は、フリーランスになって稼げるようになっても不安に思う件です。

これはフリーランスになる前は、想像してなかった!

 

▼詳しくは動画でも語ってます。

女忍者
この不安って、わたしが心配症なだけなのかな?

そう疑問に思いましたが、フリーランスの人で不安に思ってる人はけっこう多いようです。

 

 

 

 

女忍者
でも、そもそも不安になるのって悪いことだけじゃないよね?

 

必ずしも不安は悪いことばかりじゃない

 

「不安」という感情って、ネガティブなイメージがありますよね?

これはわたしの持論なんですが、必ずしも不安は悪いことばかりじゃないって思うんです。

 

例えばですね、わたしめっちゃ怠け者なんですよ、お恥ずかしいことに。。

怠け者

 

できることなら働きたくないし、楽してたくさんお金を稼ぎたいと思ってます!

そんな私から不安という感情をとりのぞいたらどうなることでしょう??

・・

女忍者
たぶん、働かなくなりますねw

 

「不安」という感情があるからこそ働くし、今を一生懸命生きようと努力してます。

 

過度に不安を抱くことは体とこころによくない気がしますが、適度な不安や緊張感って、決して悪いもんじゃないと思うんです。

 

・・まぁ、これは持論ですけど。

 

不安とうまく付き合うために有効な考え方

 

悩めるウサギ
そうはいっても不安で、不安でしょうがないんだよ、助けて!

そんな方のために、わたしがフリーランスで働く上で有効な、不安との向き合い方を書いていきます。

 

一生フリーランスでいる必要はない

 

 

ぶっちゃけて言えば、一生フリーランスで働く必要ってないんですよね。

わたしも今フリーランスの働き方をしてますが、この先ずっとフリーランスでいれるかは私にもわかりません。

 

「ずっとこの生活を続けたい」

そう思うから、人は不安になるのではないでしょうか?

 

女忍者
先のことなんてわかりませんが、わたしはもしフリーランスとして稼げなくなったら、会社員に戻ろうかと思います。

 

幸いなことに会社員の経験があるので、仕事を選びすぎなければ会社員として働ける環境にあります。

 

 

なので、人生の選択肢を広げるという意味でも、若者には「会社員もいいよ!」ってオススメしたいなー。

 

別にフリーランスも会社員も、ずっとその立場でいる必要はないんだし、

長い人生の間の数年間、会社員を経験したってその経験は無駄にはならないと思うんですよね。

 

女忍者
不安を消すという意味で、選択肢は多くもってた方がいいよ。

 

何とかなるという生き方を知る

 

最近読んだ本で衝撃を受けたものがありました。

マンガ 「自営業の老後」

女忍者
ちなみにこの本、kindle unlimitedの読み放題対象商品です。

 

フリーランスが、死ぬまで幸せに生きるために、
いま、できることのすべて

 

というのが副題なんですけど、これ読んでさらに不安になりました。

フリーランスが50歳になると仕事がなくなる問題や、年金などの話について詳しく書いてあります。

 

女忍者
この本を読んで、さらに不安になったんですけど、ある一人のフリーランスの方の紹介が私の心を軽くしました。

その方は、フリーライターとして働く65歳の佐竹さん。

 

佐竹さんは37歳でフリーランスのライターを目指したんだけど、

「安定収入があってこそ好きな仕事ができる」という考えの持ち主です。

 

フリーライターの仕事だけじゃなくて、土日だけホテルの配膳のアルバイトで、月10万稼ぐ。

以降ずっとライターと配膳の仕事の二歩のわらじ生活を続けてます。

 

現在の収入は、年金約月5万円+配膳のバイト+原稿の収入

 

▼ちなみに配膳のバイト代はこんな感じ!

通常月:土日のみで月7万円~8万円

閑散月(2月・8月):月5万円~6万円

忘年会・新年会の2か月で50万円

 

佐竹さんの支出は、収入を少し下回る程度。

「収入はそこまでなくても、支出を下げればなんとか生きていけそうだな..」と希望に思いました!

 

自分が50歳、60歳になった時ってなかなか想像できないですよね?

それは私が50歳、60歳でフリーランスとして生きてる人を知らないからだ。

 

女忍者
佐竹さんの考えと生活を知って、老後のイメージが何となくだけど想像できて不安が減りました。

 

フリーランスになりたい方や、実際にフリーランスの方は、この本おすすめだよ!

 

 

フリーランスは不安だけど、それでも今はフリーランスを選ぶ

 

 

女忍者
心配性な私は、正直フリーランス向いてないなぁーって思うんですよね、ぶっちゃけ。

心配性な私がフリーランスという働き方を選ぶ以上、この先も不安という感情とうまく付き合っていかなければなりません。

 

それでも、今は私はフリーランスという働き方を選びます。

 

なぜなら、この感情が強いから..

「好きなときに好きな場所で好きな人と一緒にいたい」

 

フリーランスは会社員と比べると不安定。

でも、不安という感情以上になしとげたいものがあるのなら。フリーランスという働き方は最高だと思いますよ!

 

女忍者
とりあえず、私は不安に押しつぶされないよう手を動かさなければ、、!

 

以上、フリーランスになるのが不安な方へむけて、フリーランス一年目の私が考えと体験談を書いていきました。

ちゃお!

 

 

 

怠け者

2 件のコメント

  • ひろさんサンです。
    さやさんの不安考えてみました。

    心の不安と現実の不安。
    心の不安は女性だから当たり前、女性というものは(ゴメン、上から目線で)現実思考なんです。
    現実が上手くいっていれば不安はなくなります。

    だから結婚、旦那の収入で食べると同時に、精神的に頼る人が出来ることで安定する。
    文句言っていても精神的に頼って居るのです。

    それに30代女性、性欲が強く出てくる年齢、此れも解消するには旦那、相手してくれないということから喧嘩、だったら独身でセフレを創る。結婚していてもセフレを上手く作ればいいのです。

    セフレなんてとんでもない、何につけても有れは駄目此れは駄目と考えるから苦しむのです。
    宗教的にも、拘るのが一番駄目で、心を開放させてあげることです。
    するとお相手に奥さんがいても、上手く関係を続けていればいいのです。

    女性は何でも自分の物と考える。
    旦那も子供もセフレも全て『自分の旦那、自分の子供、自分のセフレ』違います。

    個々には人格が有り、旦那は旦那で生きています。
    子供は子供の世界が有ります。

    セフレも自分のではないてす、セフレと上手く付きあうには、お互いの秘密をばらさない。
    デートはセフレとするのではなく、男友達とする。
    あくまでもセフレは、セックスの時だけの友達。

    この様に、自分という物をなくせば楽に成ります。
    相手の事を強く強く考えることです。

    次に現実の不安。
    現実として、安定的に収入が有ること、安定した生活が取れること。

    どの国か先ず考え決める。
    その国で商売を始めましょう。
    一人で無く、何人かでです。

    女性同士なら2人。男性を入れるとするなら3人が丁度いいのではと思います。
    只、女性だけだと舐められます、男性を入れるのなら1人1人だと、結婚しているのと同じなので男性2人女性1人がバランス的に良いと思います。

    この世の中は、現実、女性は現実、此れで現実が2となり、男性精神2人で、2対2となりバランスが取れます。
    私なら、男性2人とさやさん1人で何か商売をする。

    モロッコのエッサウィラにかごめ号が有りましたよね、この場所でご夫婦でラーメンやさんをしている方がいます。
    同じエッサウィラで、花屋さんをしているかたがいて、女性2人でやっています。

    商売をすると、商売でどうすれば儲かるかを考えてアタックを掛けて行きます。
    不安と言っている暇、暇が無いのです。
    上記は、ご夫婦と女性2人ということに成りましたが、独身の方達で上手くやってゆけないかなァ?

    他にも色々有ると思いますが、とりあえずこの2つがいいのではないかと考えました。

    私は海外年金生活です。
    将来の事を考えればやはり不安です。

    先ず、国はモロッコのエッサウィラか、ジョージア国のバトゥミと、考えが固定しつつあります。
    来年、家を売り引っ越しして嫁さんのお姉さんと嫁さんの同居をする場所マンションを見つけます。
    場所もお姉さんのOKも貰っています。

    引っ越して私は海外生活、1年後に帰国すると私の居場所がなくなっています。
    そこでマンションは嫁に譲り、離婚を考えています。

    後は現地で嫁を探し、結婚もしくは同棲、年金で生活できる国で治安も良い国となるとこの二つでしょう。
    すると老後の不安もなくなります。
    極力、年金を浮かせての生活をし嫁の為にお金を残してゆくつもりです。
    少しづつ副業もしお金を貯めて行こうと思います、現地の嫁の為です。

    さあ さやさん、どうしましょう。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です