MENU

ヘルシンキからトゥルクへのバスでの行き方。オンニバスが安くて最高!

2017 8/27
ヘルシンキからトゥルクへのバスでの行き方。オンニバスが安くて最高!

こんにちは、女忍者です。

約1ヶ月滞在したスペインのバルセロナを離れ、フィンランドのヘルシンキへ
飛行機でピューンとやってきました。

今回はフィンランドにブロガー枠で、無料できています。

各国からブロガーが招待されたけど、フィンランドのそれぞれの街へ散らばって、その街の様子をレポートするプログラムが組まれてました。

今回私が行くのは、フィンランドのトゥルクという街。

トゥルクはフィンランド最古の街ということですが、この時に初めてトゥルクという存在を知りました。

一体、どんな街なんでしょうか?楽しみでしょうがありません。

ヘルシンキ空港から直接トゥルクへ行きましたが、参考に行き方も書いておきますね!
 
#NBE FINLAND 1日目始まります!

ヘルシンキからトゥルクへの行き方

ヘルシンキ空港に着いてすぐ、今回のトゥルクツアーのメンバーと合流しました。
そして、バスで約2時間かけて、トゥルクに向かいました。

その時は、お金を払わなかったので気づかなかったのですが・・
物価が高いと思ってたフィンランド。

バス代は、意外と安い

というか、onnibus  オンニバス が安い!
ヘルシンキ空港からトゥルクまでは約2時間ですが、
片道4€〜9€(約515円〜約1161円)で行けちゃいました。

しかも、オンニバスはフリーWiFi付き!

イスの下には電源プラグも付いてるので充電もできる!

至れり尽くせりのバスでした。

 

オンニバスの予約の仕方

チケットは、事前にネットで予約した方が確実です。

オンニバス 
オンニバスのサイトは、日本語は対応していませんが

英語で購入できます。

Search&Buy の箇所に行きたい場所と日付を入力して検索します。

From: Helsinki

To :      Turku

時間帯によって値段も変わってくるので、最適なチケットを選んでから、クレジットカードで支払います。

※予約手数料がかかります。(Booking Fee = €1.00)

 

トゥルクは、ムーミンワールドのすぐ近くの街

フィンランドのトゥルクという街は、あまり日本では有名では無いですよね?
まず場所をご紹介します。

ヘルシンキよりも、西に位置していて、日本人がよく訪れるナーンタリのすぐ近くにあります。

ヘルシンキからナーンタリ行く場合、このトゥルクで乗り換える必要があります。

トゥルクから、ナーンタリへはバスで片道 40分、3€(約387円)で行けます。

なぜナーンタリが、日本人の観光客に人気かというと・・

理由はただ一つ。

ムーミン

 

ムーミンさんが住んでるからなんです。

↓↓

ムーミンワールド  

でも、ちょっとご注意を。

ムーミンさんは、冬の間は冬眠してます。
ムーミンワールドに行くのならば、ムーミンさんが起きているときに行かなければなりません。
でも冬眠してるムーミンさんですが、2月の中旬だけ目を覚ますみたいですよ。

 

フィンランドはアイスホッケーの国

トゥルクに到着後、私たちNBEフィンランドメンバー専用のバスでアイススケート場へ向かいました。
アイススケート場では、アイスホッケーをする予定です。

なぜ、フィンランドに着いて早々私たちがアイスホッケーをするのかというと・・

アイスホッケーは、フィンランドではとっても人気のスポーツで

小さい頃から、アイスホッケーで遊ぶ子供も多いそう。

 

日本でいうところの野球や、Jリーグぐらい人気のスポーツを
このフィンランドで体験できてるのです。



Wi-Fi、電源コンセント付きのラグジュアリーなバスで到着した先は、こちら。

↓↓
Parkin kenttä アイススケート場
住所:Parkin kenttä, Ukkokodinpolku, 20100 Turku, フィンランド



私たちが更衣室に入ったら、こんなものが用意されてました。
 

帽子の部分にご注目。

I SURVIVED WINTER IN HELSINKI
はい。生き残ります。
忍者姿は、寒いけど・・生き残ってみせます。
ここで、私たちはアイスホッケーを楽しむ予定でしたが
私がアイススケートすら滑れません。
みんながスイスイと氷を駆け巡る中、私は立つのが精一杯で、
アイスホッケーどころではありませんでした。

チームに分かれて、タイムを競ったり・・ 

アイスホッケーの球?の速度を図ったりしたのですが、ダントツでビリでした。

(忍者だけど、運動神経は最悪です。)
途中でこんな可愛いコップで、ラム入りのホットコーヒーもいただきました。

このカップは クピルカkupilka)というフィンランド雑貨。

フィンランドの伝統であるククサ の魅力を残しつつ、より使いやすい素材で作られてます。

 

 


何気に、日本以外のブロガーさんに会うのは今回が初めてのことなので楽しみ! 
これから、このメンバーで3日間、トゥルクを充分に堪能したいと思います。

トゥルクの旅行記はこちらの記事もどうぞ。 

トゥルクのホテルで、こんなところに日本人?
フィンランド式サウナの入り方。湖に飛び込む?
グルメの街トゥルク!10軒のレストランから選べる、お得な食べ歩きがお勧め
美しい街トゥルクの観光情報【まとめ】素通りはもったいないぞ!
トゥルクの群島を観光。訪れるべきオススメ9選!

あわせて読みたい
日本より良い国?全ての日本人がフィンランドを旅行すべき15の理由。
日本より良い国?全ての日本人がフィンランドを旅行すべき15の理由。こんにちは、女忍者(@nappy_saya)です。2017年1月、フィンランドに1週間ほど旅行しました。そこには、びっくりするほど日本人の観光客がたくさんいました。 「な...
あわせて読みたい
【フィンエアー】女忍者のビジネスクラス搭乗記。 マリメッコづくしでビックリ!
【フィンエアー】女忍者のビジネスクラス搭乗記。 マリメッコづくしでビックリ!こんにちは、女忍者(@nappy_saya)です。フィンランドから関西国際空港(関空)までは、フィンエアー(フィンランド航空)のビジネスクラスに乗って帰ってきました。&n...
あわせて読みたい
ヘルシンキのお勧めホテル!フィンランドの美味しい朝食を食べたいならKLAUSKホテル
ヘルシンキのお勧めホテル!フィンランドの美味しい朝食を食べたいならKLAUSKホテル フィンランドの首都ヘルシンキで4泊させてもらったのは、KLAUSKホテル(クラウスK)有名なKamp Collectionのホテルです。ヘルシンキ中央駅から徒歩10分、Kamppiの...

目次
閉じる