【なぜ?】Webデザイナーの就職が厳しい理由を考えてみた。未経験でも就職できる?




こんにちは、女忍者です。

 

女忍者

世界一周から帰ってきてから、Webデザイナーになりたいと決意。

未経験からWebデザイナーを目指しました。

 

就職活動する中で、30代で未経験からWebデザイナーに就職することは厳しいと感じました。

結果的に運よく就職できましたが、なぜ未経験からWebデザイナーに就職することが難しいのかを考えてみました。

実際に就職活動をする前は、未経験からWebデザイナーの就職活動がこんなに難航するとは思ってませんでした!

 

「未経験からWebデザイナーになりたいけど、就職できるか不安」

そんな人多いんではないですか?私もそうでした。

女忍者

Webデザイナーになりたいとは思ったものの実際になれるのかすごく不安ですよね!

  • なぜ、未経験のWebデザイナーの就職は難しいのか
  • Webデザイナーに就職する上で有利な人
  • Webデザイナーの現状

こんなことを中心に書いていきます。

 

未経験者Webデザイナー就職を探して、この記事に辿り着いた人には私も利用した「WORKPORT」がオススメです。

未経験の転職に力を入れてる転職エージェントで、私も友達にオススメされて利用しました。

 

なぜ未経験からWebデザイナーの就職は厳しいのか

 

未経験からWebデザイナーを目指し就職活動をした中で、感じたことを書いていきます。

Webデザイナー

 

Webデザイナーは技術職だから

WebデザイナーはPhotoshopなどの専用のソフトを使用して、ホームページをデザインする仕事です。

デザインするだけではなく、HTMLやCSSのコーディングの知識があるのが大前提です。

 

未経験者が一人前のWebデザイナーになるには、一年ぐらいかかるといわれています

ただ本当の意味で、プロのWebデザイナーになるには一年ではたりません。

何年も何年も実務をこなし、努力していく必要がある仕事です。

 

 

新人を教える人が少ないから

Web制作会社自体が、以前ならなかった会社です。

制作会社の大半は中小企業・ベンチャー企業。

未経験の新人を教えるにも、人手が足りない。時間がない。

そんな会社がほとんどです。

なので、未経験者ではなく圧倒的に経験者を雇う傾向にあります。

 

 

実力社会だから

Webデザイナーになるのに、学歴は関係ありません。

企業が求めるWebデザイナーは、できるWebデザイナー!

ただ、それだけです。

 

学歴や職歴よりも、現在の実力が重視されます

「良いものは良い、ダメなものはダメ」というのが、ウェブの世界でははっきりとしています。

 

なので、Webデザイナー求人は書類審査の時にポートフォリオ(自分の作った作品集)の提出を求められる企業が多いです。

「どんなサイトを作ることができるのか」、「どんなスキルがあるのか」を必ず見られます。
面接でも「履歴書、職務経歴書よりも、このポートフォリオの方が重視する」と教えてもらいました。

 

 

若い子のほうが好まれるから

 

Webデザイナーの求人は、募集時に年齢制限があるものがあります。。

実際に面接でも、「あなたの年齢で未経験でWebデザイナーになるのはうちの会社では厳しい。」と、言われたこともあります。

 

IT会社にもよりますが、Web制作会社はベンチャー企業が多いので、「平均年齢20代!」なんてところも多いです。

面接していただいたときに、「あなたがWebデザイナーの中で一番上だけど大丈夫?」と聞かれたことがあります。

この「大丈夫?」は、「自分より年下の人に教えてもらって大丈夫?」という意味で聞かれました。

教える側も、自分より年上を教えるよりも年下を教えるほうが気が楽ですよね。

 

Webデザイナーになりたい人は多いから

デザイナーという職は昔から人気のある職種です。

Webデザイナーになりたい人も多く、倍率が高いです。

クリエイティブな仕事」というイメージがそうさせるのでしょうか?

 

また、最近はフリーランスでの働き方が注目されてます。

Webデザイナーも、実力さえつければパソコン一つでできる職種です。

「子どもが産まれてからも、自宅で働きたい」私もそう思ってWebデザイナーになりたいと思いました。

 

 

Webデザイナーとして就職するうえで有利な人

 

とはいえ、未経験でWebデザイナーになれないかというと、そうではありません。

ここでは、Webデザイナーとして就職するのにどういう人が有利かを紹介します。

有利な人

 

DTPデザインの経験がある人

DTPデザイン(雑誌や書籍などの紙媒体のデザイン)をやっていた人は、Webデザイナーになりやすいです。

紙でもWebでも、デザインするという点では同じだからです。

 

クライアントにヒアリングして、伝えたいことや目的をデザインとして落とし込む

これを紙でデザインするか、Webでデザインするかの違いです。

 

DTPデザイナーをしてきた人が、WEBデザイナーに転職するには、HTMLとCSSを覚える必要があります。

しかし、デザインができるという点で、比較的すぐにWebデザイナーとして活躍できるでしょう。

 

 

20代前半の若い人

 

Webデザイナーに限らず、どの職種でも共通することですけど・・

30歳を超えてくると今までの経験や実績を求められますが、20代前半の若い人は期待値でみてもらえます。

 

やる気があって20代前半の若い人であれば、Webデザイナー未経験者だとしても、可能性を感じてもらえることが多いでしょう。

 

 

コミュニケーション力のある人

Webデザイナーといえば、パソコンとずっと睨めっこしているイメージがありますが、実は人と関わることもあります。

ディレクターからおりてきた仕事を、Webデザイナーがデザインし、コーダーが制作します。

そこで、意思疎通がちゃんとできる人の方が好まれます。

 

もちろん人によりますが、Webデザイナーは職人気質のタイプが多く、コミュニケーション力が高い人の方がすくないです。

それ故に、コミュニケーション力のある人が優位になってきます。

 

 

自分でWebサイトを作れる人

 

技術力がない人は、「」で乗り越える!

Webサイトを自分で作り、実践練習をできる人が就職には有利です。

  • サイトの目的(なぜこのWebサイトを作るのか)
  • ターゲット設定(どういう人に訴求するWebサイトにするのか)
  • サイトのデザイン
  • サイトの構成

 

やみくもにサイトを作るのではなくて、しっかりコンセプトを決めてから作ることが大事。

面接でも、自分のポートフォリオにたくさんのWebサイトがある方が、企業にも認めてもらいやすいです。

どれだけ独学でがんばれるかが、重要になってきます。

 

Webデザイナーの現状

 

Webデザイナー

 

給料はそこまで高くない

 

Webデザイナーは技術職。しかし、給料はあまりよくありません。

私は今まで、営業職・事務職を経験してきましたが、Webデザイナーの求人票を見てびっくりしました。

 

(会社によってピンキリですが・・)月給20万円ない会社が多くあったからです。

また月給20万円を超えている会社でも、「※残業代は月給に含む」なんて但し書きがあったりもしました。

ただ、これは未経験者の場合です。

 

実力がある人ならば、それにあわせて給料も高くなっていきます。

またデザインだけでなく、ディレクションやマーケティングができたりしたら、給料もそれにあわせて高くなる傾向があります。

 

 

日々、勉強する必要がある

 

Webの変化はめまぐるしく、1年たつと情報がもう情報が古くなってしまいます。

例えば、Webデザインの仕事は、以前はパソコン向けのデザインが中心でした。

しかし今は、スマホを使う人の方が圧倒的に多く、スマホのデザインを見過ごすわけにはいけません。

 

デザインにもその時その時でトレンドがあります。

最前線で活躍しているデザイナーも常に新しい情報を得て、勉強し続けています。

Webデザイナーとして働くならば、一生勉強するが必要です。

勉強しなければ、技術力はどんどん低下していきWebデザイナーとしての実力も衰えていきます。

悲しいですね。

 

 

ブラックな会社も多い

 

人によってブラック企業の定義は違いますが・・

ここでいうブラックとは、長時間労働、サービス残業、薄給というようなイメージです。

以前よりは改善したようですが、まだまだWeb業界の中にはこのような会社も多い!

 

ただ、Webデザイナーは技術職。

未経験であるならば、長時間労働をは覚悟しておいたほうがいいです。

 

本当に好きな仕事だったら長時間労働でも気にならないし、そういう人でしか生き残れない職種だと個人的には思っています。

長時間働くぶん、技術も早く向上するし、自分が目指していたWebデザイナーにもなりやすいですもんね。

 

 

実力があれば転職や余裕

 

Web制作会社は業界的に「人手不足」な会社が多い!

Webデザイナーの数が足りなくて困っている会社も多いので、実力のあるWebデザイナーはたやすく転職できます。

 

未経験でWebデザイナーとして入社するのは、少々難しいのが現状です。

でも、一度Web業界に入って2~3年の「実務経験」をつけることで、選べる会社は何十倍にも増えるのです。

また、在宅でフリーランスとして働くことも容易にできる職種です。

 

まとめ

 

Webデザイナーとして、未経験でWebデザイナーとして就職することが難しい理由。

Webデザイナーとして就職するのに有利な人、Webデザイナーの現状を書いていきました。

 

これを読んで、「自分でには無理かも?」そう思われた方もいるかもしれません。

でも、結局Webデザイナーって「向いてる」か「向いていないか」じゃなくて、「やる」か「やらない」かです。

「Webデザイナーとして絶対就職したい!」

その意思と、受かるために行動力さえあれば、Webデザイナーとして就職することは難しくないと思います。

 

「本当にWebデザイナーとして就職したいのか?」

大事なのはその意思です。がんばりましょう!!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です