結婚のメリット・デメリット!結婚2年目の私の体験談です。




この記事を書いた人

みい
みい

化粧品が大好きな美容部員。
東京都在住の30歳。
趣味はヨガです!

 

 

悩めるウサギ
結婚するメリットって何?

幸せな家庭を築きたいけど、不安な気持ちもある。

 

将来は素敵な旦那様を見つけて幸せな家庭を築きたい!

そう考えている女性は多いですよね?

 

その一方で、近ごろ女性の社会進出が著しく、男性同等に仕事をこなしキャリアを積んでいる女性が急増しています。

私もそのうちの一人。

 

  • 結婚したいという気持ち
  • このまま仕事をしてキャリアを積みたいという気持ち

 

両方の気持ちの間で揺れていました。

 

考えすぎて、結婚に対する気持ちが薄れていった時期もあったんです。

みい
果たして、結婚する意味があるのだろうか…

 

ですが、私は今結婚して良かったと思っています。

 

みい
現在30歳の私は、結婚2年目のまだまだ日の浅い夫婦で、お互い共働きです。

 

結婚に対する考えは人それぞれ。

結婚後に結婚なんてしなければ良かったと思う人もいれば、私のように結婚して良かったと思う女性もいます。

 

本当のところは結局、結婚してみないと分かりません。

でも、事前に少しでも結婚することによって生じることは知っておきたいですよね?

 

回私がお話しさせて頂こうと思うのは、結婚についてのメリットとデメリット

まだまだ私自身も妻として半人前です。

 

でも、結婚する前には気づかなかった結婚のメリット・デメリットをしみじみ感じています

  • 幸せな家庭を築きたいけど、不安な気持ちもある方/strong>
  • 結婚にたいしてメリットを感じられない方
そんなあなたの将来のビジョンを見直してみるキッカケになれば、幸いです。

 

結婚のメリット

結婚のメリット

私が「結婚してよかった」と思うことを挙げていきます!

 

精神的に安定する

結婚して一番変わったなと思うのが精神面です。

私自身も昔はたくさん恋愛して、そのたびに一喜一憂していました。

恋愛する上で嬉しいことも楽しいことも経験してきましたが、その分傷つくことも沢山ありました。

 

それが悪いと言う訳では全くありません。

でも、変な男性と付き合って心が沈むことがなくなりました。

別れるたびに感じる喪失感や寂しさが減りました。

 

みい
精神面が安定したなと自分で感じるのです。

 

夫婦になると良くも悪くも相手にワクワクしたり、ドキドキすることが少なくなります

その分相手への安心感や、信頼感が強くなり、この人と一緒にいたら安心するという関係を築くことが出来るのです。

夫婦

些細なことを言うと、病気や風邪をひいた時も常に一緒にいてくれるのが夫。

自分の身に何かあって一番そばにいて、助けてくれます。

 

結婚式の時によく耳にする言葉ですが「病める時も健やかなる時も」それを共有してくれるのが家族なのです。

みい
家族ってすごく心強いですよ。

 

経済面で安定する

私の家庭の収支のバランスは、ザックリ言うと6:4くらいのバランス。

私よりも旦那の方が稼ぎは圧倒的に多いです。

 

最近では女性が社会で活躍している時代なので、男性同等に稼ぎをもらって働いている女性も多いと思います。

働く女性

ですが、やはりまだ女性が一生涯一人で働いて生きていくとなると・・

十分な保証やサポートがあるかと言われると、少し心配になりますよね?

 

結婚しても共働きである家庭が多いです。

 

やはり家計においては、男性の方が比重が大きい家庭が多い気がします。

男性側も、より仕事への責任感が増し独身時代よりもバリバリ働いてくれてます。

みい
私の旦那は仕事をする上で「養う家族が居ると仕事にも精が出る」と言ってくれてます。

 

旦那は仕事に精が出て、私の生活面は安定するという「Win-Win」の関係を築けてるんじゃないかな?

 

また、病気やケガで働けない環境になっても、自分以外にも収入源があると思うと精神的にも安定しますよ。

 

社会的信頼を得られる

最近では、結婚していない人に対しての偏見は少ないです。

でも、まだ古い考えの方は「結婚することが当然」と思う人も居るのが現実・・

 

私自身、結婚していないことが非とは思いません。

ですが、一定数古い考えの方はいるのです。

 

みい
  • 男性の場合、「家庭をもって、養っている男が一人前」
  • 女性の場合、「子供を産んで育ててこそ女として一人前」

すごく辛辣な考えだなとは思うのですが、そういう考えの人もいます。

 

私も実際働いている時に取引先の方にこんなことを聞かれました。

結婚はしないの?

 

アラサーで良い年だし、「結婚は?お相手は?」とズバズバと聞かれることが多かったです。

 

みい
結婚してからはパタリと聞かれなくなったので、楽だなと感じる部分が大きかったです。

 

愛する人とずっと一緒にいれる

自分が一番信頼して、一番大切だと思える相手とずっと一緒に居られる安心感

他の何にも代えがたい有意義な時間です。

夫婦

「今日仕事でこんな嫌なことがあったの」

「スーパーでおいしそうなブドウが売っていて、買おうか迷ったよ」

「今日友達とお茶しに行ったんだ」

 

ムカついた話や楽しかった話、どうでもいい話を聞いてくれる、会話が出来る相手が家に居るのは安心します

一人では感じられない幸福感を味わうことが出来るのです。

 

愛する人と幸せを共有することで、「明日仕事を頑張るぞ、家事を頑張るぞ」と生きる原動力になります。

幸せな時間

自分ひとりの為に頑張るよりも、自分より大切な相手の為に頑張る方が、よっぽど力強いものです。

 

また、自分の心が豊かになることで人生が豊かになります。

一人よりも、愛する人の為に頑張ることはとても幸せなことですよ。

 

子供が居る幸せを感じることができる

出産は、結婚とはまた違う幸せを感じることができます。

子ども

子供って見ているだけでも癒されますし、何よりも幸せの幅が広がりますよね。

だだ人を育てるという事は生半可なことではないです。

 

幸せの反面、苦労することも大変だと感じることも倍増します。

苦労したからこそ感じる幸福があったり、些細な子供の成長が嬉しかったりしますよね。

みい
将来どんな子になるんだろう~!と胸が膨らみます。

 

税金の面でお得

少しお金に絡めたお話をさせて頂きます。

私たち夫婦は、共働き。

お互いそこそこの年収があるので適応外なのですが、周りの主婦友達は「扶養控除」というシステムを利用しています。

 

みい
103万以下の年収であれば住民税、所得税が一切かからないのです。

 

今の時代、結婚してすぐに専業主婦になるという女性は少ないです。

専業主婦以外にも、バイトやパートで103万以下の金額であれば税金を控除できます。

これを利用すれば、お得にお金を稼ぐことが可能になります。

 

結婚するデメリット

デメリット

結婚のいいところばっかり挙げていきましたが、もちろん嫌な面もあります。

「独身の方が良かったかも」と思ったことを書いていきます。

 

自由に使えるお金が無くなる

最近では共働き夫婦が多く、子供が居ない場合、お財布は別々と言う夫婦も増えています。

でも私たちの場合は、お財布を共有しています。

 

みい
結婚した当初から持ち家が欲しかった。

また子どもを生むことに備えて、共有することにしました。

 

私自身が結婚して不自由だと感じるのは、お金が自由に使えないという事でした。

今現在はは私が旦那と自分の給料を管理しています。

お互いにお小遣いを決めており、使える額は月に5万と決めてます。

お金

「普通のサラリーマンに比べると多いのでは無いか?」と言われることもあります。

でも、お酒の場が好きだったり、お洋服、化粧品などに目が無い私。

月5万はとても窮屈に感じるのです。

 

結婚するまでは、それはそれは自由に自分のお金を使っていました。

憧れのブランドバックを買ってみたり。

好きなお洋服を好きなだけ選んだり、お友達との飲み会で豪遊したり…

独身時代のイメージ

 

しかし夫婦になると、自分のお給料も旦那の給料も共有財産になります。

みい
私の場合、「欲しい財布があるんですけど…」といちいち断りをいれてます。

 

正直、独身の時よりも金銭面は面倒です。

自由に使いたいと思うことだってあります。

 

今まで自分の為だけにしていた貯金。

住宅ローンや車のローンを払わなければならなかったりで、自分のお金を貯めることもなくなりました。

みい
まだまだ自分にお金をかけたい、遊びたい!

そんな方はまだ結婚しない方が良いと思います。

 

結婚に伴う手続きが面倒

苗字が変わることで面倒なことが沢山ありました。

 

細かいところで言うと、私の場合結婚しても会社員としてバリバリ働いてます。

みい
会社での呼び名をどうしよう。今まで旧姓で呼ばれていたのに新しい名前で呼ばれるもどかしさがあるな…

色々と葛藤もありました。

 

そして苗字が変わるに当たって、一番の面倒ポイントが手続きです。

苗字が変わると、以下のことを変更しなければいけません。

変更したもの 手続き内容
戸籍 市役所、区役所でもらえる婚姻届けの記入、住所が変わる場合は住民票などの記入と提出
銀行 各銀行での手続き
クレジットカード クレジットカードの裏面などに記載されている電話番号に電話し、後日配送される用紙に必要事項の記入
免許証 警察署、運転免許センターにて更新
パスポート 旅券担当窓口にて変更
印鑑 店舗にて新しい苗字の印鑑を購入、作成
会社 名前が変わるので新しい口座を申請

 

とても1日では終わる内容ではありませんでした。

みい
たった苗字が数文字変わるだけで、こんなにも大変なの..と正直めんどくさかったです。

 

嫁・姑問題

独身ではありえない悩みが増えます。

みい
ネットやTV、友人の話などで、「そんな姑がいるの!?」と驚いてしまうような話だって耳にします。

 

結婚するということは、家族が増えるということです。

本人同士の問題では無くなるのです。

 

特に面倒なのは息子を愛してやまないです。

息子を取られた喪失感から嫁に攻撃的になる姑は少なくありません。

 

逆に姑を味方にしてしまえば楽ですが、敵になるとやっかいですね。

みい
私の場合、有難い事にやっかいな姑さんではないです。

でも友達の姑さんは攻撃的で、大変だという愚痴をよく聞きます。

 

そして結婚することで、面倒な家族ぐるみのイベントが増えます。

例えば・・

  • お盆の墓参り
  • 年末年始のご挨拶
  • 旦那側の両親の介護

 

自分の家族なら許せることも、血のつながっていない家族だと面倒だと感じるポイントがいくつもあります。

でも、面倒なことも含めて、結婚なのです。

 

子供は?と聞かれる

先ほど結婚するメリットで、子供のことを挙げました。

ただ、私たち夫婦の間に子供がいません。

私自身が子供を授かりにくい体質で、もう子供を授かるのは難しいと思っています。

 

みい
私にとって「子供はまだなの?」と聞かれること自体デリケートな悩み。できれば触れてほしくないと思っています。

 

子供が出来にくい体質以外の方でも、「今は仕事をしたいから子供は考えてない」と思っているご家庭も多いですよね?

世間的に「女性は子供を産んでから一人前と言う考えの方もいます。

 

そうなると私はまだ半人前なのか…と悩むこともありました。

結婚=子供をつくる」という世間の風潮に悩まされることもあるのです。

 

みい
悩んでてもしょうがないので、今は子供がいない分、旦那と一緒にいれる時間を大切にしています。

 

みんな結婚に対してどう考えてるの?

ここまでは、結婚2年目の私の意見でした。

でも、世間の皆さんは結婚に対してどんな感情を持ってるんだろうと思って、調べてみました。

 

 

 

 

結婚なんてのは若いうちにしなきゃダメなの。物事の分別がついたらできないんだから

深い言葉です。

年を重ねるにつれて、人間は色々と考えすぎようになります。

結婚のデメリットを考え出したら、結婚することも躊躇してしまいますよね・・

 

さいごに

何か大きな決断をする上で必ず付きまとうのが、メリットとデメリット。

結婚2年目の私が考える結婚のメリット・デメリットはこんな感じでした。

 

▼結婚のメリット

  • 精神的に安定する
  • 経済面で安定する
  • 社会的信頼を得られる
  • 愛する人とずっと一緒にいれる
  • 子供が居る幸せを感じることができる
  • 税金の面でお得

 

▼結婚のデメリット

  • 自由に使えるお金が無くなる
  • 結婚に伴う手続きが面倒
  • 嫁・姑問題
  • 「子供はまだなの?」と聞かれる

 

結婚に対しての意見はたくさんあります。

結婚生活がうまくいかず、離婚して傷心している人の話と私の意見は違います。

 

みい
人によって何通りもの「結婚のメリット、デメリット」があると思います。

 

個人的な意見なのですが・・

私は様々なデメリットを踏まえたうえでも、結婚して本当に良かったと思っています。

そう思えるのは、心から愛する旦那に出会えたからこそ

 

「この人と一緒にいたい」と思う人に出会えたとき。

結婚するデメリットってあんまり気にならないんじゃないでしょうか?

 

みい
とはいえ今の時代、結婚が全てではないです。

 

もしも、結婚する上でデメリットが大きいと感じたら「結婚しない」という選択肢をとるのも全然ありです。

 

「結婚」は手段であって、目的ではありません。

大事なのは、自分が幸せかどうか・・

このことを考えたら、自ずと答えは見えてきますよね?

 

結婚について迷われてる方、どうぞ私の意見が参考になりますように。

 

以上、結婚のメリット・デメリットについて。

結婚2年目の私が独断と偏見で書いていきました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です