サダルストリートで出会ったインド人の「さとし」の話。

さとし




ナマステー!女忍者(@nappy_saya)です!
サダルストリートは、なかなか濃い場所でした。

コルカタのサダルストリートで出会った「さとし」という男。

関西弁がはんぱなく上手い。

関東の人が使う変な関西弁なんかより、よっぽど関西弁!

さとし

こんな顔しておきながら 「さとし」 って名を名乗る。

てれさが一人で歩いているときに、さとしに話しかけられ仲良くなったらしい。

「ちょっと茶しばきに行かへん?」

この顔で言いますからね・・

さとし

さとしにはお世話になりました。

「バングラデシュの地球の歩き方を探してるんだ!」と言えば、さとしの日本人の友達に聞いて、本を持ってきてくれた。

「バングラデシュまでどうやって行くか調べてるんだ!」と言えば、一番安いバス会社を教えてくれた。

 

女忍者
本当に他よりも安かった!。

 

さとしの周りには日本人がいっぱい集まっていた

昨日の深夜にコルカタに着いたというメガネの男性が、さとしと話していたので聞き耳をたててみた。

 

メガネの人 「昨日の深夜さとしを探してたのに、なんでいなかったの?」

さとし  「あほか!深夜2時やろ? 寝てるっちゅうねん!」

 

うん。さとしの方が正論。

 

このメガネの男性。

結局さとしが見つからなかったからそのままベンチで寝てて、警察に起こされ怒られたみたい。

どんだけ!w

 

泊まってる宿がたぶん隣りの部屋の男女も、さとしと楽しそうに話してました。

今日の朝にチェックアウトしたことを知ってたから、初めて話しかけてみる。

 

何回か「あ!この人たち隣の部屋の人かな?」と思いながら見てたのですが、決して話しかけなかったんだ。

なぜなら・・気まずいから

部屋の壁が薄すぎて、彼らが話してる内容も全部聞こえてくる。

なんなら、私たちのイビキの音や、オナラの音。

爪を切る音でさえ聞こえていたのでは、ないでしょうか?

これが欧米人だと気を使わないけど、日本人だとなぜか気を使ってしまう。

 

予想してた通り穏やかな二人。

インドにどっぷりはまり、6か月もいたそう。旅慣れた雰囲気も納得。

女忍者
男女二人の旅人には、その間柄を聞かない!と以前失敗した時に決めていたから、二人の関係はわからずじまい。
あー聞きたいのに聞けないってもどかしいなぁ。

 

サダルストリートは怖いところ?

ここコルカタ サダルストリートは少し前に起きた、悲惨な事件の起因の場所。

インド ・・ レイプ

という言葉が少なからず思い浮かぶのではないでしょうか?

さとしも嘆いてました。「観光客が減って、商売あがったりやわ!」って。

私も今回インドに行くまでは、すごく怖かった。

でも実際来てみて思った。

 

結局は自分次第。

悪い人もいれば、良い人もいる。
騙す人もいれば、単に優しいだけの人もいる。それは日本も一緒。

 

女忍者
どうやってインド人を見極めよう?

・・基本的にインド人を信じきれない自分もいる。

でもね、よくわからない魅力で溢れているインドに、来るのを止めなくてよかった!って本当に思うよ。

 

おまけ:さとしは、テレビ番組『ダウンタウンDX』にも出演したことがあるらしい。

「ダウンタウンの友達と名乗る人がインドにいる!」っていう内容で、まさかのテレビ出演。

サダルストリートに行かれた際は、是非さとしを探してくださいね。

 

さとし

2 件のコメント

  • あ、おれらもサトシにお世話になりまくりました!!笑 旅に出て一番日本語の上手い外人だった気がする。
    トレッキングお気をつけて〜!

  • しょうくん
    あんだけ関西弁うまい人なかなかいないですよね..
    ありがとうございます。
    無事でした!次会えるのは、ヨーロッパかな?またトランプしましょうね‼︎

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です