MENU

ホットヨガの自宅でのやり方!お家でヨガしよう!

2020 4/14
ホットヨガの自宅でのやり方!お家でヨガしよう!
悩めるウサギのアイコン画像悩めるウサギ

  • ホットヨガを自宅ですることってできるの!?
  • やり方を知りたい!

 

自宅でホットヨガをやってみたい方へ!

女忍者のアイコン画像女忍者
今回は、現役のヨガインストラクターのRiEさんに、自宅でホットヨガをする方法を聞いてみました。

 

この記事を書いた人

RiE

RiE

ヨガ歴10年、講師歴6年のフリーヨガインストラクター
週10本ほど、ヨガクラスを担当。
趣味は美味しいものを食べること、料理、読書、美容です。
Instagram: irie_yoga_life

 

こんにちは!

ヨガ講師・ヨガライターのRiEです。

美容効果、ダイエット、健康を期待してホットヨガを行っている女性は多いですよね。

 

RiEのアイコン画像RiE

ただ仕事や育児などでホットヨガスタジオに定期的に通うことが難しかったり、スタジオへ行く勇気がなかったり、ハードルが高く感じる方も多いのではないでしょうか。

 

自宅でホットヨガスタジオと全く同じ環境を再現することは難しいですが、近い環境を作ることでプチ体験が味わえます。

しかし、先に言っておくと・・

自宅でホットヨガはオススメはしません!

 

自宅でホットヨガの環境を作る場合、様々な注意点やリスクがあります。

専門のスタジオで受けた方が安心・安全に効果を感じられるからです。

 

今回ご紹介する自宅でホットヨガを行う方法は、あくまでも参考としてご覧ください。

そして、実践する場合は自己責任で細心の注意を払って行ってくださいね。

 

※自宅でホットの環境を作るのは正直難しいです・・

しかし、ホット環境でなく常温ならインストラクターの見本を見ながら、自宅でもできます。

自宅でできるオンラインのヨガ SOELU(ソエル)

今なら体験料が無料です!


目次

ホットヨガの環境

ホットヨガは、室温35~40度、湿度55~65%に設定された高温多湿の環境で行います。

ホットヨガ自体の運動強度はそこまで高くありません。

 

RiEのアイコン画像RiE

ですが、高温多湿の環境でヨガを行うので、大量に汗をかくことができます。

代謝が上がり、美容、ダイエット、健康の効果があります。

 

終わった後は身体だけでなく心もスッキリするので、ストレス解消やリフレッシュ効果があります。

ホットヨガを体験したことがある方はご存知だと思いますが、ホットヨガはスタジオに一歩入ると感じるモワっとした湿度の高さが特徴的です。

ジッとしているだけでも汗が出てくるので、元々汗をかきにくい方も激しい運動をすることなく汗をかけます。

ホットヨガでは湿度設定がポイントと言えるでしょう。

 

ホットヨガを自宅で行う方法

「自宅でホットヨガを体験してみたい!」という人に向けて、自宅でホットヨガをする方法を書いていきます。

自宅でホットヨガする方法

①夏の時期に行う

夏の暑い時期は天然のホットヨガを体験することができます。

窓を締め切って、エアコンを一切つけない状態は、ホットヨガの環境に近いです。

RiEのアイコン画像RiE
夏でも湿度が足りない場合は、加湿器を使って希望の湿度に調整します。(後に詳しく書きます。

ただ窓を閉め切ると、熱中症になる可能性が上がってしまいます。

くれぐれも注意してください!

 

②ヒーターで室温を上げる

エアコンは一定温度までしか上がらないので、室温を上げたい場合は、ガスや灯油などのヒーターが良いでしょう。

使用時間は1日1時間まで、終わったらすぐに換気をして空気を入れ替えてください!

RiEのアイコン画像RiE
換気が不十分だと新鮮な空気が不足し、不完全燃焼による一酸化炭素中毒の原因となります。

 

最悪の場合、死亡事故につながります。

そのため、終わったらすぐに換気を行い一日1時間~2時間までに抑えることが大切です。

③加湿器で湿度を上げる

ホットヨガの環境を作るには、湿度を上げることがポイントです。

加湿器を使う場合は、部屋中に蒸気がまんべんなく届く場所に起きましょう。

加湿器

部屋の真ん中で腰くらいの高さのテーブルの上に置くのが理想です。

加湿器がない場合は、バスタオルを濡らしてハンガーに掛けると湿度が上がります。

RiEのアイコン画像RiE
加湿器を使うときは、窓際・カーテン・家具・家電・壁際の近くや畳の上での使用は避けましょう。

湿気を吸ってカビやダニが発生する原因になります!

 

④オンラインでヨガの指導を受けれるサイトを活用する

自宅でヨガをしたい人に向けて少人数の双方向LIVEレッスンで、家でもヨガのポーズを指導してもらえるサービス(SOELU)があります。

自分一人でヨガするよりも、正しいポーズが身につき、自宅でもスタジオのような臨場感を楽しめます。

RiEのアイコン画像RiE
総勢30名以上の選りすぐりのヨガの先生が、早朝5時台から深夜24時までLIVEレッスンしてくれます。

 

またLIVEレッスン以外でも、いつでもレッスン動画を見れたりします!

 

SOELU(ソエル)の料金

マンスリー会員4
(月に4チケット分のレッスン受講可能)
マンスリー会員6
(月に6チケット分のレッスン受講可能)
マンスリー会員フリー
(月に数回無制限でレッスン受講可能)※一日2回まで
1,980円/月(税別)
3,980円/月(税別)
6,980/月(税別)

 

ホットヨガスタジオに通うことと比べれば、半額ぐらいの値段で受けられるね!

 

 

 

気軽にやりたい方はお風呂を有効活用しよう

入浴

もっと気軽に自宅でホットヨガを味わいたいという方は、お風呂の中で行ってみてはいかがでしょうか。

湯船にお湯を張るだけで、簡単に高温多湿の環境を作れます。

RiEのアイコン画像RiE
入浴したついでにヨガを行えば、環境作りのためにわざわざ室温・湿度設定をする必要はありません。

 

ヨガマットを用意したり、動きやすい服装に着替えるなどの準備も不要!

入浴中に数ポーズ行うことで筋肉が柔らかくなって、身体の疲れやコリ・ハリが解消されます。

入浴時間を有効活用できるので、日頃忙しい方にオススメです。

 

ただできるポーズは限られてしまいます。

また、他の部屋と比べて足元が滑りやすいので、転倒しやすいバランスポーズや自分が苦手なポーズは避けましょう。

RiEのアイコン画像RiE
長時間行う場合は、水分補給をしながらのぼせ・熱中症に注意しましょう。

気分が悪くなったらすぐに中断してください。

 

自宅でホットヨガをするメリット

ここからは、自宅でホットヨガをするメリットを紹介していきます。

メリット

①自宅でホットヨガ気分が味わえる

ホットヨガスタジオと全く同じ環境を再現することは難しいですが、近い環境を作ることでホットヨガ気分を味わうことができます。

RiEのアイコン画像RiE
レッスンスケジュールを確認したり、服装を気にしたり、スタジオへ行くまでの移動時間も不要。

ホットヨガをしたくなった時に、外にでなくてもよくなります。

 

外に出ることって想像以上に、手間がかかりますよね。

自宅だと気楽にリラックスしてヨガできるところが、一つ目のメリットです。

 

②好きな時にできる

ホットヨガスタジオでは、あらかじめレッスンスケジュールが決められています。

ほとんどのスタジオで事前予約が必要なので、レッスンに参加したくても予約が取れなかったり、仕事や体調不良などで急に行けなくなってしまうこともありますよね。

RiEのアイコン画像RiE
ホットヨガスタジオは基本的に遅刻も厳禁です!

5分でも遅れればスタジオに入室できません。

自宅でホットヨガをすれば、レッスンスケジュールを気にすることなく自分の好きな時にホットヨガができます。

③周りの目を気にすることなく、自分のペースでできる

ホットヨガスタジオのレッスン中、鏡越しに他の人のポーズが気になってしまうことはありませんか?

RiEのアイコン画像RiE
ヨガは他の人と比べるものではないと分かっていても、周りができていて自分ができないと気になってしまったり、凹んでしまうこともありますよね。

 

周りの目を気にして無理にポーズをとって、身体を痛めてしまうこともあります。

自宅で行うと自分のペースで自分が行いたいポーズを好きなだけ行うことができます。

 

自宅でホットヨガをするデメリット

メリットもあるけれど、デメリットも存在します。

デメリット

①時間とお金がかかる

夏場だと窓を閉め切ればホットヨガスタジオと同じ環境を維持するこもできます。

しかし気温が低い冬場は、ヒーターやエアコンをつけても室温が上がりにくいです。

温度が上がるまで時間がかかるし、電気代もかかります。

RiEのアイコン画像RiE
エコにも良くないですよね。

 

②カビやダニが発生する

部屋の湿度が50%を超えると、カビやダニが発生する原因となります。

 一般的に6月~9月の高温多湿の時期が発生のピークですが、ホットヨガをするために室内の暖房を上げれば発生する確率が増えます。

RiEのアイコン画像RiE
部屋にカビやダニとか想像するだけで嫌ですよね・・

もし自宅でホットヨガを試すなら、必ず換気と部屋の掃除をして、カビ・ダニの発生を予防しましょう。

 

③ホットヨガの効果があまり期待できない

ホットヨガは身体の内側から温めて発汗させます。

RiEのアイコン画像RiE
筋肉が柔らかくなって血行が促進されることで、代謝が上がって痩せやすくなったり、お肌のターンオーバーがスムーズになったり、老廃物が排出されたりします。

 

ですが、環境作りが不十分だとホットヨガで求めている効果は感じにくいです。

もしホットヨガの効果を最大限に出したいなら、自宅での手作り環境ではなく、きちんと環境が整えられたホットヨガスタジオに行くことをお勧めします!

 

まとめ

自宅でホットヨガの環境を作る方法とメリット・デメリットについてご紹介しました。

自宅でホットヨガの環境をつくるのは、様々な注意点とリスクがあります。

 

一酸化炭素中毒やカビ・ダニ発生・・

環境作りに時間とお金と手間がかかる割に、ホットヨガの効果はそこまで感じられないと思います。

RiEのアイコン画像RiE
ホットヨガはやはり環境が整っているホットヨガスタジオでインストラクターの指導の下行うことが安心・安全です。

 

それでもどうしても、自宅でホットヨガをしたい場合・・

ホットヨガを諦めて、常温で行うヨガを考慮してみてはいかがでしょうか?

ホットヨガに比べて汗を大量にかくことはないけれど、それでも正しくポーズをおこなうことでヨガの効果を感じられると思います。

 

RiEのアイコン画像RiE
私としてはぜひ、自分が無理なく続けられる方法で、ヨガを楽しくしてほしいと願ってます。

 

忙しくてヨガに出かける時間のない方。

今の時期に外にでるわけにいけない方にむけて。

 

自宅でもオンラインでヨガのインストラクターのレッスンを受けられるサービスもあります。

 

無料で体験受けられるうちに1回試してみることをオススメします!

 

今なら体験料が無料です!


目次
閉じる