【ハマル族】ブルジャンプとムチ打ちに衝撃を受けた件【エチオピア民族巡り】




ムチ打ち後のハマル族女性の背中は、痛々しかった。

*
朝7時にツーリストホテル前に集合。
ドライバーは30分ほど遅れでやってきた。

開口一番の言葉が「Sorry」

遅れはしたものの、どうやら彼はいい奴そうだ。

彼の名前は、難しくて覚えられなかった。(失礼)
ブルケンというあだ名で、皆呼んでいた。

ホテルの人の情報だと、直前まであるかどうかわからなかったブルジャンプ
ブルケンの情報によると、今日確かにトゥルミで開催されるらしい。

14時30分からその儀式は始まるそう。

え?間に合わないじゃん。

昼食、休憩なし。

ブルケンにはそんな過酷な運転を、初日から強いてしまった。

*

そもそも、ブルジャンプとは?

エチオピアの少数民族(ハマル族とバンナ族)が、行う成人の儀式

牛を並べて、その上を男性が全裸で四往復。

無事に往復出来たら、成人として認められる。

ちなみに、ハマル族とバンナ族間の結婚は、認められてるそうです。
(共に、ブルジャンプの文化もあるので。)

アルバミンチから7時間ほどかけて、一気にやって来たトゥルミ。



そこで、夢にまで見た第一民族発見。

テンション上がって、手裏剣を持ってもらいました。

 

彼女がハマル族の女性です。

赤土で塗り固められた髪の毛が特徴。

飲みかけのペットボトルの水を餌に、接触を試みます。

 

ピンク忍者の姿は、少々物珍しかったみたい。

でも、お互い言葉は通じないので、コミュニケーションは図れず・・



靴を脱いで川を渡り、ブルジャンプが行われる会場を目指します。

そこにいたのは、たくさんのハマル族の女性。

みんな、ブルジャンプをする男性の親族です。

ブルジャンプのために雇ったガイドに、写真はFreeだと聞いていたけれど・・

彼女たちは、私たち観光客の存在がうっとうしそう。

誰一人カメラ目線をくれません(しょんぼり)

 

払ったブルジャンプの見学料は1人500ブル(約2850円)と、結構いいお値段。

だから、正直もうちょっと歓迎してもらえるものかと勝手に思ってました。

 

この見学料は、ブルジャンプする彼の家族の収入になるそう。 なんでも牛を用意するのに大量のお金がかかるとか。

足に着けているのは、大量の鈴。

ラッパを鳴らしながら、彼女たちは飛び跳ねます。


「シャン、シャン、シャン」

飛び跳ねるごとに鳴る、賑やかな音。

彼女たちの奏でる音が、この場に花を添えているのでしょうか。

そして、不意に始まったムチ打ち。

若い男性が若い女性めがけて、思いっきり木の棒を振り降ろしてます。



「次は、私を打って!」

プープープーというラッパの音を鳴らしながら、必死にアピール。

女性は飛び跳ねながら、ムチが降ろされるのを待ちます。



ムチを打つのは、以前にブルジャンプを終えた男性。

次々とやって来るムチ打ち希望者に、休む間もなく打たれるムチ。

 

▼動画はこちらでどうぞ。

背中。

超痛そうなんですけど。。

彼女たちにとって、この背中の傷は勲章。

傷が多ければ多いほど、いい女として認められるのだ。

ハマル族は、一夫多妻制

二回目の結婚からは、恋愛結婚でもオッケーだけど初婚は男性の両親が必ず選ぶそう。

その基準となるのが、この背中についた女の勲章なのです。

ムチ打ちの様子を眺める女性。

「息子の結婚相手はどの子がいいだろう?」 そんなこと考えてるのかな?

ちなみに、ハマル族の女性。首輪の数が結婚の回数。

右の人、右から二番目の人がしてる、突起のような物が着いてる首輪にご注目。

これが、第一夫人の証なのです。

ムチ打ちをしている傍ら。
男性たちの間では、ペイントが始まった。

石をこすり、器用に描いていく。


・・
 
Photo by Teresa

やりたがりの私も、もちろんペイントしてもらう。

うん。

なんか、眉毛みたい。。

*

ブルジャンプが行われるのは、こことは違う別の場所。

歩いて移動。

そこには、大量の牛がおりました。



女性が牛を囲む。

そして、牛から離れて、集まり、飛び跳ねる。



ラッパの音に、鈴の音。
賑やかな音がここでも鳴り響く。



炎天下の中、この行為は何度でも続く。

・・熱中症になりそう。

日陰で休んでいると、新しい動きが始まった。



ようやく、今日のメインイベント!

ブルジャンプが始まるみたい。



彼が飛ぶ牛を並べるのに、男性たちは必至。

尻尾を引っ張ったり、口の中に手をつっこんだり。

数分後、準備は整った。

彼が今日の主役。

全裸です。(まじまじと拝見させていただきました。)

(観光客の数、すごい。。)

成人になるために、彼が男を見せるとき・・

いけ!!

 
Photo by Teresa

Photo by Teresa

Photo by Teresa

Photo by Teresa

飛んだ!!

見守る女性陣も、なんだか嬉しそう。白い歯が見えます。



これで、彼も立派な成人です。おめでとう。

でも、こんなに多くな観光客の前で、一糸まとわぬ姿を披露するのはどうな気持ちなんだろ?

大事なところを時折隠したりもしてたので、そりゃ恥ずかしい気持ちもあるのでしょう。

でも、観光客がいればいるほど、お金にはなるからいいのかな・・

初日から、無事見学できたブルジャンプ。

牛の上を飛ぶのは、一瞬の出来事。

女忍者
「え?もう終わったんだ?」 というのが私の感想。

 

メインイベントのブルジャンプより、赤い血が出るほどムチ打ちされてた女性の方が、印象に残った一日でした。

 

エチオピア民族巡り1日目

◆ハマル族にかかった費用◆
・車1日チャーター(120ドル÷6)20ドル
・ブルジャンプ見学料 500ブル(約2850円)
・ローカルガイド料(400ブル÷6)約67ブル(約380円)

 

3 件のコメント

  • かなり痛々しい感じがしましたが、いい女性の証なのですね。体調などいかがですか?いつも楽しみにしてますので、ご自愛くださいね。

  • 樹里さん
    見ててとても痛々しかったです。
    でも、ムチに打たれ皆、嬉しそうでした。
    それが当たり前なんですねー!ありがとうございます。
    元気にモリモリ食べてます♪

  • 恵美さん
    ね!痛そうです。。
    少数民族は、ハマル族に限らず、わざと自分の体に傷をつける人が多かったです。
    (タトゥーみたいな感じ。)
    それが、オシャレに感じるんでしょうね。
    痛みに弱い私は、ちょっと嫌な文化です。。
    ダルエスサラームには行かずに、マラウイからバスで行きましたよ♪

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です