海外旅行記
Travel
ピンク忍者の格好で、世界約70カ国を旅しました。
観光地の紹介や、世界で出会った人びとの思い出。
アラサー女子の頭の中
Woman's Thinking
恋愛、婚活、美容、コスメ、節約、ファッション
Arrow
Arrow
Slider

離婚をブログで発表してからの反応。離婚したい人は意外に多いのか?

3月2日に、更新した記事 → 離婚しました。

私は隠さずに、ブログで離婚した事を記事に書いたのですが

自分が思ってたよりもコメントやメッセージで反応をいただいたので

それについて思う事を書いていこうと思います。


IMG_1579

by johnhope14

**

『私も離婚経験者です。』

ブログやfacebookに寄せられた、一番多くてビックリしたのがこのコメント。

え?皆んなそんなに離婚してるの?


3組に1人が離婚すると言われてるから、まぁおかしくないか。

ちょうどスペインに行った時に、『スペインの離婚率は60%だよ。』と

聞きましたが、そうなると気になる、世界の離婚率・・

IMG_1577

出典 blog.fujitv.co.jp

うわ〜、全部ヨーロッパ。

1位のベルギーなんて、約7割ですよ、奥さん!

ベルギーの離婚率が高い理由は・・

・どちらか片方のみの合意で離婚できる

・男女の収入の差がほとんどない。

だからだそうです。

比べて、日本の離婚率は35%

熟年離婚が増加してるというニュースが一昔までは

流行りましたが、今は卒婚 が増加してるんだとか。

子供がいたら、やっぱりスパッとは離婚しにくいだろうし

日本の専業主婦率が、世界に比べて高いことも、原因なんでしょう。

専業主婦って、月9ドラマで主人公も憧れてるけど、中々リスキーな職業だ。

『夫婦関係のことで、悩んでます。』

離婚という結論まではまだ達してないにしても、夫婦仲がうまくいってない人
離婚したいと思ってる人って、意外と多いんです。

私もそうでしたけど、たとえ友達であっても、なぜか言いにくいんですよね夫婦間の問題って。特に女性は。

特に周りの結婚ラッシュ、妊娠ラッシュ時には言いにくい。

要は、幸せそうな人には言いにくい。

上記に書いた熟年離婚卒婚って、ほとんど女性から言い出すんですって。

不満を自分の中に溜め込んで我慢する女性が、日本中にはいっぱいいるんですね。

過去の一つ一つの言動が積み重なって、今があるのですね。
(ドラマカルテットの夫さんがそうだったな。)

どうぞ皆さん、溜め込まないで!(真矢みき風)

現実社会で生きていると、あまり気づきませんが
ちょっとインターネットで検索してみてください。
同じ悩みを抱えている人は、山ほどいますぞ。
『別れると思ってました。』

私のブログ記事を読んで、離婚を予想していた人が

何人かいたそうだ。

自分でも、予想してなかったのに。

す、すごいぞ、読者様。

旦那が帰国してるのに、私一人でふらふらと半年間旅を続けてるから

皆さん、そう思ったんですかね。

確かに自分ではなく、他人が同じ行動してたら

大丈夫か?夫婦生活?』と、ちょっと私も思いますもんね。

『離婚を記事にするなんて、あさはかです。』

応援コメントもいただきましたが、 ブログには批判的なコメントもいただきました。

結婚しました。っていうブログ記事にしたら、こんなコメントもこなかったでしょうね、

当然ながら。

離婚=不幸せ

じゃなくて、 幸せになるために私たちは離婚したのです。

結婚と同じようにね。

だから、隠さずに離婚したことを記事にしました。

離婚を隠すということは、やっぱりどこか離婚に対してネガティヴなイメージを持ってるからだろうし。ブログ記事にしたことで、特に世の女性が思ってることを知れたので

とても勉強になりました。

(はい。 締めがやっぱり今日も小学生風の文章になってしまいましたが

これで終わります。)

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ブログランキング・にほんブログ村へ

女忍者を応援する!

応援バナークリックお願いします。
世界一周ランキングに参加しています。
いいね!PC

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. orishin mazlef より:

    ご無沙汰しております
    しばらく見ない内に色んな事があったようで、今ようやく読み追いついたところです
    お二人が今後の幸せの為に離婚したこと。そして特に諍いもなく別れられた(かどうかは知りませんが)ので、私が女忍者さんの離婚についてどうこう言うつもりはありません
    ただ、女忍者さんのこれからの幸せを望みます
    しかし少し気になった事を認めさせてもらいますと
    「離婚=不幸。ではない」
    と書かれたことに違和感を感じました。
    確かに適切でない夫婦関係を継続していけば、それは不幸せに繋がるので、それを解消するために離婚をすることは合理的だと思います
    女忍者さんのご友人が離婚に対して、特に何も言われなかったのは、それは女忍者さんの状況を理解されているからであって、(私も含め)何も知らないブログ読者からすればネガティブな印象を受けるのは当然かと思います。
    悪意に満ちた極論表現ををすれば、「仕事を辞めて履歴書に傷が付いた」という感じでしょうか?
    少し意味が違うような気もしますが…例えばブラック企業に勤めていて、自分の健康や幸せの為に会社を辞めざるを得なかったとしても、そんなことを知らない他人からすれば「根性無くて逃げた」としか受け取られない可能性もあるということです。
    全ての人間が自分に理解を示してくれるとは限りません。理由を知らない人間や、悪意を持った人間からすれば、「離婚」というステータスはネガティブ以外の何ものでもありません。
    これから嫌な思いをされることがあるかもしれませんが、無理をなさらず楽しく生きてください
    これからもブログ楽しみにしています
    مزليف اوريشين

  2. ふたふら愛読者山下 より:

    ランキングの50位以内にすでに旅を終えて帰国していらっしゃる方が数名いらっしゃるようですがまだこのカテゴリーから抜けていらっしゃらないようです。
    その人たちにも平等に、旅が終わったらカテゴリーから抜けるようにコメントしてあげて下さいね。

  3. 女忍者 より:

    orishin mazlefさん
    お久しぶりです!
    お読みいただきまして、ありがとうございます!!
    うぅ、今回も仰るとおりです・・
    何はともあれ、楽しく生きていきたいと思います。
    今は、日本に一時帰国して勉強の毎日です。
    毎日眠たくなりながらも、幸せに過ごしてます。
    旅行記もたくさんまだ残ってるので、是非また呼んで頂けたらうれしいです。