インド観光のお勧めスポット!インド好き女子がおすすめするよ!

インド




こんにちは、女忍者(@nappy_saya)です。

あなたはインド好きですか?嫌いですか?

一度インドに行ったことがある人は分かるかもしれませんが、インドは好き嫌いが分かれる国です。

私が 初めてもう二度とインドに行かないと思っていました。笑

でも、なぜかいつのまにかインドにはまってしまい、今まででインドには3回訪れました。

 

この記事を読んでいただいている方はインドに興味があってインドに行く予定がある方も多いと思います。

インドを好きになるか嫌いになるか、8割はインドのどこに訪れるかによって変わってくると思います。

 

なので今日は、 インドのおすすめスポットをインドに3回行った私がお教えします。

願わくば、あなたがインドを好きになることを願って!

是非参考にして頂けたら嬉しいです。

それではどうぞ!

 

インドは大きい!

 

ご存知だとは思いますが、インドはとても大きい国です!

世界で7番目に大きくて、面積は日本の約8倍です。

そのため、全部の地域に旅行するとすれば、とても時間がかかります。

インドのイメージ

私がインドを初めて訪れた時は一週間でデリー、アグラ、バラナシの所謂ゴールデンルートを周りました。

もう一度いいますが、インドはとても大きい。

一週間では全然足りなかった。

 

インドには二度と行くかと思ってたけど、なぜかいつのまにかインドのことを好きになった私。

「もっと他の場所も訪れてみたい!」そう思った私はもう一度インドに行くことにしました。

二回行っても、三回行っても、全ては回りきれなかったけど。(笑)

 

インドは呼ばれるもの」とよく言いますが、呼ばれたときにどこに行くかは考えておいたほうがいい!

三回目に私が訪れたインドのスポットがすごくよかったので、私のたどったルートを振り返りながらインドのおすすめの町を挙げていきます。

 

私がインドに2ヶ月滞在したルート

約2ヶ月インドに滞在して、インドを半周しました。
今回行った、女忍者の写真と共に振り返ってみましょう!

20150720013621ac4.jpg

 

コルカタ

世界一汚い街かと思ってたのに・・良い意味で裏切られた場所がコルカタです。

サダルストリート

バックパッカーなら一度は訪れたいスポット「サダルストリート

サダルストリートのさとし

「深夜特急」の 沢木耕太郎さんが沈没したというスポットは、中々衝撃でなんだか旅人の仲間入りできる気がするよ。

サダルストリートには、関西弁がはんぱなく上手い「さとし」という男がいた。

関東の人が使う変な関西弁なんかより、よっぽど関西弁。

こんな顔しておきながら 「さとし」 って名を名乗る。

 

サダルストリートを歩いていたときに、「ちょっと茶しばきに行かへん?」と声をかけられたのがさとしとの出会いだった。

さとしにはすごくお世話になりました。

またコルカタは、マザーテレサのボランティアでも有名な場所です。

DSC03499.jpg

 

 

ブッダガヤ

仏陀が悟りを開いた場所。
ここに訪れると、やっぱり神聖な気持ちになりますね。

DSC03811.jpg

日本寺もあり、インドにいながら日本を感じられる場所でもあります。

DSC04009.jpg

ここでは、バングラデシュ寺にお世話になりましたね。
結婚してない。って嘘ついたから、みんなすごく良くしてくれた。

③バラナシ

もう、訳がわからないよ、バラナシは。
汚すぎるんだよ!ウンコロード。

DSC04326.jpg

サドゥの存在は、本当に謎。

DSC04401.jpg

ここでは、楽しくてつらいホーリーも経験しました。

【インドのホーリー祭】女子はセクハラ覚悟!バラナシで参加してきたよ。2018年はいつ開催?

20150719070855eff.jpg

(ネパールで一ヶ月休息後)

④アグラ

やっぱり美しい!タージマハル。
ココがお墓だなんて信じられない。

DSC06916.jpg

何回見ても飽きない場所。

DSC06883.jpg

(デリー経由)

⑤アムリトサル

シク教の聖地の黄金寺院。
まるで、異世界に来たかのような空間。

DSC07026.jpg

一日、十万食のごはんが振る舞われる場所。
無料でごはん・・ 最高です!

DSC07019.jpg

(デリー経由)

⑥ジャイサルメール

茶色(黄金)の街。
とにかく暑かった砂漠の街。

DSC07388_20150718195358085.jpg

クーリー村で初めてラクダに乗ったけど、あまりの乗り心地の悪さにビックリ。

DSC07547.jpg

⑦ジョードプル

青の街。ワンピースのモデルになった場所としても有名。

DSC07916.jpg

こんな写真撮ってるけど、意外と青じゃなくてちょっとガッカリ。

DSC07990.jpg

⑧ムンバイ

都会!商業都市。
インドじゃないみたいな場所。
スラムドック・ミリオネアの舞台にもなりました。

DSC08248.jpg

全て手作業で洗う洗濯場は、商業都市とは正反対。

DSC08282.jpg

⑨ゴア

ビーチとパーティで有名なゴア。

DSC08395.jpg

インド版バービーをゴアのスーパーで発見。(熱でダウンしてたので、あまり記憶がないのが残念。)

DSC08390.jpg

⑩ハンピ

評判通りのすっごくいい場所でした。

DSC08625.jpg

岩・岩・岩 のこの風景。何だココは!!って感じでした。

1_20150719061402680.jpg

(チェンナイ経由)

⑪マハバリプラム

微妙な場所に立つバターボール。象が押しても動かなかったんだって。

DSC08923.jpg

のーんびりした良い場所でしたよ。

DSC08983.jpg

⑫プドゥチェリー

201507142033285a5.jpg

フランスの香りただよう、インドらしくない街。

201507142110208e4.jpg

オーロビル.. 気になります。

⑬ヴァティシュワンコイル

ここではアガスティアの葉を体験。
まさか過去のインド人が、私の人生を予言してたなんて..

201507151638423f5.jpg 20150718165143def.jpg

⑭マドゥライ

スリランカへの飛行機が安いマドゥライ。

20150718164903198.jpg

でっかい寺院と南インド料理 ミールスを堪能。

201507181732008de.jpg

【次回行きたい場所】

★リシケシ

2015071907203504c.jpg
出典 http://www.tabikobo.com/

★ラダック レー

20150719124920993.jpg
出典 http://www.saiyu.co.jp/

★アジャンタ・エローラ

20150719074135e5f.jpg
出典 http://www.saiyu.co.jp/

こうして振り返ると、やっぱり楽しかったインド。

街が変われば雰囲気もとんと変わるから、本当に飽きない!

行きたい場所は、今回はルートには組み込んでなかったけど
実際に行った人に『ここがお勧め!』っていうのを聞いて
私も行きたくなっちゃった場所です。

 

 

インドで知った「へー!」な雑学

これからインドに来る人は、少しだけ役に立つかも..!な情報をまとめていきます!

インドに来て、初めて知った『へー!』な情報。

是非インドに行く前に見ておいてくださいね!

◆インドの女性は、結婚してるか結婚してないかが、一目でわかる!

インドの女性

髪の生え際を赤くしている女性をよく見かけます。

これは、結婚した女性がするもの。未亡人になったら、しないそうです。

ちなみに結婚指輪は左手の薬指じゃなくて、足にします。

インドの結婚指輪

まだまだ親同士が決める結婚が多いみたいです。その場合、
結婚式当日に初めて会うらしい..

 

◆身内が亡くなったとき、男性は坊主にする。

完全な坊主じゃなくて、なぜか後ろにチョロっと残す人もいる・・

意味はあるのだろうか。

 

◆小さい子が目の周りを黒くしているのは、魔除け&目を保護するため。
小さい男の子

この黒く塗られてるのは、カジャルというもの。

目の疲れをとり、疾患を防ぐ効果あると言われてます。


カジャリ

ちなみに、私はこのカジャルをアイライナーとして使っています。色の濃さはGoodなのですが、すぐパンダ目になることが欠点。


◆ゴミ箱は道路。


201505081431433be.jpg

ポイポイ捨てるのがインドの常識?電車の窓から、バスの窓からもみんな捨て放題でした。

 

◆電車のトイレは線路に垂れ流し!

ボットン線路へ直行です。

そのせいか、車内はオシッコ臭いことが多いです。


201505081447240b1.jpg

 


◆電車のチケットは思ったより、取りにくい。


20150508144725117.jpg

キャンセル料が安いから、インド人はどんどん買って後でキャンセル。

上のクラスの席からどんどん売れていき、『2、3日後にココに行きたい』と、チケットを取ろうとしても、キャンセル待ちなことが多かった。

※席が決まってないジェネラルシートならいつでも乗れます。

南インドはバスが発達してたので、予約いらずのバスで回れました。

◆電車にいきなりオカマが乱入してきて、お金を要求される。


20150508144526b19.jpg

サリーをきたおかまさんが電車に登場したら、インド人は素直に10ルピーほど渡してました。

外国人である私には、基本からんできませんでした。

 ◆基本的にうるさい。

201505081445515a1.jpg
電車で『チャイ、チャイ』うるさいし、道ではクラクション『ブーブー』鳴らすし、おばさんの電話の声もやたらでかい。

(都会限定?)でっかい声で怒鳴って、相手に掴みかかろうとする男性を電車や道端で、一日一回は見た。

 

◆お弁当はやっぱりカレーとチャパティ。


20150508140501073.jpg

電車内でも買えますが、家から作ったものを持ち込んで食べてる人も多かったです。


20150508142201120.jpg

さすが、インドの国民食!

 

◆牛はヒンドゥー教の中で神聖な動物なはずなのに、結構扱いが雑!


2015050814320434d.jpg

牛が道を防いでいたら『ハッ!』と言って追い払ってる。竹の棒で叩いて追い払ってる人も見ました。ちなみに犬の扱いはもっと酷い!

猿は煙たがられてる。

◆日本に友達がいるんだ。という人がやたら多い。


2015050814040969f.jpg
何人からこの言葉を聞いただろう。FACEBOOKでつながると、送られてくるメッセージの数がすごい事になる。
そもそも友達の概念が軽い。会った瞬間、友達。
◆ナルシストな男性が多い。

20150508142315e74.jpg

イメージです。彼らは(多分)ナルシストではありません。

鏡チェックがお気に入り。FACEBOOKで、自分が一人で写ってる写真に、多くの人をタグ付けして投稿してくる人もなぜかいる。


◆ありがとう。ごめんなさい。という言葉を使わない。

『深夜特急』情報です。カースト制度も関係してるそう。

旅中、『ありがとう』は数回耳にしたけど『ごめんなさい』は、結局一回も聞かなかった。

下を向いて両耳を手で引っ張ってるポーズが、ごめんなさいのポーズらしい。ちょっと可愛い。


電話をかけるときは、ハロー?


20150508143141a82.jpg

ナマステじゃなく『ハロー?』

自分のことを呼ばれてる?と反応すると、電話中だったことがよく会った。

 

◆女性がオシャレ。


201505081452010d9.jpg


20150508145016a9c.jpg
 

カラフルなサリーに身をつつみ、腕元にはじゃじゃらブレスレット。足にもじゃらじゃらアンクレット。爪にはマニキュアに指輪。

(もちろん足にも!)

ちなみに、サリーからお腹がどーんと見える人も多い。(特におばちゃん)女性のお腹はセクシーポイントじゃないから、みんな気にしてない。

 

◆オーガニック化粧品が豊富。


20150508143610e64.jpg

これはお土産にも最適。

ヒマラヤやバイオテークなどは、手頃な価格でどこでもゲットできます。

 

◆お腹だけポコッと出てる男性が多い。


20150508140420d62.jpg

チャイの飲みすぎ、炭水化物の取りすぎと推測してる。

◆敗れたお金は受けとってもらえない。 


20150508145158790.jpg

敗れてたら返される。セロテープで貼り合わせてあってもダメ。(そのくせ、いっぱい落書きされてるのはオッケー!)

うっかり受けとってしまてったら、いかに相手に気づかずに渡せるか勝負。ババ抜きみたい。

高額すぎるお金も受けとってもらえない。(おつりがないから。)

ちなみに硬貨はかわいい。 

20150508145118a56.jpg

 

◆マンゴージュースとライムジュースが美味しい。


20150508142159c95.jpg 

201505081422369d5.jpg 

インド限定?濃厚なマンゴーをそのまますり潰した味がする『maaza』と、ライム味のサイダー 『Limca』。

これは日本で販売しても、確実に大ヒットすると思う。

言わずもがな『チャイ』『ラッシー』は、インドに来たら確実に飲むべき!

 

◆蚊対策はグッナイで完璧。

 

20150514015200abe.jpg
蚊取り線香よりも強力なGood knight

コンセントに刺すだけで大量の蚊が数分で全滅。85ルピーぐらいで買えます。
塗るタイプの蚊除け、ODOMOSもお勧め。

==

いかがでしたでしょうか?

好き嫌いがハッキリ分かれる国。インド。

『インドなんて二度と行くか!ボケ!』初めて訪れたときはそう思ってたけど..

何故かクセになる国。インド。死ぬまでに、後一回は訪れることになるんだろうな..

『インドを離れるの寂しい』言うてたけど、昨日から急にインド疲れ。

一刻も早くインドを去りたい女忍者なのでした。

インド

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です