MENU

パーソナルトレーニングジムの選び方

2020 2/24
パーソナルトレーニングジムの選び方

こんにちは。健康運動指導士のMORITOと申します。

本日は「パーソナルジムを選ぶ基準」についてお話致します。

自分自身がパーソナルトレーナーとして仕事をする中で感じるお客様にとって知っておいた方がいい事をまとめていきます。

 

目次

パーソナルジムの選び方

利便性がいいかどうか

パーソナルジムに限らずトレーニングジムを検討するに当たって最も重要と言っても過言ではありません。「ジムの立地」についてです。

トレーニングというのはその特性上1回や2回で効果を期待出来るものではありません。

何十回、何百回とそのジムに通う事になります。

もしそのジムが交通の便が悪く、交通費でいくらか発生してしまう場合はジムの料金が合計では跳ね上がってしまう場合も考えられます。

もし、お仕事の帰りによる事が出来たり、定期的に行く場所であれば問題はありませんがご自身の生活のルーティンと比べてよく確認して頂きたいと思います。

 

料金が適切かどうか

先ほど立地が一番パーソナルジムを選ぶ上で重要だとお伝えしましたが、同じくらい重要になる「料金面」も確認が必要です。

パーソナルジムであればトレーナーとマンツーマンのセッションが通常の流れとなりますので料金形態が・・・

①月額制度+パーソナル料金

②パーソナル料金のみ

③パッケージ化された料金

どの形態に当てはまるのかはチェックしておきましょう。

ジム独自の料金設定にしている事が多いので個人ジムやチェーン展開しているジムで金額の差は大きく違います。

リサーチする際はなるべく数を多く見ておく事をお勧め致します。

 

営業時間は自分に合っているかどうか

最近は24時間営業のジムも増えてきていますが、パーソナルジムとなるとトレーナーの都合も確認しなければなりません。

月額制のジムでマンツーマンセッションでなければ24時間ジムでいつでも好きな時間にトレーニングすることが出来、大変便利です。

ですがパーソナルトレーニングが24時間形態で受けれるジムは実質難しいというのが現状ですのでご自身のライフスタイルに合っているかどうかはしっかり確認が必要です。

時間帯によってはお風呂がシャワーだけになったり、ジムによってアメニティが使用出来ないこともありますのでご注意を。。

 

食事指導があるかどうか

基本的にパーソナルトレーナーであれば食事の管理もしっかり出来る前提となります。

が、チェーン展開しているジムだとマニュアルの共有の・・トレーナー自身が栄養学や食事について知識が浅い場合があります。

※トレーナーのレベルもピンキリという事です。

 

担当のトレーナーがキチンと栄養や食事の指導力があることを前提にしておかないとダイエットや筋力向上の目的は100%達成されないと言ってもいいでしょう。

そのくらい栄養と食事はトレーニングする上では重要です。

 

実は運動よりも食事の重要度は高いです。

身体に影響を大きく与えるのは日々あなたが食している食べ物です!

 

このポイントを抑えていいないトレーナーはレベルが低いと言わざる負えません。

しっかりと食事指導まで管理しているか確認が必要です。

 

目的に特化しているかどうか

先ほどの食事指導にも通ずる所がありますが、パーソナルトレーニングをする目的は人それぞれ違うと思います。

「ダイエット」「ボディメイキング」「筋力アップ」「筋肥大」「競技力向上」

「健康増進」「ボディビルやベストボディジャパンなど大会に向けて」

など本当に様々な理由がございます。

 

パーソナルジムを選ぶ際にそのジムのトレーナーがあなたの目的を叶えてくれる力があるのかどうか。

ジム内にあるツールでその目的が達成されるのかどうか。

シビアな目で確認をしましょう。

トレーニングを開始してからでは遅いのです。

先にではヨガやダンスに特化しているジムも増えつつあります。

あなたのニーズを叶えてくれるジムはきっとありますので根気よく探してみましょう!

 

女性専用ジムかどうか

女性の皆さんにとって心地よく安心してトレーニング出来る環境というのは非常に大切です。

男性も使用できるジムが悪いわけではありませんが、もし気になる方がいらっしゃれば女性専用のジムを選択肢に入れるのは有りだと思います。

 

女性専用ジムだと女性トレーナーも多く在籍している事が多いです。

室内も非常に清潔で女性が好むレイアウトになっている事が多いです。

またお手洗いなどにも気を配っているので細やかな気遣いでやる気もアップします!

 

わざわざお化粧しなくても気にならずにジムに行けるのも非常にメリットがありますよね!

 

トレーナーと相性が大切である

ジムがある程度選定出来てくると今度は「トレーナーをどう選ぶか」がポイントになります。

特に人対人ですので男性なのか女性なのか。

はたまた歳がなるべく近い方がいいのか。相性はどうなのか。気になるポイントがたくさんあります。

 

いろんな人とお話した上で選べるジムもあるのですがそうでない場合はカウンセリングからスタートとなります。

どうしても譲れないというポイントはご自身できっちり抑えておいて、このトレーナーなら間違いない!という人を選びたいですね。

相性は非常に大切です!

 

どんなトレーナーを選べばいいか

ではどのようなトレーナーを選べばいいのか以下を参考にしてみてください。

一番重要なのはあなたの目的を叶えてくれる力があるかどうかです!

トレーナー自身も鍛えている

トレーナー自身がぶくぶく太っていたり、がりがりに痩せていたら説得力ないですよね。

「体型=知識量」ではないので一概には言えないのですが・・

やはりトレーナーである以上はご自身でトレーニングを実践されている方の方が理想です。

自分でトレーニングして初めて気づく「効かせるポイント」も数多くあります。

机で学んだ知識だけではお客様に的確なアドバイスは出来ません。

なので体型はひとまず置いておいてもトレーニングを実践している方を選んだ方が間違いないかと思います。

 

専門資格を所持している

専門資格と言ってもなかなかトレーナーの資格はマイナーな物が多く、海外の資格保有者も多いので素人から見ても何のことが分からないケースが非常に多いです。

ここではある程度メジャーな専門資格であり、保有していれば最低限トレーナーとしての知識があると言える資格を紹介します。

  • NSCA‐CSCS(NSCA認定ストレングス&コンディショニングスペシャリスト)
  • NSCA‐CPT(NSCA認定パーソナルトレーナー)
  • NSPA公認パーソナルトレーナー
  • JATI‐ATIトレーニング指導者
  • JATI‐AATI上級トレーニング指導者
  • JATI‐SATI特別上級トレーニング指導者
  • NASM PES
  • NESTA PFT
  • AFAA‐RT・PFT
  • 健康運動指導士
  • 健康運動実践指導者
  • 日本体育協会公認アスレティックトレーナー
  • 柔道整復師
  • 理学療法士
  • 作業療法士

 

上記資格を所持しているという事はレベル差はあれど生理学や解剖学、栄養学など一通りのトレーニングに必要な知識を所有していると思って頂いてOKです。

本当に大事なのは資格を所持してからのパーソナルトレーナーとして活動していく中でどれだけの知識や経験を得たか!

1つの目安程度に見ておけば大丈夫です。

 

自分が目標にしたいと思えるかどうか

もう一つ大事なのはトレーナーの事を「目標にしたい!」と思えるかどうかです。

がっちりした体つきとか筋肉のカットとかもそうなのですが、そのトレーナーの生活の質の高さや意識の高さ、健康についての考え方や運動に対してのモチベーションなど、人としてトレーナーとして単純に「いいなー」と思える方が相手だといろいろ指導されていても素直に受け取ることが出来ますよね。

トレーナーに対してのリスペクトは合った方がお互い目標に向かって努力出来ると思います!

 

パーソナルジムを選ぶ際の注意点

ここまでパーソナルジムとパーソナルトレーナーを選ぶコツや判断基準をお伝えしてきました。以上を網羅していれば自分にとって有益なパーソナルジムを選ぶことが出来ると思いますが、いくつか契約をする際の注意点がございますので念のため知っておいてください。

 

追加料金が発生する場合がある

お得なキャンペーンを実施している時や個人で事業を展開しているジムなど見にくい所に「実は他にこれだけ料金が別でかかりますよ」などの記載があったりします。

なんとなくですが携帯電話の契約と非常に似ていまして、オプションがあったり、入会金、事務手数料など月会費意外にも料金が発生することが多々あります。

※入会金、事務手数料はベターです。

オプションは自分で解約しないとずっと料金が発生したり、解約する際も期間が設けてある場合が多いので必ず確認が必要です。

 

予約は取りやすいかどうか

あなたの希望を全て叶えた素敵なパーソナルジムが見つかったとしてもいざ蓋を開けてみると「なかなか予約が取れない!」なんてこともあります。

人気なトレーナーさんやジムの施設のキャパが狭い場合に起こりえます。

 

あなたが仕事の合間を縫ってせっかくジムに行こうとしたのに予約が取れなくて別日・・・なんてことになるといつまで経ってもトレーニングが出来ません。

混雑状況もこそっと確認しておくと安心でしょう。

 

返金保障はあるかどうか

もしもあなたに不利益があって、解約をする!という残念な決断をせざる負えない場合、「返金保障制度」があると安心です。

大手のフィットネスクラブだと導入されている事が多いのでこの保障があると安心して初めの一歩を踏み出すことが出来ますね。

 

もし失敗しても保障されていますし、パーソナルジムを選ぶ上で成功であればそもそも継続して通う事になるので初心者の方にはうってつけの仕組みです。

「返金保証制度」があればマル。無ければ少し慎重にジムを選んだ方がいいでしょう。

 

パーソナルジムの選び方まとめ

パーソナルジムとパーソナルトレーナーについてそれぞれ見ていきました。

また、注意点も確認頂きましたのであなたがジムを選ぶ際に参考になれば幸いです。

これだけ情報をご確認いただいた後で大変恐縮なのですが、一番は「行動すること」だと思っています。

情報だけ探りすぎて動けなくなるのがもったいないのでトレーニングやダイエットなど今モチベーションが一番高いこの瞬間にまず行動することをお勧めします。

 

まずはお近くのジムへ見学の予約をしましょう。

予約であれば料金は発生しませんので先ずはご自身の目でパーソナルジムを見てみてください!

 


目次
閉じる