【フィンエアー】女忍者のビジネスクラス搭乗記。 マリメッコづくしでビックリ!




フィンランドから関西国際空港(関空)までは、フィンエアー(フィンランド航空)のビジネスクラスに乗って帰ってきました。

女忍者は人生で初めて、ビジネスクラスに乗ったのでですが、快適すぎてびっくりしました。

皆さんにもフィンエアーの良さを知って欲しいので、搭乗記として残しておこうと思います。

飛行機って、もし事故なんかにあったら命にもかかわることだし、高いお金を払うので失敗したくないですよね?

これから、フィンエアーに乗ろうと思ってる方、ビジネスクラスに一度は搭乗してみたいと思ってる方、フィンエアーのアメニティーや座席が気になる方なんかに是非読んで欲しいです。

 

【はじめに】一番近いヨーロッパ・フィンランド

まず、フィンランドは日本から一番近いヨーロッパです。

私はイメージで、日本から一番近いヨーロッパはギリシャだと思っていたのでフィンランドだと知ってびっくりしました。皆さんは、どうですか?
日本からフィンランドまで、フィンエアーの直行便で約9時間30分で行くことができます。

ヘルシンキの空港から、ヘルシンキ中心地までは
バスか電車で30-40分で簡単に行けます。

フィンエアーから見た景色

飛行機では、是非、窓側の席を指定してください。

私は、冬のフィンランドの素晴らしい景色を見ることができました。

 

フィンエアービシネスクラス体験記

今回参加させて頂いたNBE Finland (A unique blogger program in Finland) では、何とフィンエアーのビジネスクラスに招待していただきました。

飛行機に搭乗するまで。

ヘルシンキ空港

ヘルシンキ空港のフィンエアーのチェックインカウンター入口です。ビジネスクラスとエコノミークラスは、カウンターが分かれていました。

エコノミークラスで並んでいる人を横目に、待たずにチェックインすることができました。

また搭乗時も、まずビジネスクラスのクラスの番号から呼ばれるので、ここでも待たずに搭乗しました。

Finnair搭乗

ビジネスクラスの座席の乗り心地。

フィンエアービジネスクラス

広々とした座席です
充電できるUSBと個人用のライトが備え付けられてます。
横が人じゃないなんて、何とも変な感覚です。

フィンエアービジネスクラスシート

足を真っ直ぐ伸ばしても、まだまだ余裕があります。
更に、カバンを置ける贅沢なスペースまでありました。

フィンエアービジネスクラスシート

マッサージ機能もついた、このリモコンを使うとね。

ほぼ、180度シートを倒すことができます。
今まで乗ったどの乗り物よりも、快適で・・
言葉を失いました。

到着するまで、寝転んでマッサージしながらずっと映画鑑賞。
話題の『君の名は』を、ここで初めて見ましたよ。

フィンエアービジネスクラスシート

 

フィンエアー限定のマリメッコ

日本でも大人気のマリメッコ。
マリメッコは、フィンランドの草分け的存在で1951年に創立以来多くの人に愛されているブランドです。

フィンランドの首都ヘルシンキには、マリメッコの本社や社員食堂があります。

(詳しくは、こちらの記事で。)

フィンエアー限定マリメッコ

そんな、マリメッコとフィンエアーがコラボ。
フィンエアー限定の食器やカップも、機内で買うことができます。
コップだけじゃなく、紙ナプキンまでマリメッコでした!

フィンエアー限定マリメッコ
さらに、こんな嬉しいアメニティ。
(左)マリメッコのスリッパ(右上)マリメッコ柄のクッションに、布団カバー
(右下)マリメッコの化粧ポーチ

化粧ポーチの中には、ロクシタンのリップバーム、耳栓、練り歯磨き&歯ブラシ、
そして、アイマスクが入ってました。
マリメッコの化粧ポーチに、ロクシタンのリップバームですよ..
フィンエアーに乗って、よかった! (ブルゾンちえみ風。)

豪華で美味しい機内食。



まず、出発してすぐに持ってきてくださったウェルカムシャンパン。

フィンエアー機内食
渡されたのは、選べるワインリストとお食事メニュー。

フィンエアー機内食
英語、フィンランド語、日本語で書かれてます。
ワインは、白に赤に、デザートワイン。

南アフリカ、フランス、イタリア、チリ、ポルトガルワインが8種類ぐらい揃っていて、もちろん飲み放題です。
私の一押しは、ポルトガル産のデザートワイン。
ポルトガルのワインって、こんなに美味しかったんですね。知らなかった。

搭乗中、2回の食事が提供されました。

まずは、おつまみ・・
燻製白身魚のムースに、パリパリのライチップス

フィンエアー機内食

前菜は、北欧風前菜(ヤギのチーズグリル、ビーツとアーモンド) か、
和風前菜の盛合せ(魚卵のゼリー、鴨の赤ワイン煮) どちらかから選べました。

フィンエアー機内食

はい、和風前菜の盛合せを選びました。もちろん。笑
この繊細な味付け..和食最高です。

フィンエアー機内食

嬉しかっだのが、お味噌汁。マリメッコのカップに入ってます。

メインは、3つの中から選べました。

・燻製したカワカマス 魚のパテ、ポテト、ホースラディッシュと卵。
・豚肉のリブロースと、パースニップとりんご、マスタードソース

・牛肉のソテー 味噌風味ソース、お味噌汁

フィンエアー機内食

豚肉のリブロースを選びました。マスタードソースと、豚肉の組み合わせが最高でした。

デザートも、4つから選べます。

・フィンランドフィンランドの小さなチーズ工房からのチーズ
・牛乳から作られたソフトチーズ、ポートワインジャム

・エクレア
・フィンランドのオーガニックアイスクリーム

食事の後には、コーヒーを。

また、フライトの間中、いつでも下記を頼むことができました。
果物、ポテトチップ、カップ麺、ナッツ、アーモンド、チョコレート。

飛行機の中でしたが、天国にいるような気分でした。

朝食メニューは(眠くて写真を撮り忘れましたが)

アメリカンブレックファースト(七面鳥入りイタリア風オムレツ、ポテト、赤ピーマン)か、

和風朝食 (お味噌汁、塩鮭、厚焼き卵、つみれ、漬物、ご飯)を選べました。

 

フィンエアー基本情報

日本から一番近いヨーロッパ、フィンランドへの直行便があるフィンエアーの情報をまとめてみました。

フィンエアーの評判は?

フィンランド航空は、1963年の事故以降、2014年2月現在まで、一度も航空事故は起こしていない。

出典-Wikipedia

航空会社の安全性を独自の基準で評価しているウェブサイトAirlineratings.comでは、毎年安全性の高い航空会社のトップ20を選出しています。

フィンエアーは、2016年に引き続き2017年にも見事選出されているので、安全な航空会社といえるでしょう。

ちなみに2017年に最高評価を受けたのはオーストラリアのカンタス航空で、フィンエアー以外の他の航空会社は、以下の航空会社です。(カンタス航空以外の除き順不同)

  • カンタス航空(オーストラリア)
  • エア・ニュージーランド(ニュージーランド)
  • アラスカ航空(アメリカ)
  • ANA 全日本空輸(日本)
  • ブリティッシュ・エアウェイズ(イギリス)
  • キャセイ・パシフィック航空(香港)
  • デルタ航空 (アメリカ)
  • エティハド航空(UAE)
  • EVAエア (台湾)
  • ハワイアン航空(アメリカ)
  • JAL 日本航空(日本)
  • KLM(オランダ)
  • ルフトハンザドイツ航空(ドイツ)
  • スカンジナビア航空システム(スウェーデン、デンマーク、ノルウェー)
  • シンガポール航空(シンガポール)
  • スイス・インターナショナル・エアラインズ(スイス)
  • ユナイテッド航空(アメリカ)
  • ヴァージンアトランティック(イギリス)
  • バージン・オーストラリア(オーストラリア)

出典:AirlineRatings.com

日本のJALとANAも見事ランクインしてますね。

受託手荷物と機内持込手荷物

飛行機で旅行する時に、航空会社に預ける手荷物を「受託手荷物」

機内に持ち込む手荷物を「機内持込手荷物」と言います。

受託手荷物・機内持込手荷物は、各航空会社や路線、利用クラスなどによって許容範囲が異なります。許容範囲を超えると、追加で料金が発生する場合もありますので注意しましょう。

フィンエアーではほとんどの航空券では無料で、少なくとも1個の荷物(23kg以内)を受託手荷物として預けられるし、少なくとも1個の荷物を機内荷物として預けられます。

詳しくはフィンエアーのサイトを確認してください。

下記は、フィンエアーのサイトに載っていた受託手荷物の制限です。ビジネスクラスとエコノミークラスでは、預けられる荷物の数が変わります。

【アジア路線のフライト*】

・ECONOMY VALUE/BASIC・・1 PC
・ECONOMY PRO/FLEXIBLE・・2PC
・ビジネス・・3PC

【北米路線のフライト**】

・ECONOMY VALUE/BASIC・・ 1PC
・ECONOMY PRO/FLEXIBLE・・1PC
・ビジネス・・2PC

【ヨーロッパ国内線および中東国内線】

・ECONOMY VALUE/BASIC・・1 PC
・ECONOMY PRO/FLEXIBLE・・2PC
・ビジネス・・2PC

【お子様】

大人のお客様と同じ

【0~2歳の幼児】

・ECONOMY VALUE/BASIC・・1 PC
・ECONOMY PRO/FLEXIBLE・・1PC
・ビジネス・・1PC

*日本発着便:2016年7月1日以降に発券されたエコノミークラスの航空券の手荷物許容量は、一律2個です。
**インド発米国行きのフライト:2016年7月7日以降に発券された、全てのエコノミークラスの航空券の手荷物許容量は2個です。

1 PC=最大外形寸法(長さ+幅+高さの合計)158cm、重量23kgまでの手荷物1個。

出典:フィンエアーHP

 

機内持込み荷物も、ビジネスクラスとエコノミークラスで持ち込みできる荷物の数と重量が変わってきます。

ビジネスクラスの場合
・機内持込手荷物2個、最大寸法56cmx45cmx25cm(22インチx18インチx10インチ)
 ・前の座席下に収納できる身の回り品1個小さなハンドバッグ、ラップトップバック、小型のバックパックなど、:最大外形寸法40cm x 30cm x15cm(16 x 12 x 6インチ)
 ・最大合計重量10 kg(22l b)まで

エコノミークラスの場合

・機内持込手荷物1個、最大寸法56cmx45cmx25cm(22インチx18インチx10インチ)

・前の座席下に収納できる身の回り品1個小さなハンドバッグ、ラップトップバック、小型のバックパックなど、:最大外形寸法40cm x 30cm x15cm(16 x 12 x 6インチ)

・最大合計重量8 kg(17.5l b)まで

出典-フィンエアーHP

ヘルシンキ空港のラウンジ

空港

フィンエアーはヘルシンキ空港に、3つのラウンジがあります。

  1. シェンゲン協定加盟国線エリアのフィンエアーのラウンジ(22番ゲート付近)
  2. シェンゲン協定非加盟国線エリアのフィンエアーのラウンジ(36番ゲートと37番ゲートの間)
  3. プレミアムラウンジ(36番ゲートと37番ゲートの間)

ビジネスクラスはラウンジが無料で使えたので、今回私は2のラウンジを利用しました。
広々としたラウンジで、搭乗前からゆっくりと寛がせて頂きましたよ。

ヘルシンキ空港ラウンジ

ここでも、もちろんマリメッコづくし。
ヘルシンキ空港ラウンジ

バーカウンターにいるお姉さんのスカーフも、マリメッコでした。

ヘルシンキ空港ラウンジ

そして、後で知ってショックをうけたのですが(残念)

この2の普通のラウンジのすぐ横に、3のプレミアムラウンジがあったようです。

ビジネスラウンジは、ワンランク上の食事と飲み物があるだけでなく男女混合のサウナもあったみたいです。流石、サウナ大国フィンランドです。(あー、入りたかった!)

皆さんは、女忍者みたいにプレミアムラウンジに行くことを忘れないでくださいね。

ビジネスクラスに適している人

並びたくない人・・チェックイン時、搭乗時、搭降時、荷物の受け取り、トイレなど、全てにおいてビジネスクラスは待ち時間がかかりません。

腰痛持ちの人・・ビジネスクラスのリクライニングシートは180度シートが倒れますし、足もまっすぐ伸ばすことができます。エコノミー症候群の心配もまったくありません。

荷物が多い人・・ビジネスクラスだと持ちこめる荷物の数が増えるので、荷物がたくさんある方はビジネスクラスのほうがいいかもしれません。

チケットの買い方

2つの方法があるので、紹介します。

①フィンエアーのオンライン予約サービス から、チケットを購入する方法。

まずは、必要情報を入力しましょう。

・往復・片道・複数都市の項目
・出発地・到着地
・出発する日
・人数
・エコノミーor ビジネスクラス

入力した検索後、購入したいチケットがみつかればクレジットカードで購入することができます。

②格安航空券検索サイトSkyscannerでチケットを購入する方法。

こちらも上記と同じように必要情報を入力し検索するのですが、フィンエアー以外の

航空チケットも購入することができます。

少しでも、料金が安い方は直行便以外(乗り継ぎが発生する)航空券も探すことができます。
※フィンエアーの航空券を購入する場合も、フィンエアーのサイトから購入するよりSkyscanner経由で予約するほうが安く航空券を購入することができる場合が多いです。

例えば・・
<6/24~6/30 東京-ヘルシンキ>
大人1名で航空券を検索した場合

①のフィンエアーのオンライン予約サイトでは、エコノミークラスが415,670円
ビジネスクラスが571,110円でした。

②のSkyscannerでは、同じ直行便のフィンエアーの飛行機が、エコノミークラス109,390円
と30万円以上安くなる航空券が発見できました。

※残念ながら、Skyscannerではビジネスクラスの航空券は検索できませんでした。

まとめ

フィンエアーのビジネスクラスの搭乗記いかがでしたでしょうか?
ビジネスクラスは快適すぎて、あっという間に日本に到着しました。

上記に書いていきましたが、ビジネスクラスはエコノミークラスと比べて、優待されてます。

・チェックインカウンターでの扱い
・ゆったりしたシート
・豪華な機内食
・持ち込める手荷物の量
・ラウンジが使える

様々なメリットがあります。

エコノミークラスよりも料金はだいぶ上がりますが、初めてのビジネスクラスはすごく快適でした。

私のように旅費を節約したいバックパッカーにはあまりおすすめできないけど、ビジネス目的の渡航や、贅沢な旅がしたい人にはおすすめです。

 フィンランドに旅行に行かれる方は、こちらの記事もどうぞ!

日本より良い国?全ての日本人がフィンランドを旅行すべき15の理由。

ヘルシンキのお勧めホテル!フィンランドの美味しい朝食を食べたいならKLAUSKホテル

トゥルクの群島を観光。訪れるべきオススメ9選!







 



2 件のコメント

  • すごい!羨ましい!꒰ ˃̆ૢ௰˂̆ૢഃ◍꒱ ੭ੇʓ ੭ੇʓ✧
    こんな席なら長時間も苦じゃない!
    またマグカップや、アメニティ…なんとうらやま!!女心わかっていらっしゃる!
    景色もまるで絵本の世界…。
    綺麗ですねぇ…(꒪⌓꒪)しかし、女忍者さん足袋履いてるんですね、今気がつきました笑

  • ズッキーニ先輩
    むしろ、もっと乗ってたいぐらいでした!^ ^
    そうなんです!
    地下足袋楽ですよー(^ν^)
    2年履き続けたんで、ちょっとボロボロですが!笑

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です