女忍者の海外旅行記
Travel Diary
ピンク忍者の格好で、世界約70カ国を旅しました。
観光地の紹介や、世界で出会った人びとの思い出。
アラサー女子の頭の中
Women's Thinking
恋愛、婚活、筋トレ、美容、節約、働き方
アラサー女子の雑記ブログ。
Arrow
Arrow
Slider

美しい街トゥルクの観光情報【まとめ】素通りはもったいないぞ!

冬に訪れたフィンランド、トゥルクの旅行記

再開します。

今日は、トゥルク観光編。

フィンランドの古都トゥルク。

1812年に首都がヘルシンキに遷都するまで、600年もの間

首都として歴史を積み重ねた街です。日本で言うと、京都みたいな感じでしょうか?

 ヘルシンキにはない、歴史的な建物があります。



街の中心を流れるアウラ川。

このアラウ川沿いに、お洒落なレストランやカフェが 沢山あり

のどかな川を見ながら食事を楽しむことができます。

私が1月に訪れたとき、アウラ川は氷結していて 白く色付いてました。

冬のトゥルクの雪景色、素晴らしいですよね。

IMG_0910

派手さはないけど、お洒落でシックな街。

のんびりとした、贅沢な時間を過ごしたい人にお勧めです。トゥルクへの旅行は、あまり聞いたことがありませんが、
ムーミンワールドに行く途中、是非ここにも立ち寄って欲しいです。

私たちは、本当に素晴らしい時間を過ごすことができたので
素通りは、もったいない!

(特に食べ歩きカードがお勧め。)



街のランドマーク的存在のトゥルク大聖堂

Turku Cathedral
住所 Tuomiokirkonkatu 1, 20500 Turku

電話 +358 2 2617 100
※協会博物館は入場料2ユーロ
このトゥルク大聖堂は、フィンランドで最も貴重な大聖堂で、

聖母マリアとフィンランドの最初の司教であるセント・ヘンリーに捧げられた教会は

1300年に奉献されました。

博物館には、聖人の彫刻やカトリック中世の教会銀器が展示されています。

トゥルク城
Turun linna(トゥルン・リンナ)
住所 Linnankatu 80, 20100
電話 +358 2 262 0300
入場料:9ユーロ(学生5ユーロ)

@kirsikka_matsumotoがシェアした投稿

アートチャペル

Pyhän Henrikin ekumeeninen taidekappeli

(プュハン・ヘンリキン・エクメーニネン・タイデカッペリ )

住所:Seiskarinkatu 35

電話 +358 2 265 7777

*yumico*さん(@mumico1117)がシェアした投稿

港近くにあるでっかい花 

など、トゥルクで観光したい場所は沢山ありました。

トゥルク二日目の日。

普段の私だったらあまり行かないところに、連れてってもらったので

その様子をレポートします。

とても、興味深いツアーでした。Tom of Finland tour

IMG_0885

まずは、トム・オブ・フィンランドさんの

ゆかりのある場所を巡るツアー。

Waino aaltonen museum
Turku City Art Museum

住所 Itäinen Rantakatu 38

電話 +358 2 262 0850

wam@turku.fi


IMG_0926

Waino aaltonen museum で開催されていた

トム・オブ・フィンランド展に行きました。

IMG_0874


トム・オブ・フィンランドさんとは?

本名は、Touko Laaksonen(1920-1991)

国際的に高く評価されている

フィンランドアーティストの一人。

彼の伝説的な同性愛者の作品は、

世界中の男性同性愛者の、象徴的な固定観念となりました。

ん?どういうことだ?

稚拙な私の英語訳じゃわからなかったので、

ウィキペディアさんにお世話になりました。

作品においては、

レザーなどの衣装を身に纏い
筋骨隆々とした逞しいゲイの姿を描いた。
従前のゲイはひ弱で軟弱に描かれることが多かったが、
トム・オブ・フィンランドの作品は
これまでのゲイに対するステロタイプ的なイメージを覆すものであった。

IMG_0917
彼が、ゲイの固定観念を変えたんです。
ハードゲイと言うと、レイザーラモンHGを思い浮かべますが 彼も

逞しくてレザーを身に纏ってましたね。

トム・オブ・フィンランド自身もゲイで、作品は彼の友人を モデルにしたみたいですが

すごいモノをお持ちですね..

(写真、よく見たらすっごく過激です。)


②昔、住んでいた家


  

トム・オブ・フィンランドさんは、ここトゥルクのカーリナ出身。

彼が住んでいた家にも、連れてってもらいました。

IMG_0928

トゥルクのデザイン賞を受賞したこともある

デザイナーカップルSaana and Oliverさん。

この家をリノベーションして、今は二人で住まれてます。


IMG_0930

北欧雑貨がとても素敵。

憧れますね、こんな家。

どこを切り取っても、お洒落な空間に住む

彼らの日常は、instagramから覗くことができます。

Puvustamo

住所  Pansiontie 48-52, halli 5255,20240 Turku

電話 +358 40 6703443

2017年にリリースされるトム・オブ・フィンランドの映画。

トム・オブ・フィンランドが身につける、レザー製の衣装を担当したのがこちらの工房。

これまでにも数多くの映画や劇場の衣装をデザイン・製造してきた、有名な工房です。


IMG_0929

着物のデザイン画もありました。
IMG_0912
最後にちょっとしたワークショップ。
皆でレザーのアクセサリーを作りました。

キーホルダー、ブレスレットなど色々選択できましたが
私が作ったのは、ネックレス。
手伝ってもらったので、思ったより簡単にできました。

これで、4話に渡ったトゥルクの旅行記は終わりです。

それにしても、トム・オブ・フィンランドの作品はかなり刺激的で
18歳未満は、禁止と言う感じでした。

これを推してくるフィンランド。

中々面白い国じゃないですか?

フィンランドの観光局公式サイトにも

フィンランドの同性愛者への文化に書いた記事が載ってるので、是非チェックしてくださいね。

次回から、トゥルクからさらにフェリーに乗ってたどり着いた、群島について

書きたいと思います。お楽しみに。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ブログランキング・にほんブログ村へ

女忍者を応援する!

応援バナークリックお願いします。
世界一周ランキングに参加しています。
いいね!PC

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする